WEBマーケター転職 Webマーケティング

【マル秘テク公開】未経験からWebマーケティング業界に転職する方法【実体験を元に解説】

Webマーケティング業界に転職する方法まとめ

 

こんな疑問ありませんか?

  • 未経験からWebマーケティング業界に転職できる?
  • 未経験から転職するための具体的な方法を教えて欲しい
  • 転職に資格は必要?志望動機や面接対策のポイントって何かないかなぁ、、

 

上記の疑問がある方に向けて、今回の記事では「未経験からWEBマーケターに転職する方法。面接対策から志望動機の書き方」というテーマで解説していきます。

 

ちなみにこの記事を書いている私は、未経験からWebマーケティング業界に転職し、現在はWEBマーケの講師業、コンサルタントとして活動中です。

 

しょーたこ
実体験ベースでこの記事を書いているので、未経験からWebマーケティング業界に転職したい方はぜひ参考にしてみてください。

 

結論からも言いますと、未経験からWebマーケティング業界に転職することは可能です。

 

そのためには、ブログ運営で必要なスキルとちょっとした実績を出すことが必要ですが、頑張れば最短3ヶ月ほどで転職することができます。

 

そんな、Webマーケティング業界の転職に必要な情報を盛り沢山解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

それでは早速解説していきます。

 

最後の方では、業界トップクラスのマーケティング会社の人事から聞いた面接合格のポイントについても紹介しています。マル秘情報なので必見です!

 

 

しょーたこ
しょーたこです!未経験からWebマーケティング業界に入り、医療・美容業界を中心にWebコンサルタントとして活動中です。MENTAで今まで50名以上の方のWEBマーケ学習サポートもさせていただきました!

 

目次をタップすると飛べます

未経験で転職したいなら基礎知識から!Webマーケティングとは?仕事内容・年収・業界の種類は?

未経験からの転職は可能

 

未経験からWebマーケティング業界に転職したいなら、必ず前提知識は知っておきましょう。

 

もうすでに知っている方は、飛ばしてもらって大丈夫です。

 

Webマーケティングとは、「ネット上に集客の仕組みを作り、日々売り上げを伸ばすため改善を繰り返す業務」です。

 

しょーたこ
ちなみに、ブログアフィリエイトも同じ仕組みでお金を稼いでいます。マーケティング学習にブログが最適なのはこれが理由ですね。

 

最近では、需要が高まると同時にWebマーケティング業界に転職を目指す人も増えてきて、人気の職業になっています。

 

さらに他の職業よりも高収入で、副業とも相性が良く、完全在宅でも仕事ができるといった3つの魅力も兼ね備えています。

 

しょーたこ
個人で稼ぐにしろ、会社で働くにしろもらえるお金が大きいのは魅力の一つです。

 

次では、もう少しWebマーケティングの仕事内容を深掘りして、解説していきます。

 

Webマーケティングの仕事は大きく分けて3つの工程がある

Webマーケティングの3つの施策

 

上記の画像の通り、Webマーケティングの仕事は大きく分けて3つの工程に分けることができます、下記をご覧ください。

 

Webマーケティングの仕事
  • 商品・サービスの企画・戦略立案
  • 集客の施策
  • PDCAを回す改善作業

 

補足ですが、全部の業務を一人でこなすわけではなく、それぞれスペシャリストがいてチームで回していくようなイメージです。

 

上のポジションになればなるほど、全ての知識を網羅的に知っておく必要があります。でないと指示が出せないですからね。

 

✔︎ 企画・戦略の立案とは消費者のニーズと市場の調査

まずはじめに行うのは市場調査から。

 

商品を開発するにしろ、作るにしろ世の中にニーズがなければ話にならないので、まずは市場調査からです。

 

しょーたこ
ブログで言うと、記事を作る前のジャンル選定みたいなものです。どのジャンルで戦うかを決めるのはとても大切ですよ。

 

✔︎ プロダクトが完成したら集客

売るものができたら集客を考えます。

 

