MENU
おすすめweb・IT業界特化転職サイト3選

1位 type転職エージェント(IT)

  • IT・Web業界への転職に強い(IT業界の求人数の割合が高い)
  • 専任のキャリアアドバイザーによる転職希望者のスキルや経験に合わせた個別のサポートが可能
  • typeを利用して転職した人の約71%が年収アップ

こんな人におすすめ

  • ITエンジニアや営業・企画職の人におすすめ
  • 最新のIT技術やスキルを活かす仕事を探している人
  • 経験が浅いが、IT業界転職に挑戦したい
  • IT業界で新たな業務や職種に挑戦したい

\利用者の年収アップ率約71%!/


2位 レバテッククリエイター

  • クリエイター職種に特化した転職エージェントで、デザイナーやエンジニアなどの求人情報が豊富
  • クリエイター職種に特化しているため、ポートフォリオの添削やアドバイスが受けられる

こんな人におすすめ

  • デザイナーやエンジニア、プログラマーなど、クリエイター職種で転職を検討している人
  • よりクリエイティブな職場を求める人
  • ポートフォリオに自信がない人: ポートフォリオの添削やアドバイスが受けられるため、作品に自信がない人に適しています。

\クリエイター職種で転職するなら!/


3位 Geekly

  • IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービス
  • 大手を中心に募集中求人数は、24,000件以上!
  • 独自のマッチングアルゴリズムにより、求職者のスキルや希望条件に合った求人情報を効率的に提供
  • オンラインでの面談やサポートが可能

こんな人におすすめ

  • 自分に合った求人が見つからない人
  • オンラインで転職活動を行いたい人
  • 転職後のサポートが欲しい人

\自分にあった転職先を見つけたい方におすすめ!/

40代で転職はやめた方がいい?厳しいと言われる理由と転職成功のポイントを解説

 本サイトはプロモーションが含まれています。詳しくはこちらから。

筆者の経歴
Sou

初めまして、Sou(@Sou_Gadget)です!

✔未経験からWebマーケ企業に入社し、Webマーケコンサルタント、メディア運営者として7年経験
✔自身でも4回の転職経験あり
✔現在は独立し、フリーランスWebマーケターに転身(4期目)
✔これまで500社以上の企業のWebマーケティングコンサル実績
✔数々の転職エージェント、転職サービスについて徹底調査中

「40代の転職は厳しい?」

「やめた方がいい場合もあるの?」

40代で転職を考えているけれど、40代の転職は厳しいなどのワードがよく目に入り、心配になる方も少なくありません。

実際に40代向けの求人は若手と比べて減少傾向にあるため、求人が見つかりにくいと感じることも多くなるでしょう。

しかし、40代でも転職に成功している人もいるのは事実であり、即戦力としてキャリア採用に積極的な企業も増えています。

本記事では、40代の転職を成功させるポイントや、おすすめの職種などを紹介します。

求人を探す際におすすめの転職サイトも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • 40代の転職を成功させるポイント
  • 40代未経験でも転職しやすい職種
  • 40代の転職におすすめの転職サイト
おすすめの人
  • 40代で転職を検討している人
  • 40代の転職事情を知りたい人
  • 転職成功の確率を上げたい人
目次

40代の転職はやめた方がいい・厳しいと言われる5つの理由

40代の転職はやめた方がいい・厳しいと言われる5つの理由

40代で転職活動を始めようと調べると、「やめた方がいい」「厳しい」などのネガティブな言葉が気になります。

ここでは、40代の転職はなぜやめた方がいい・厳しいと言われるのか、その理由を5つ紹介します。

1.40代向けの求人は少なるなくから

根本的に40代向けの求人が少なくなるため、転職するのが厳しいと言われています。求人数が少なければ条件にある求人も見つかりにくくなるため、転職が難しいといわれてしまうのでしょう。

また、年代問わず積極的に採用している企業の中には、あまり待遇の良くないものであったり、給料が低いものもあります。

転職して今より職場環境がよくなるとは限らないため、やめた方がいいという人もいるのです。

2.キャリア・経歴を重視した求人が増える

40代の採用も検討する企業は、キャリアや経歴を重視したキャリア採用がメインです。そのため、転職に活かせるキャリアの少ない40代の方は、転職活動が厳しくなると予想されます。

