MENU
おすすめweb・IT業界特化転職サイト3選

1位 type転職エージェント(IT)

  • IT・Web業界への転職に強い(IT業界の求人数の割合が高い)
  • 専任のキャリアアドバイザーによる転職希望者のスキルや経験に合わせた個別のサポートが可能
  • typeを利用して転職した人の約71%が年収アップ

こんな人におすすめ

  • ITエンジニアや営業・企画職の人におすすめ
  • 最新のIT技術やスキルを活かす仕事を探している人
  • 経験が浅いが、IT業界転職に挑戦したい
  • IT業界で新たな業務や職種に挑戦したい

\利用者の年収アップ率約71%!/


2位 レバテッククリエイター

  • クリエイター職種に特化した転職エージェントで、デザイナーやエンジニアなどの求人情報が豊富
  • クリエイター職種に特化しているため、ポートフォリオの添削やアドバイスが受けられる

こんな人におすすめ

  • デザイナーやエンジニア、プログラマーなど、クリエイター職種で転職を検討している人
  • よりクリエイティブな職場を求める人
  • ポートフォリオに自信がない人: ポートフォリオの添削やアドバイスが受けられるため、作品に自信がない人に適しています。

\クリエイター職種で転職するなら!/


3位 Geekly

  • IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービス
  • 大手を中心に募集中求人数は、24,000件以上!
  • 独自のマッチングアルゴリズムにより、求職者のスキルや希望条件に合った求人情報を効率的に提供
  • オンラインでの面談やサポートが可能

こんな人におすすめ

  • 自分に合った求人が見つからない人
  • オンラインで転職活動を行いたい人
  • 転職後のサポートが欲しい人

\自分にあった転職先を見つけたい方におすすめ!/

外資系におすすめの転職エージェントランキング!20代・30代、年代別に活用するポイントも解説

 本サイトはプロモーションが含まれています。詳しくはこちらから。

筆者の経歴
Sou

初めまして、Sou(@Sou_Gadget)です!

✔未経験からWebマーケ企業に入社し、Webマーケコンサルタント、メディア運営者として7年経験
✔自身でも4回の転職経験あり
✔現在は独立し、フリーランスWebマーケターに転身(4期目)
✔これまで500社以上の企業のWebマーケティングコンサル実績
✔数々の転職エージェント、転職サービスについて徹底調査中

外資系ってよく聞くけどどうなんだろう?

外資系の転職エージェントってどこを利用すればいいのかな

外資系企業への転職を考えたとき、日系企業と同じように転職エージェントの利用がおすすめです。外資系企業では日系企業とは採用のプロセスが違ったり、英語での履歴書や面接が必要になる可能性があります。

外資系企業は企業ごとの社風に大きく差があることが多く、知らないと自分に合わない企業に入社してしまう可能性もあります。転職エージェントを利用することで、先に企業の特徴を知れるためミスマッチが防げます。

この記事では、外資系企業におすすめな転職エージェント、年代ごとの活用ポイントもご紹介します。

転職エージェントごとの特徴も詳しくご紹介します。ぜひ自分に合う転職エージェントを見つけてみてください。

この記事でわかること
  • 外資系転職におすすめの転職エージェント
  • 外資系転職エージェントの特徴
  • 年代ごとの外資系転職エージェントの活用ポイント
こんな人におすすめ!
  • どの転職エージェントを使ったらいいかわからない
  • 外資系企業への転職に不安がある
  • 転職エージェントの特徴を知りたい
目次

厳選!外資系におすすめの転職エージェント3選をピックアップ

外資系企業への転職に、おすすめな転職エージェントを3つに厳選しました。

どの転職エージェントに登録したらいいかわからないときは、この3つのどれかに登録するのがおすすめです。

リクルートエージェント業界トップクラスの求人数!
幅広い求人を取り扱っています。
どこに登録するか悩んだら、まずは登録してみてください。
アクシスコンサルティングコンサルティング業界への転職ならこちらをおすすめします!
未経験でも、コンサルティング業界へ転職できるノウハウを保持しています。
JACリクルートメント管理職や技術職に特化した転職エージェントです!
外資系求人を多く保有しており、ハイクラス転職も実現できます。

外資系におすすめの転職エージェント一覧!