聞いたことあるかもしれませんが、SEOや広告運用はこのフェーズで行います。

 

ちなみにWebマーケティングは集客のポジションが一番難しいと言われており、かなりのスキルや知識が必要です。

 

✔︎ さらに売り上げを伸ばすため改善サイクル

いくら天才とはいえど、Webマーケティングの世界では最初から上手くいくことなんてほとんどないです。

 

なので必要となるのは、作った後の改善サイクル。PDCAを回しいくことで更なる売り上げアップを目指していきます。

 

しょーたこ
以上のようにそれぞれ役割があるのがまた面白いですね。

 

Webマーケティング業界の働き方は3つに分かれる

ウェブマーケティングの働き方

 

Webマーケティング業界に転職する場合、主な働き方は3つに分けることができます。

 

働き方3つ
  • 広告代理店
  • コンサルティング
  • 事業会社

 

上記の2つは支援会社と言われるもので、クライアントの売り上げアップや課題解決が主な業務です。一方で事業会社とは、自社ビジネスを展開する会社のことで、その会社の商品・サービスをWEBマーケターとして売り上げアップに繋げていきます。

 

つまり、WEBマーケターの働き方には、「サポートする側」と「自社ブランドを伸ばす側」の2つの選択肢があります。

 

Webマーケティング業界に転職するなら、どちらの働き方をしたいか決めておきましょう。

 

✔︎ 支援会社の代表例

  • サイバーエージェント
  • 電通
  • 博報堂

 

✔︎ 事業会社の代表例

  • ソフトバンク
  • ガンホー・オンライン・エンターテイメント
  • バルクオム(メンズ化粧品のD2C)

 

しょーたこ
どちらの会社を選ぶかによってやりがいや魅力も変わってきます。

 

Webマーケティングは他の業界よりも年収は高め

Webマーケティング 年収

 

Webマーケティングの年収は働く業界によって異なりますが、大体の平均年収は約500万円ほどで、他の業界と比べても比較的高い傾向にあります。

 

もちろん上のポジションに上がることにより、年収1000万から1200万も目指せる職業なので、稼ぎたい方にとってもオススメの仕事です。

 

✔︎ 高い年収を求めるならコンサルティング業界

特に先ほど紹介した支援会社は、事業会社よりも年収は高いです。

 

しょーたこ
コンサルティング会社はやりがい面で劣りますが、年収はかなり高い部類になります。

 

フリーランスになりたいなら、1度転職をしてから目指すのがオススメ

WEBマーケターとして転職する人の中には、いずれフリーランスを目指す方もいると思いますが、独立するなら一度転職を経由した方がオススメです。

 

なぜなら、Webマーケティングフリーランスとして活動していく上で、広告運用額の実績や企業をコンサルした経験が必ずと言っていいほど求められるので。

 

つまり、Webマーケティングは未経験可の案件がほとんどないのが実情です。

 

個人で広告運用やコンサルティングの実績を作ることもできますが、やはり運用額が少なかったりして、あまり実績としては評価されません。

 

なので、転職した企業で作った実績をフリーランスの時に活用するのが、独立への最短の近道といってもいいでしょう。

 

しょーたこ
一度転職をしてからしっかり経験を積んだ方が、フリーランスとして上手くいきます。

 

未経験からWebマーケティング業界への転職は可能です

 

未経験からWEBマーケティング業界に転職することは可能です。

 

むしろ、人材が不足しており、WEBマーケターの求人を出している企業が多くなってきています。

 

ただ、どんな人でも転職成功できるわけではなく、年齢と比較したポテンシャルの高さや常に学んでいく姿勢、やる気など見られ判断されています。

 

しょーたこ
この章では、転職しやすい人の特徴や未経験から転職する時の大変さを解説します

 

30代未経験からでもWebマーケティング転職できる?