とはいえ、40代未経験の人がまったく採用されていないというわけではなく、職種を選べば内定獲得の確率も上げることが可能です。

キャリアに自信のない人は視野を広げて転職活動をおこなうと良いでしょう。

3.40代の採用に積極的な企業は少ない

20代・30代と比べて40代は扱いにくい、育てにくいと感じる企業も多く、採用に積極的な企業が少ない傾向にあります。

入社した際に社員になじめるか、立ち位置や立ち回りなどを考えると、あまり積極的に採用をしたいと思う企業は少なくなるのです。

40代の転職では、採用したらどのようなプラスな働きがあるのか、企業にとって良いことがあるのかを提示する必要があります。年齢に関係なく溶け込めるコミュニケーション能力をアピールできると、強みになるでしょう。

4.年収が下がることもある

転職をしたことで年収が下がる可能性もあるため、やめた方がいいと言われることもあります。

家族がいる方はとくに年収が下がると困る場合も多いでしょう。

40代の転職は一人でおこなわず、ハローワークや転職エージェントなどを活用し、慎重におこなうことが大切です。

5.未経験を採用するなら若手の方が良い企業が多い

未経験の職種にチャレンジしたいと思っても、採用する企業としては、育てるなら若い世代の方が育てやすいと考えることが多いです。

年齢や体力面を考えると、40代より20代の若手の方が、ゆくゆくは会社にとって利益になると判断できます。

採用を考える人事は会社にとって利益になる人材が欲しいため、40代という年齢がネックになってしまうのは事実だといえるでしょう。

40代の転職の現実:40代の採用は年々増加傾向にある

40代の転職の現実:40代の採用は年々増加傾向にある

40代の転職は求人数も減少傾向にあり、20代・30代と比べると厳しいのが現実です。

ですが、リクルートワークス研究所『中途採用実態調査(2019年度実績、正規社員)』の調べによると、中途採用における採用年齢層に大きな差がないことが分かっています。

