キャリアの悩み

【マジしんどい】社会人が勉強をうまく継続する方法や頑張るメリットを解説

毎日8時間も働いていると、家に帰る頃にはくたくたに疲れて、勉強をしたいという気持ちになりませんよね。

 

そして、休日には自分のやりたいことに時間を費やしたり、平日働いた分の疲れを取りたいと誰もが思うはずです。とてもじゃないですが、勉強する気なんて起きません。

 

とはいえ、「勉強しなきゃ…」という焦りが出てきますし、勉強をしないとあっという間に置いてけぼりになります。

 

実際に、社会人は勉強を頑張ることで年収が上がるというデータも実際にあります。

 

そこで本記事では、社会人になって勉強がしんどい理由をお伝えするとともに、勉強を継続し続ける方法について紹介していきます。

 

社会人になってから勉強が続かない方、勉強のモチベーションが上がらない方、そして勉強を続けるとどのようなメリットがあるのか知りたい方は必見です。

 

しょた
LINE公式アカウントを開設しました!これまで80名以上のキャリア相談をしてきた経験からフリーランスや副業に関する無料相談をプレゼントしています!以下のボタンから登録してくださいね。

 

社会人になってから勉強がしんどいと感じる理由

 

社会人になって勉強がしんどいと感じる理由は次のとおり。

 

  • 仕事と勉強の両立が難しい
  • 学生時代と比べてインプットする力が落ちている
  • 勉強のモチベーションが上がらない

 

それぞれ詳しく解説します。

 

仕事と勉強の両立が難しい

やはり、仕事と勉強を両立するのは難しいですよね。

 

仕事だけで手一杯ですし、とてもじゃないですが勉強に使う労力なんてないのが普通です。特に、勉強を習慣化できていない方は、毎日1時間勉強するだけでも苦しいかもしれません。

 

勉強をするには集中力がいるので、普段から勉強をしていないと脳に大きな負担がかかってしまいます。

 

学生時代と比べてインプットする力が落ちている

学生時代の時はインプットするのが早く、勉強するのが楽しかったという方もいるんじゃないでしょうか。

 

社会人になっても勉強を続けなければ、脳の機能は低下しインプットする力も落ちていきます。

 

一方で、継続して勉強をしている方は、インプット能力があまり落ちない傾向にあります。

参考:https://diamond.jp/articles/-/257255

 

勉強をしない習慣を続けてしまうと、自分で物事を考えられなくなり、会社に搾取されるだけの人生になってしまいます。

 

社会人になっても勉強の習慣を身につけて、積極的にインプットしていくことが大切です。

 

勉強のモチベーションが上がらない

「勉強頑張ろう!」と一時的に思っても、いつの間にか「しんどいなぁ」「めんどくさいなぁ」となってしまい、モチベーションが上がらなくなることありませんか?

 

他にも、勉強しようと思って新しい教材を購入しても、買った気で終わって結局勉強せず終わってしまったという経験がある方もいるかもしれません。

 

このように、一時的に勉強のモチベーションは上がるけど、それを維持することは、非常に難しいことなのです。

 

しんどい勉強を社会人が頑張るメリット

 

勉強を継続することは脳を刺激するのでとてもしんどいです。

 

とはいえ、めちゃめちゃしんどいですが、それでも勉強をやる意味はあります。

 

例えば、学生の方であれば知識が増えることで成績が向上し、いい大学や給料の高い大企業に就職できるといったように人生の選択肢が増えるでしょう。

 

この章では、しんどくても社会人が勉強を頑張るメリットについて解説します。

 

年収・給料が上がる

勉強を頑張ることで年収が上がります。

 

実際に、総務省が発表した2020年の年収と書籍費の関係によると、年収1,000万円〜1,500万円の人は1ヶ月に3〜4冊読んでいるとのことでした。

 

ちなみに、読書をすることで物事を考える力や収入を上げるためのモチベーションが上がると言われています。給料や年収を上げたい方は、読書を始めてみてはいかがでしょうか

 

男性・女性問わずモテる

勉強ができる人は、男性女性問わずモテます。

 

モテる方は仕事ができて、人に頼られるイメージがありますよね。知識があると説得力が増し、頼りたいと思うからその人に好意を持つからです。

 

実際、仕事ができる人はほとんどの方が勉強をしています。

 

そして、勉強に自己投資をすることで自分に磨きがかかり、仕事のできる幅が増えて、たくさんの人からチヤホヤされたりもします。

 

モテたい方は少しでも自己投資にかける時間を増やしていきましょう。

 