もちろん、30代未経験からでもWebマーケティング業界に転職することは可能です。

 

しかし、当然20代に比べると難易度的には難しくなりますので、そこだけ理解しながら転職活動を進めていきましょう。

 

次で紹介するスキルを持つ方は、30代でWebマーケティング業界に転職したとしても、年収が下がることなく人材として重宝される可能性があります。

 

  • マネジメントスキル
  • 営業スキル
  • 物を販売したことがあるスキル

 

Webマーケティングはチーム単位で活動したり、ものを売る仕事なので、マネジメントや営業の経験があると即戦力として採用される傾向が強いです。

 

なので、以上の強みがある方は経験してきたスキルを活かして、どんどんアピールしていきましょう。

 

未経験から転職するまでの期間

未経験からWebマーケティング業界に転職できるまでの期間は、学習方法やサポート内容によって異なります。

 

例えばスクールを活用した場合であれば、最短3ヶ月で転職できる場合もありますし、独学でスキルを身につけて転職する場合は一年以上かかることもあります。

 

つまり、個人差によって変わってくるので、明確にこの期間で転職できるといったことはわかりません。

 

しょーたこ
ただ一つ言えることは、行動する早さによって、転職できるスピードも変わってきます。

 

なるべく急ぎで転職したいなら、今回の記事で紹介するスキルを一早く身につけるなどして、積極的に行動していきましょう。

 

Webマーケティング業界に転職しやすい人の特徴

先ほど紹介したポテンシャル面や学んでいく姿勢意外にも、以下のような特徴を持つ人は、Webマーケティング業界の転職しやすい人です。

 

  • 客観的事実を見れる
  • 自分の頭で考えられる人
  • 論理的な思考ができる
  • トレンドを把握できる
  • 人に興味を持てる

 

なので、WEBマーケティング業界に転職できる確率を少しでも上げたいなら、以上で紹介したポイントを志望動機と面接時に意識して、アピールしてみるといいでしょう。

 

そのぐらい、5つの特徴が見られていることを自覚しておきましょう。

 

しょーたこ
マーケ業界で論理的思考、トレンド把握は命運を切るぐらい大切ですよ。

 

今から未経験でWebマーケティング業界に転職するデメリット・メリット

 

Webマーケティング業界にはメリットだけでなく、デメリットも当然あります。

 

下記で紹介するデメリット・メリットのポイントは、実際に私がWebマーケティング業界で働いた経験と他の人の客観的根拠を兼ね合わせて作成しました。

 

しょーたこ
メリット以外にもデメリットを理解しておくことは、転職成功にも繋がります。

 

デメリット

今からWebマーケティング業界に転職するデメリットは下記の通り。

 

デメリット
  • 0からのスタートになる
  • 定期的なスキルやノウハウのアップデートが必要
  • 常に成果が求められる

 

当然のことですが、未経験からWebマーケティング業界に転職した場合、0からのスタートになります。

 

もちろん、今までの社会人経験は活きると思いますが、業界のことは全くの無知なので大変なことも多いです。

 

しょーたこ
しかも、webマーケティング業界は時代の流れが早く、常にスキルやノウハウのアップデートが求められます。

 

なので、日頃から常に勉強する姿勢が求められますので、そういったことが苦手な方にはデメリットとなり得るでしょう。

 

一見華やかな業界ですが、大変なことがあることもしっかり把握しておくことが転職成功の秘訣です。

 

Webマーケティング やめとけ
あわせて読みたい【闇と真実を語る】Webマーケティングがやめとけと言われる理由【現役マーケター解説】

続きを見る

 

メリット

続いては、Webマーケティング業界に転職するメリットについて詳しく解説します。

 

しょーたこ
WEBマーケティング業界のメリットをたくさん活用して、充実したキャリアライフを送りましょう。

 

メリット
  • 副業と相性が良い
  • どの業界にいってもスキルが活用できる
  • 市場が右肩上がり
  • 人材不足なので活躍しやすい
  • 個人で稼ぐ力が付く
  • 完全リモートOK

 

上記で解説したとおり、Webマーケティング業界には他の職種にはない魅力があります。

 

特に今の時代だと、副業することが当たり前になってきているので、Webマーケティングスキルが必ず必要になります。転職先で給料もらいながら勉強できて、個人で稼げるようになれるWEBマーケティング業界は最強ではないでしょうか。

 

さらに、パソコン一台あれば仕事できるので、完全フルリモートで田舎や旅行先でも仕事ができます。

 

しょーたこ
自由な働き方で個人でもお金を稼いでいきたい方にオススメです!