中途採用における採用年齢層
30代57.2%
20代51.4%
40代44.6%

40代だから転職が厳しいと諦めず、自身の経歴・キャリアにあわせ他転職サイトなどを活用すると良いでしょう。

参考:40代の転職は難しい?資格なしの未経験でも転職できるかプロが回答

40代で転職を成功させる7つのポイント

40代で転職を成功させる7つのポイント

40代で転職を成功させるにはどのような方法があるのか、具体的に7つのポイントを紹介します。

1.自身のスキル・経歴の棚卸をする

まずは自身がこれまで培ってきたスキルや経験・経歴を棚卸して整理してみましょう。

詳細まで調べると、自身の強みやアピールポイントに気付けます。

転職エージェントに相談すると、自分では気付けなかった強みやスキルを活かせる業種に気付けるきっかけになります。

求人を探すだけの転職サイトだけでなく、転職のプロに相談できる転職エージェントを活用するとスムーズに転職活動がおこなえます。

2.40代向けの求人の多い転職サイトに登録

若い世代に比べて40代以降は求人数が減少傾向にあるため、40代向けの求人を多く取り扱う転職サイトに登録すると、選択肢が広がります。

ミドル転職に強い転職サイトや転職エージェントは、ある程度スキルを必要とする、ハイクラス転職に特化したサービスが多いです。

キャリアに自信がない、または未経験の転職の場合は求人数が多いdoda(デューダ)リクルートエージェントにまずは登録しましょう。

3.転職に前向きであることをアピールする

40代の転職を成功させるには、転職に積極的であることをアピールする必要があります。

採用する企業や求人を紹介するエージェントも、40代の転職希望者に対しては転職先になじめるのか、体力面に問題がないかなど不安に感じることが多いです。

積極的に求人を紹介してもらうためには、まずはその不安を払拭させる必要があります。転職する意思があることをアピールできれば、積極的に求人を紹介してもらえますよ。

4.現職のスキルを活かせる職種を選ぶ

40代で転職成功の確率を上げるためには、現職のスキルを活かせる職種を選ぶことがポイントです。

求人数が少なくなってしまう40代では、少しでも採用率の高い職種に絞ることが大切になってきます。

転職サイトのような求人サイトで良い条件のものが見つからない場合は、転職エージェントでアドバイザーに求人を探してもらうと効率的に転職活動が進みます。

5.条件には優先順位をつける

転職先の条件は、優先順位をつけることで40代の転職成功の確率を上げられます。

転職するとなると今よりも良い条件を望みたくなりますが、すべての希望を叶えようとすると、なかなか決まらないリスクがでてきます。

収入、勤務地、キャリアなど、転職後の環境に何を望むのか優先順位をつけておきましょう。

6.スキル・経歴に合わせて転職エージェントを選ぶ

転職エージェントには、ITエンジニア、経理など職種を絞った特化型のエージェントサービスが存在します。

40代の転職では職種を絞った特化型のエージェントを活用することで、収入アップ、キャリアアップが見込めます。

また、職種に特化した転職エージェントには業界知識に強いアドバイザーも多く、転職の相談もしやすいと感じるでしょう。

7.40代未経験の場合は採用されやすい職種を選ぶ

40代未経験での転職は求人が限られてしまうため、採用されやすい職種から転職先を選ぶのも一つの手です。

転職活動がうまくいかない人には、希望する条件が多すぎたり、厳しかったりする場合があります。

基本的に40代以上の年齢では未経験の転職は難しいため、次に紹介する「40代未経験の転職でも正社員を狙える職種」を参考に選んでみましょう。

40代未経験の転職でも正社員を狙える職種

40代未経験の転職でも正社員を狙える職種

40代未経験の転職では、40代以上でも採用されやすい職種を狙うのが定石です。

正社員を狙いやすい職種には以下のものが挙げられます。

  • 営業
  • 介護職
  • トラックドライバー
  • タクシー運転手
  • 警備員

年齢問わず募集している職種、40代という年齢が有利に働く職種を選ぶことがポイントです。

40代で転職を始めるのにおすすめの方法

40代で転職を始めるのにおすすめの方法

40代で転職活動を始める際に役立つサービスをまとめて紹介します。

20代・30代で転職活動をおこなったことがある人、転職活動が初めての40代の人も参考にしてください。

転職サイトで求人を探す

求人が掲載されている転職サイトに登録することで、好きな条件で、好きなタイミングで求人を検索できるのでおすすめです。

職種、勤務地、条件を絞って求人を検索できるため、希望にあった仕事を見つけられるでしょう。

ただし、40代向けの求人は20代・30代に比べて少ない傾向にあるため、良い求人が見つからない場合は、条件が厳しすぎないか検討しましょう。

「自力では見つからない」「良い条件の求人が見つからない」などの場合は、人に頼る転職活動にシフトすると良いですね。

ハローワークを利用する

40代以上の転職活動では、ハローワークに相談するのも一つの手です。ただし、条件の良い求人には多くの人が応募して倍率が高くなってしまうこともあります。

また、空求人や質の悪い求人、いわゆるブラック企業も紛れている可能性もあるのです。

相談窓口に相談はできますが、企業のリサーチは自身でおこなうようにしましょう。

知人に紹介してもらう

これまでの仕事の付き合いで獲得した人脈を活かし、知人に転職先を紹介してもらうのも一つの方法です。付き合いの長い人であれば信頼関係もあるため、条件の良い求人を紹介してもらえる可能性も高くなるでしょう。

積極的に声をかけていくことで、選択肢が着実に広がっていきます。

現職で働きながら転職活動をおこなう場合は、職場との関係が悪くならないように配慮しましょう。

転職エージェントに相談する

40代で転職活動を成功させる方法の最後は、転職エージェントに相談することです。

転職エージェントとは、希望する転職先の条件をアドバイザーに伝えることで、希望にあった求人を紹介してもらえるサービスです。多くの転職活動中の人が登録し、実際に転職に成功しています。