暮らしや生活を充実させられる

勉強を継続することで、さまざまな知識を得ることができ、それが自分のものとなって知恵になります。

 

例えば、マイホームを購入しようと思った時、何も知らなければ、業者から搾取されてしまいます。

 

しかし、住宅ローンなどの重要な情報を事前に調べれば、損することはありません。暮らしや生活を充実させるには、知恵が必要です。そのためには、勉強を継続することが重要なのです。

 

「勉強がしんどい!」と感じる社会人が上手く継続する方法

 

「勉強が大事なのはわかったけど、仕事しながらなんてしんどいし効率よく勉強する方法ないの?」

 

こんな疑問も出てくるのではないでしょうか。

 

今回は勉強を上手く継続するおすすめ方法を5つ紹介していきます。

 

勉強のハードルを下げる

最初から大きな目標を立てることもいいのですが、小さな目標にハードルを下げることも重要です。

 

実際に大きな成果を出す方は小さな成功体験をコツコツ積み重ねています。

 

例えば、勉強の習慣がない方は1日5分だけ本を読んでみるみたいな感じですね。

 

1日5分ぐらいならどんなに忙しい方でもできますし、勉強の疲労感もそんなにないはずです。勉強は決して無理せず、できる範囲で行うことも大切です。

 

環境を変えてみる

「家だと勉強が続かない」「モチベーションが持続しない」といった方も多いのではないでしょうか。

 

そのような方はカフェやコワーキングスペースなど、環境を変えて勉強をするのがおすすめです。自分以外にもカフェで勉強している方はいるので「自分も頑張ろう!」といった気持ちになります。

 

さらに、家の中にあるような誘惑がないため、勉強をしやすい環境が作れるのです。

 

タスクを管理する

タスクを管理することで勉強を習慣化しやすくなります。

 

人は時間制限を決めなければ、後回しにしてしまう生き物です。時間を決めて勉強しなければ、勉強以外の好きなことに手を出してしまわないでしょうか。

 

タスク管理は勉強だけでなく、仕事でも役に立つスキルなので習慣化してみましょう。

 

勉強仲間を作る

勉強を1人で続けることもいいのですが、仲間と勉強した方が勉強する環境が作れるので、お互いを高め合うことができます。

 

また、人に教えることには内容を理解する必要があるので、アウトプットの力を養うことも可能なのです。

 

インプットがきちんとできないと、人に教えることができません。勉強仲間がいることで、競争心や向上心が生まれることもあります。

 

社会人で友達がいないのは当たり前 | 友人や仲間を作る方法とは?

 

自分へのご褒美を作る

勉強を続けるために自分へのご褒美を与えるのは効果的です。

 

勉強の継続は、普段から勉強しない方にとって非常にしんどいことです。

 

例えば、初めは勉強をしたら好きな食べ物を食べるなど工夫してみてください。そうすると、だんだん勉強を継続するための習慣が身につき、ご褒美がなくても勉強できるようになります。

 

食べ物だけでなく、雑貨や服を購入するのもいいですし、自分にとって満足できるものを購入して勉強のモチベーションを高めましょう。

 

まとめ:しんどくても勉強を継続できる社会人はカッコイイ 

いかがでしたでしょうか。

 

本記事では、社会人にとって勉強がしんどいと感じる理由やその対処方法について解説しました。

 

社会人で勉強している人が少ないのは事実です。仕事や家庭が忙しすぎて、勉強に充てる時間がある人なんてほとんどいません。多くの人が「勉強しんどい…」と感じていて、結局やることないでしょう。

 

だからこそチャンスなのです。勉強すればそれだけ周りと差をつけることができ、年収や給料が上がっていきます。それによって、自分が理想としていた暮らしが実現できるようになります。

 

もしあなたが、しんどいと感じながらも勉強を頑張りたいと思っているなら、本記事で解説した継続する方法を試してみてください。

 

勉強しない社会人は将来どうなるのか?
参考【衝撃】現代の社会人が勉強しない理由とは?勉強しない人の末路がヤバい

続きを見る

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

中嶋 祥汰@マーケター

未経験からWEBマーケターとして独立しました。普段はフリーランスWebマーケターとして、個人事業主・個人起業家向けにマーケティング戦略の設計やデジタルマーケティングのご支援をしています。未経験向けの実践型Webマーケティングコミュニティも運営しており、今まで50名以上の受講生を教えてきました。このブログでは「未経験から最短で稼げるWEBマーケターを目指す」をコンセプトに情報を発信しています!

-キャリアの悩み

© 2022 SHOTAKOBLOG Powered by AFFINGER5