 

「やりたいことがない 」「とにかく自由に稼げるようになりたい」ならWebマーケティング業界一択

 

Webマーケティング 将来性
参考【要注意】WEBマーケティング業界に将来性ってある?【今後の伸びを分析してみた】

続きを見る

 

未経験でWebマーケティング業界に転職するには資格は必要?

 

結論から言いますと、未経験からWebマーケティング業界に転職するのに資格は必要ありません。

 

結構特殊な業界なので、資格が必要と思われがちですが、資格があろうとなかろうと業務に全く影響が出ないので問題ないです。

 

しかし、資格を持っていると転職の際には有利になります。なぜなら、スキルが可視化して見えることにより、信頼してもらいやすいから。

 

しょーたこ
実力が不明瞭な業界だからこそ、転職に資格が役立つことは間違い無いです。

 

つまり、業務に対しては持っていてもあまり意味はないですが、確実に転職したいという方は資格を取っておいても損はないです。

 

ただ、資格を取ることは大変なことを理解しておきましょう。私の個人的な意見では、その時間をWebマーケティング学習に活用した方が、うまくいくのではないかと思っています。

 

しょーたこ
資格は取りたい方は取りましょう。

 

✔︎ Webマーケティングの資格リスト

 

  • 初級Web解析士
  • 中級Web解析士
  • 上級Web解析士
  • Web解析士マスター
  • データアナリスト
  • ITパスポート

 

資格を持っていると転職の際に有利ですが、Webマーケティング業界の成果や給料には全く影響でないので、そこだけ注意しましょう。

 

Webマーケティング業界への転職に必要なスキル

 

どのWebマーケティング会社に転職するかで、必要なスキルが変わってきますが、

 

  • マーケティング戦略
  • SEO対策
  • 広告運用
  • セールスライティング
  • 分析能力

 

未経験でも、以上で紹介したようなWebマーケティングにおいて基礎的なスキルは、身につけておいた方が良いでしょう。

 

しょーたこ
事業会社では網羅的に、広告代理店やSEOコンサル会社は専門的なスキル、入りたい会社によって必要なスキルが異なります

 

あと意外と勘違いされる方が多いのですが、Webマーケティング職って、他の業種と比べても人と関わる機会が多いです。

 

なので、プラスα「コミュニケーション能力や営業力」を磨いておくと、転職の際に好印象になること間違い無いでしょう。

 

ただ、こんな意見もあるのではないでしょうか?

コミュニケーションと営業力は頑張れば身につけられると思うけど、上の5つは厳しいんじゃないかな?

 

確かに上記の5つのスキルは身につけるのが厳しいと思われがちですが、実は全てスキルはブログ運営で身につけることができます。

 

つまり、Webマーケティング業界に転職をしたいなら、ブログ運営をしてスキルを身につけていくのが最短の近道ということです。

 

しょーたこ
筆者も転職の際にポートフォリオとしてブログを提出しています。

 

転職したいならブログをやろう

ということで、WEBマーケティング業界に転職したいなら、ブログでスキルを身につけていきましょう。

 

先ほども言った通り、ブログ運営ではWebマーケティングのスキルを全て学ぶことができます。

 

✔︎ ブログ運営で学べるWEBマーケティングスキル

  • マーケティング戦略
  • SEO対策
  • 広告運用
  • セールスライティング
  • Webライティング
  • アクセス解析スキル
  • リサーチ能力
  • 文章術
  • WordPress

 

しょーたこ
上記のことからも分かるように、ブログは学習にも最適で副業としても稼げる最強の学習方法です。転職したいならやらない手はないですね。

 

特に今の時代はかなり便利になってて、一昔前では苦労したブログの開設がたったの15分ちょっとで終わります。

 