40代の転職は求人数が少なく、一人では行き詰ってしまう可能性もあります。

転職のプロに頼ることで、求人の絶対数を増やし、自身の強みを活かせる求人に出会える確率を上げられるでしょう。

40代の転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

40代の転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

40代で転職を成功させるためにおすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介します。

どの転職サイト・転職エージェントに登録すべきか迷った際は、リクルートエージェントdoda(デューダ)にまずは登録しましょう。

リクルートエージェント

引用:公式サイト
基本情報
運営会社株式会社リクルート
タイプ総合型
公開求人数380,787件(2023年5月時点)
非公開求人数270,747件(2023年5月時点)
対応地域全国+海外
サポート期間3ヵ月程度
参照:公式サイト

転職支援サービスの中でトップの求人数を誇るリクルートエージェントは、40代の転職にもおすすめです。

求人数が多いことで紹介してもらえる確率も上がるため、求人数が減少傾向にある40代でも十分なサービスが期待できるでしょう。

転職支援実績数No.1のリクルートエージェントなら、キャリアに自信がない40代も登録する価値があるといえます。

doda(デューダ)

引用:公式サイト
基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
タイプ総合型
公開求人数(非公開求人を含む)229,846件(2023年5月時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
参照:公式サイト

doda(デューダ)は求人を探せる転職サイト、アドバイザーのサポートを受けられる転職エージェント、両方のサービスを利用できます。

まずはじっくり求人を調べてみたい場合は転職サイト、アドバイザーのサポートを受けながら、効率的に転職活動を勧めたくなったら転職エージェントとして利用可能です。

リクルートエージェントに次ぐ、業界第2位の求人数を誇るため、選択肢を広げたい40代の方におすすめします。

JACリクルートメント

引用:公式サイト
基本情報
運営会社ジェイ エイ シー リクルートメント
タイプハイクラス・ミドルクラス転職特化の転職エージェント
公開求人数約25,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
サポート期間記載なし
参照:公式サイト

JACリクルートメントはミドル転職、ハイクラス転職に特化した転職エージェントのため、40代の転職に向いています。オリコン顧客満足度第1位を獲得しており、サポート面でも申し分ないと判断できるでしょう。

管理職、技術などの専門職に強く、ハイクラス転職を目指す40代の方におすすめです。

業界ごとに専任のアドバイザーが在籍し、利用者ひとり一人の強みを引き出す転職支援が期待できるでしょう。

クラッチエンジニア

引用:公式サイト
基本情報
運営会社株式会社clutch communication
タイプITエンジニア特化型転職エージェント
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
公式サイトhttps://clutch-engineer.studio.site/#form
参照:公式サイト

クラッチエンジニアは、ITエンジニアに特化した転職支援をおこなう転職エージェントです。

「安心と挑戦の両立」を掲げ、利用者ひとり一人にマッチした働きやすい環境を提案します。

設立が2021年と若いため、口コミなどの情報が少ない点がデメリットではありますが、その分丁寧なサポートが期待できます。

利用者が少ない分、穴場の可能性もあるため、新しいサービスに興味のあるITエンジニアの方におすすめです。

40代女性の転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

40代女性の転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

次は40代女性におすすめしたい転職サイト・転職エージェントを紹介します。

女性の転職支援に特化したサービスは限られるため、選択肢に入れることをおすすめします。

女の転職type

引用:公式サイト
基本情報
運営会社株式会社キャリアデザインセンター
タイプ女性のための転職サイト
公開求人数約2,300件(2023年5月時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国(関東中心)
参照:公式サイト

女の転職typeは、女性の転職に積極的な企業が集まる転職サイトです。

女性ならではの仕事の悩みである「育児とのバランス」「40代未経験」などに注目した女の転職typでは、女性が働きやすい環境の求人を見つけられるでしょう。

正社員で長く働きたい40代女性の方にもおすすめです。

ただし、求人数は大手の総合型転職サイト・転職エージェントには劣るため、紹介できる求人が少ないと感じた際は、他のサービスと併用して活用しましょう。

LIBZ(リブズ)|旧LiBzCAREER(リブズキャリア)

引用:公式サイト
運営会社株式会社リブ
タイプ女性の求人に強い転職サイト
公開求人数(求人総数)約400件(2023年5月時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
サポート期間記載なし
参照:公式サイト

LIBZ(リブズ)はもともとLiBzCAREER(リブズキャリア)という名前で、女性の転職支援に特化した転職サイトでした。

その名残を受けて、今でも女性の転職支援においては、頼りになるサービスであるといえます。

LIBZ(リブズ)に社名を変更後は、リモートワークやフレックスなど、柔軟な働き方を提案する「ジョブマッチングサービス」となりました。

正社員だけにこだわらない働き方を模索する方におすすめの転職サイトです。

40代男性の転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

40代男性の転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

女性の次は、40代男性におすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介します。

40代の男性はキャリアを活かし、ハイクラス転職を狙える点が強みです。

これまでの経験とキャリアを活かせる転職エージェントを活用しましょう。

リクルートダイレクトスカウト

引用:公式サイト
基本情報
運営会社株式会社リクルート
タイプハイクラス向けスカウトサービス
公開求人数465,118件(2023年5月時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国
参照:公式サイト

リクルートダイレクトスカウトはリクルートが運営する、スカウト機能に特化した転職サイトです。

転職エージェントの機能もあるため、企業からのスカウトを待ちながら、エージェントとして条件にマッチした求人も紹介してもらえます。

登録したレジュメを見て気になった企業からスカウトが届くため、経歴・スキルに自信のある40代男性の方におすすめします。

パソナキャリア

引用:公式サイト
運営会社パーソルキャリア株式会社
タイプ総合型
公開求人数(非公開求人を含む)229,846件(2023年5月時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
サポート期間基本無制限
参照:公式サイト

パソナキャリアはハイクラス転職に特化した、求人の約半数が年収800万円以上とされる転職エージェントです。

人材業界に強いパソナグループならではの企業との繋がりを活かし、エージェントサービスとしても高い評価を獲得しています。

年収1000万円以上の求人も取り扱っているため、収入アップ、キャリアアップを目指す40代男性の方にもおすすめです。

40代で転職をおこなう注意点

40代で転職をおこなう注意点

ここでは40代で転職を目指す場合の注意点をまとめています。

注意すべきポイントを見ていきましょう。

40代の転職は厳しいと理解しておく

40代の転職は20代・30代よりも厳しいと理解しておきましょう。

若い世代に比べてポテンシャル採用や、未経験での採用が少なく、40代向けの求人は少なくなってしまいます。しょうがないものと理解し、違うアプローチ方法を試しておくのが得策です。

これまでの培ってきたキャリアと経験を活かし、40代ならではの強みを活かした転職活動をおこなっていきましょう。

履歴書、職務経歴書は手を抜かない

40代の転職ではとくに職務経歴書は重要です。

キャリア採用がメインの40代では、履歴書・職務経歴書に魅力がなければ書類通過が難しくなってしまいます。

転職エージェントを利用することで書類の作成、添削を任せることができるため、積極的に活用しましょう。

さらに、アドバイザーから推薦状も添えてくれる場合もあるため、エージェントを活用することが転職成功への近道です。

複数の転職支援サービスを利用する

転職サイト・転職エージェントは一つに絞らず、複数のサービスに登録することをおすすめします。

求人数が多い、職種があっているからといって、必ず条件にマッチした求人が見つかるとは限りません。もし、一つ目の転職サイトで良い求人が見つからなくても、他のサービスで探せばよく、さらに求人を比較することもできます。

転職活動をおこなう際は選択肢を広げ、好条件の求人に出会うためにも複数の転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。

自身の強みを整理しておく

自身の強みやアピールポイントを整理しておくことで、履歴書や職務経歴書も書きやすくなります。

社内では評価されていたことも、外に出ると評価されない、もしくは真逆のことがおきる可能性もあります。自分だけで判断せず、転職エージェントのアドバイザーとのヒアリングで、第三者の意見を聞くことも大切です。