ちょっとしたやる気と転職したい志さえあれば、ブログ運営なんて簡単にできるはずなので、ぜひWordPressでブログ運営を始めてみてください。

 

しょーたこ
本質的なスキルを身につけて、少しでも転職先に優遇されたいなら今すぐブログを始めましょう。

 

ブログの始め方内部リンク

 

ブログを始めるときは、必ずWordPressで始めましょう。WEBマーケターとしてWordPressの使い方を知っているのは当然ですし、無料ブログで始めても転職の際のポートフォリオとして役立ちません。注意しましょう。

 

未経験からWebマーケティング業界に転職する方法3つ

ウェブマーケティング業界に転職する方法

 

さて、ここからはメインテーマのWebマーケティング業界に転職する方法を解説していきます。

 

WEBマーケティング業界に転職するには、以下で紹介する4つの方法があります。

 

転職する方法4つ
  1. Webマーケティングに強い転職エージェントを活用する
  2. Webマーケティングスクールの転職支援を受ける
  3. 転職サイトを活用する

 

しょーたこ
未経験の方にオススメしたいのは1と2の方法です。1番手っ取り早く、確実に自分が入りたい企業に転職することができます。

 

転職サイトで見つける方法はあまりオススメしませんが、知っておいて損はないと思いますので、こちらも具体的に解説していきます。

 

1.Webマーケティングに強い転職エージェントを活用する

Webマーケティング業界に転職したいなら、転職エージェントへの登録は必須と言えます。

 

1番手っ取り早いだけでなく、転職エージェントからの支援も受けることができ費用もかかりません。

 

しょーたこ
未経験で業界について詳しく分からなくても、転職エージェントが転職したい企業を探してくれるのでかなり楽です。

 

しかし、転職エージェントは担当してくれる人との相性が重要で、合わないと結構しんどかったりすることがあります。当然、採用率にも影響が出てきますので、担当者問題はかなり重要なんですよね。

 

特に、「上から目線の人」「なぜか威圧的な人」が担当者になったら、すぐに変えてもらいましょう。悩む時間がもったいないので、即切り捨てる勇気も大切です。

 

なので担当者問題の対処法としては、複数の転職エージェントに登録することがポイントです。

 

たとえ、複数ある転職エージェントの中の1社と合わなかったとしても、たくさん登録していれば移り変わればいいだけの話なので。

 

しょーたこ
担当者問題でネガティブになることだけは避けましょう。今後の転職活動にも影響でますし、面接の時、顔に出てしまうので。

 

ということで、いくつかWebマーケティングに強い転職エージェントを紹介しておきます。何社か登録してみて、相性が良かったり、担当者の質が良いところを選びましょう。

 

オススメの転職エージェント

 

それぞれのエージェントについて詳しく知りたい方や、他の転職エージェントも登録しておきたい方は、下記の記事で解説していますのでよければご覧ください。

 

【攻略法】未経験からWebマーケティング業界に転職はできる?【オススメのエージェントから志望動機までご紹介】
参考Webマーケティング業界にオススメの転職エージェントをご紹介【現役マーケターが解説します】

続きを見る

 

2.Webマーケティングスクールの転職支援を受ける

確実に転職したいなら、転職支援付きのWebマーケティングスクールを検討してみてもいいでしょう。

 

学習から転職まで一貫してサポートしてくれるので、未経験の方でも安心ですし、スクールだけが保有する未公開求人も多数あるので、希望の企業が見つかる確率も高いです。

 

しょーたこ
独学が難しいWebマーケティングだからこそ、現役のマーケターから教えてもらえるスクール生の卒業実績は転職で有利になります。

 

さらに、スクールによっては転職できなければ半額返金保証のオプションもついているので、もし上手くいかなかった時のリスクも抑えることができます。

 

なので繰り返しになりますが、確実に転職したいなら、Webマーケティングスクールがオススメです。まずは、無料カウンセリングでお話を聞いてみましょう。

 

無料カウンセリングとは言っても、Webマーケティング業界の転職に対するアドバイスもくれるので、ちょっとだけ気になる方もお話を聞いてみてくださいね。

 

転職に強いWebマーケティングスクール

 

参考【現役マーケ講師解説】本当にオススメできるWebマーケティングスクール比較5選

続きを見る

 

3.転職サイトを活用する

転職サイトとは、サイトに掲載された企業の求人・掲載情報を自由に閲覧することができます。

 

転職エージェントとは違って担当者はいませんが、その分自分のペースで転職活動を進めることができるのが特徴です。

 

正直未経験からの転職の場合は、スクールの支援や転職エージェントのサポートがあった方がいいのであまりオススメはしませんが、一つの選択肢として考えてみるのもいいでしょう。

 

しょーたこ
転職サイトを活用する場合は、転職エージェント✖️転職サイトというように、何かと掛け合わせるようにしましょう。

 

こんな会社はやめとけ!未経験でWebマーケティング業界に転職する時の注意点

 

この章では、実際にエージェントやWebマーケティングスクールで仕事を探し始めたことを想定して、転職するときの注意点を解説します。

 

具体的には次をご覧ください。

 

注意点2つ
  • 飛び込みやテレアポの営業マンが多い
  • 副業NGの古い体質

 

正直どれか一つでも当てはまったら、その会社に転職するのはやめといたほうがいいでしょう。

 

しょーたこ
上記で紹介した注意点に当てはまるということは、企業の体質が古いことになります。Webマーケティング業界では致命的なので、ブラック企業の可能性が高いでしょう。

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

飛び込みやテレアポの営業マンが多い

飛び込みやテレアポの営業マンが多いWebマーケティング会社は要注意です。

 

本来Webマーケティング会社であればネットで集客することが普通ですが、自社ビジネスの集客をするのに飛び込みやテレアポをやっているということは、業界の中で実力的にかなり下の会社なので。

 

つまり、Webマーケティング会社を選ぶ際は、飛び込みやテレアポが少なく、自社プロダクトをネット集客で売り上げを上げている会社にしましょう。

 

しょーたこ
営業マンで判断することは難しいので、自社プロダクトの方で見極めましょう。

 

副業NGの古い体質

この変化の激しい現代において副業NGってことは、時代の流れについていけない体質が古い企業の可能性が高いです。

 

Webマーケティングで成果を上げる特徴の一つとして、時代の変化に柔軟に対応できる人が挙げられますが、副業NGということは変化できてないですよね。

 

しょーたこ
ってことは、副業NGの会社もあまり未来はないのでやめておきましょう。

 

正直、副業がNGなのは会社的にもオワコンなので、転職しないのがいいでしょう。

 

未経験OK!Webマーケティング業界に転職できる志望動機の書き方のポイント

 

転職するなら志望動機が魅力的に伝わるように書いて、自己PRを読んでもらうことが大事ですよね。

 

せっかく頑張って志望動機書いたのに、全然書類選考通過できない…
困っている人

 

みたいなことが起きないためにも、Webマーケティング業界の志望動機の書き方のポイントを解説します。

 

志望動機のポイント
  • なぜWebマーケティング業界なのか明確に
  • 今までの経験や実績をなるべく数字で示そう
  • ストーリーを入れると書類通過率UP

 

しょーたこ
志望動機は最初の難関で非常に失敗しやすいので、焦らずじっくり考えましょう。

 

なぜWebマーケティング業界なのか明確に

当然ですが、未経験からWebマーケティング業界に転職するなら、明確な理由がありますよね。

 

もし明確な理由がないことが、転職先の採用担当者に伝わると「この人は流行だけで転職したいんだなぁ…」と思われてしまいます。

 

すなわち、そう思われるだけでも書類なんて通過しませんし、転職できるのなんて夢のまた夢です。

 

なので書類選考を通過するために、未経験でもWebマーケティング業界に転職したい理由をしっかり分析しましょう。

 