転職活動を有利にするためには、他人の意見、ましてや転職のプロの意見が聞ける転職エージェントを使わない手はないでしょう。

現職に留まる選択肢も考えておく

転職活動をすすめていき、内定が決まっても条件に納得できない場合は、現職に留まる選択肢も考えておきましょう。

家族がいる場合はよく相談し、もう少し様子を見てもいいと判断するのであれば、良い条件の求人が見つかるまで転職活動を続行するのも一つの手です。

40代の転職は一人の問題ではない場合も多いため、周りとよく相談しながら進めていきましょう。

40代の転職でよくある質問と答え

40代の転職でよくある質問と答え

40代で転職をおこなう際に、気になるよくある質問と答えをまとめているので、最後にチェックしておきましょう。

40歳男性の転職におすすめの転職サイト・転職エージェントは?

40代男性には求人数の多いリクルートエージェントdoda(デューダ)、またはハイクラス・ミドル転職に強いJACリクルートメントがおすすめです。

キャリアに自信のある人はハイクラス転職が狙える転職エージェント、キャリアに自信がない、選択肢を広げたい場合は求人数の多い総合型の転職エージェントをおすすめします。

40代の書類選考の通過率は?

40代の平均的な書類選考の通過率は2割ほどです。

20代・30代の書類選考の通過率は平均で5割程度とされているため、40代の転職が厳しいと言われる所以でもあると判断できます。

転職エージェントのアドバイザーに相談することで書類の作成、添削をお願いできます。通過率を上げるためには転職のプロの意見を取り入れ、書類通過率を上げるのも一つの手段です。

厳しい会社の特徴は?

厳しい会社といわれるブラック企業の特徴には、長時間労働や残業を強いる、パワーハラスメントの横行、コンプライアンス意識が低いなどが挙げられます。

転職先は企業リサーチを十分におこない、職場環境の良くない求人を避けるようにしましょう。

40代未経験の転職は厳しい?

将来性を見据えたポテンシャル採用はほぼないため、40代未経験の転職は厳しいとされています。

未経験で転職を成功させるためには、求人数の多い転職サイト・転職エージェントに登録すること、未経験でも採用されやすい職種を狙うことです。

40代資格なしでも転職できる?

資格がなくても転職は可能です。

転職を有利にするために資格取得を狙うのであれば、以下のおすすめの資格を参考に、気になる資格をチェックしてみましょう。

【40代男性におすすめの資格】

  • 行政書士
  • 電気主任技術者
  • 管理業務主任者
  • 宅地建物取引士
  • 社会保険労務士

【40代女性におすすめの資格】

  • 簿記
  • 医療事務認定実務者
  • 保育士
  • 介護福祉士

40代女性の転職でも正社員は目指せる?

20代・30代で経験した職種など、自身の強みを活かせる仕事があると正社員も目指しやすいです。

キャリアに自信がない、興味のある職種を探していたいという方は、選択肢を広げるために求人数の多いリクルートエージェントdoda(デューダ)に登録するとよいでしょう。

女性の転職に特化した女の転職typeという転職サイトもおすすめです。

女性が働きやすい企業の求人が多く、「育児とのバランス重視」「土日休み希望」「時短勤務」などの条件でも仕事を見つけることができます。

どの転職サイト・転職エージェントでも必ず求人が見つかるわけではないため、複数のサービスに登録して活用しましょう。

まとめ:40代の転職はキャリアに合わせた転職サイトを選ぶ

まとめ:40代の転職はキャリアに合わせた転職サイトを選ぶ

40代の転職は厳しいとされていますが、これまで積み重ねてきたキャリアを活かすことで、転職成功の確率を上げられることが分かりました。

求人数は若い世代に比べると少ない傾向にあるため、自身の強みを活かせる職種を選び、可能性を広げていきましょう。

未経験やキャリアに自信がない40代の方は、求人数の多いリクルートエージェントdoda(デューダ)を選ぶと、紹介してもらえる求人を増やせます。

転職エージェントを利用する際は、転職に積極的であることをしっかりアピールしていきましょう。

40代におすすめの転職サイトdoda(デューダ)
40代におすすめの転職エージェントリクルートエージェント
40代女性におすすめの転職サイト女の転職type
40代男性におすすめの転職サイトリクルートダイレクトスカウト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次