具体的な理由があるだけでも、相手は納得しますし、少なくとも流行りや影響されて転職したいわけではないと思われるので。

 

しょーたこ
重要なのは自分の満足度ではなく、相手の納得度です。相手の視点から理由を考えてみるといいでしょう。

 

今までの経験や実績をなるべく数字で示そう

今までの経験や実績は、相手にわかりやすく伝わるように具体的な数字で示しましょう。

 

数字で示すと、論理性を判断され書類も通過しやすくなります。

 

特に、WEBマーケティング業界は論理的な思考を持っていることが重要なため、志望動機で論理性を示せると面接の時も好印象間違いなしです。

 

ここでの注意点は、「たくさん」「めちゃくちゃ」みたいな曖昧な言葉は使わず、全て数字に変換すること。曖昧な言葉は相手にどれぐらい凄いか伝わりませんが、数字ベースで話すと判断しやすくなります。

 

しょーたこ
難易度的には難しいですが、できると転職で有利なのでぜひやってみましょう。

 

ストーリーを入れると書類通過率がUP

相手にうまく伝わらないのは、ストーリーがないからです。ということはストーリーさえ意識すれば、伝わりやすい志望動機が書けることになります。

 

ストーリーのポイントは次の通りです。

 

ストーリーのポイント
  • いつ、どこで、何が起きたか
  • ストーリーの主人公は誰か
  • 挫折の経験
  • 挫折から立ち直った経験(ギャップがあるほど良い)
  • エモーショナルであること
  • この先何を目指して活動していくのか

 

しょーたこ
ストーリーさえ意識すれば、志望動機と面接はぶっちゃけ余裕です。少し大変ですが、ジャンプ漫画の主人公になったつもりで作ってみましょう。

 

私の場合は、以下のようなストーリーで、転職の志望動機や案件に応募する時に活用しています。

 

✔︎ ストーリー例文

私は2018年の6月に整体院を開業し、半年間の間に名古屋市内で6店舗まで拡大しました。ですが、当時の私は集客の重要性に気付いておらず、技術さえあれば繁盛すると思い込んでいた職人気質のタイプでした。当然ですが集客も上手くいかず、2019年の6月に全て閉業。その失敗の経験から学び、興味を持ったのがインターネットで集客や認知を獲得するWebマーケティングの知識になります。そこで今度は自分で店舗をやる側ではなく、自分のように失敗する人を減らすため、クライアント様に対して支援する立場になりたいと思い、Webマーケティング業界に転職しようと思いました。

 

イメージとしてはこんな感じ。

 

しょーたこ
まずは簡単なところからでいいので、ストーリーを書いてみましょう。完璧主義にならず、書いていくうちにいずれ完成します。

 

ちなみにもっと詳しく志望動機について知りたい方は、別記事で解説していますので、よければご覧ください。

【未経験でも採用率UP】Webマーケティング業界の志望動機・例文
参考【未経験OK】Webマーケティング転職の志望動機の書き方【5つの必勝ポイント紹介】

続きを見る

 

有名ベンチャーの人事が教えてくれた。未経験からWebマーケティング業界転職への面接対策のポイント

 

志望動機に続いて解説するのは、面接対策のポイントです。

 

私の知人でWebマーケティング会社の人事をやっている方がいるのですが、その方に面接で見ているポイントを聞きました。

 

かなり有益で、面接対策のポイントとして活用できると思ったので、今回解説していきます。

 

面接対策のポイント
  • 企業と方向性が一致しているか
  • 自分で考える能力があるか
  • 変化する能力があるか

 

しょーたこ
一生使える面接のマル秘テクなので、周りには内緒でお願いしますね!

 

【マル秘テク①】企業と方向性が一致しているか

企業にはビジネスのビジョンや方向性があります。

 

それは個人も例外ではなく、やり遂げたい目標・人生の進んでいきたい道は誰にでもあるはず。

 

その企業と個人の方向性が一致しているかどうかは、面接では一番重要なポイントです。

 

なぜなら方向性が合っていないと、早期退職につながったり、チーム間で衝突したり様々なネガティブ要素が起きてしまうから。

 

つまり、ほとんどの企業は、一緒に成長していけたり、助け合える人材を求めているわけです。

 

しょーたこ
どうせ採用するんだったら、成果の喜びを一緒に分かち合える人材がいいですよね。

 

なので面接の前に、企業のホームページを見たり、転職したい企業の代表や社員のSNSを分析したりして、自分と企業の方向性が同じか確かめてみましょう。

 

企業の方向性を調べるときは、自社ホームページはもちろんのことウォンテッドリーも有効的!

 

【マル秘テク②】自分の頭で考える能力があるか

Webマーケティングに限らず、Web業界の面接では、自分の頭で考えることができる能力が必ず見られます。

 

「いやいや当たり前でしょ?」と思われるかもしれませんが、私の経験上自分の頭で考えられる人材はごく少数しかいません。

 

特にWEBマーケティングの業界は、クライアントの問題と向き合い解決しなければいけないので、自分の頭で考える能力がないと結構厳しいんですよね。

 

なので面接対策と少し早い業務の一環として、日頃から考える癖付けをしましょう。簡単なやり方としては、自分の行動全てに「なぜ?」と問いただすことです。

 

そうすれば、面接時の質問が来てもバッチリ回答できるでしょう。

 

しょーたこ
思考停止せず、問題解決能力があることを積極的にアピールしましょう。

 

【マル秘テク③】変化する能力があるか

最後のポイントは、変化する能力をアピールすることです。

 

Webマーケティング業界の時代の変化は非常に激しく、最短3ヶ月で移り変わると言われています。

 

しょーたこ
続々と新しいSNSが出てくることからわかるように、Webマーケティングの施策は常に進化しているのです。

 

そこで面接対策ポイントとしては、「何か最近新しく始めたこと」をアピールしてみましょう。

 

例えば、「TikTokの運用を始めてみた」「clubhouseでホストになってみた」みたいなことでOK。なければ、新しく挑戦したことでも大丈夫です。

 

とにかく新しいことに挑戦した経験を話して、変化についていけることをアピールしましょう。

 

Webマーケティング業界の面接対策のポイントは、下記の記事でもっと詳しく解説しているので、気になる方はご覧ください。

Webマーケティング 面接対策
参考【合格率UP】未経験向けWebマーケティング転職の面接対策7つ【質問事例もあり】

続きを見る

 

まとめ:未経験でWebマーケティング業界に転職したいなら今すぐ行動しよう

 

今回の記事では、実体験ベースで未経験からWebマーケティング業界に転職する方法をお伝えしてきました。

 

ここで私が伝えたいことは「Webマーケティング業界に転職したいなら今すぐ行動しよう」ということ。

 

今は人材不足ですが、これから業界に入りたい人がもっと増えてくる可能性があります。その時にはもう遅く、プログラミングが流行ったときの二の舞になってしまうでしょう。

 

だからこそ今行動する必要があります。今回解説した身につけておくべきスキル、転職対策の方法を実践し、志望動機、面接をラクラク攻略していきましょう。

 

しょーたこ
最後にWebマーケティングはとっても魅力的な仕事です。転職成功して、自由な働き方を目指していきましょう

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しょーたこ@未経験→WEBマーケター

医療系専門卒→整骨院勤務→美容整体院オーナー→倒産してキャリアに迷走→流行に流されてWEB業界に転職→トイレ掃除、机の組み立てが業務の超ブラック企業で鬱に→価値観を見直してジョブチェンジに成功 学生時代は飲食店・コンビニバイトを経験してきましたが、仕事ができなさすぎて無能扱い。仕方なくネットの世界入ったら優秀になりました。 そんな過去の経験を活かし、今まで60名以上の転職キャリア相談に乗ってきました このブログでは、自分と同じような人を減らすため、失敗しないための転職方法やキャリア設計について発信しています

-WEBマーケター転職, Webマーケティング

© 2021 SHOTAKOBLOG Powered by AFFINGER5