リクルートダイレクトスカウト

基本情報

運営会社株式会社リクルート
求人数約177,000件
対応地域全国

リクルートダイレクトスカウトは、登録後はスカウトを待つだけの、ハイクラス向けの転職スカウトサービスです。

年収800万円〜2,000万円の求人や、SONYやdocomoのような大手企業と取引実績があります。

メリット・デメリット

メリットデメリット
・リクルートサービスで安心
・登録審査がなく、無料で誰でも利用可能
・複数のヘッドハンターから自分に合った人を選べる
・スキルや経験を持たないと、スカウトが来ない
・ヘッドハンターごとにレジュメの公開設定ができない
・転職に時間がかかる

全国から海外まで対応しており、どこにいてもサポートを受けることが可能です。

プロフィールや経歴を確認した上で、担当ヘッドハンターを自分で選べます。もちろん、キャリアや転職活動についてヘッドハンターに相談もできます。通常の転職エージェントのように、求職者に親身になってくれるところもメリットです。

転職サイトのように、自分で求人を探すこともできます。非公開求人も自分で確認できるため、質の良い求人に出会えます。

デメリットとして、現在の年収が600万以下だと求人を紹介してもらえない可能性があります。ハイクラスな求人が多く、求職者に求めるスキルや経験も高めとなっています。

即戦力を求めているので、求人を紹介してもらえない場合は現職で力をつけてから再度利用するのもおすすめです。

スカウトを待つのが基本的な使い方になり、転職活動自体は時間がかかります。急いで転職したい人は、スピードを売りにしている転職エージェントも併用しましょう。

口コミ

転職サイトのエージェントとかからのお声がけ、さてどうしたもんかと悩む。ビズリーチよりリクルートダイレクトの方がめちゃくちゃ多い。良し悪しが判断つかんな…
引用:Twitter

案件が多く悩むという口コミです。できるだけ多くの選択肢から選べるのはメリットです。

リクルートダイレクトのほうが求人多くてマッチしてる気がする。相変わらず路線で検索できないけど
引用:Twitter

オファーのくる求人が、マッチしているという口コミです。自分に合う求人に出会えると、安心感があります。

まず利用してみて良かった点ですが、年収800万円以上の求人数の多さです。もちろん収入だけでは決めれませんが、大きな選択肢と言えるのは間違いありません。

高年収に比例して、幹部クラスなどの高待遇の求人が目立ちます。もちろんみなそれなりの結果を求められるのは当然の事です。

またコンサルタントのアドバイスは貴重な財産となりました。普通の転職サイトの求人よりも高待遇という事から、生半可な心構えではいけないと忠告を受けましたし、自分のキャリアの生かし方も教えられました。もちろんそれらを生かせる求人も紹介してもらえます。ただ面接の練習などはもう一切ありません。

やや気になった点ですが、求人数はあまり多くはありません。やはり高待遇の求人が中心のサイトなので仕方ない面もありますが、転職を急ぐ場合は不利になるでしょう。時間をかけてじっくり探すべきです。

また紹介される求人は多少ミスマッチの場合もありました。基礎的なサポートはほとんどないので、転職時にどのあたりまでサポートが必要か,といった事を自分の中ではっきりさせていた方が良さそうです。

もしキャリアカバーで不安だという人は、他のサイトと併用しながらの方が効率よく転職活動を実行できるでしょう。
引用:BEST WORK

高収入の求人の多いとの口コミです。リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス転職を目指している人にはおすすめの転職エージェントです。

おすすめな人

  • 海外での就職を考えている方
  • 質のいい非公開求人を見たい方
  • 転職活動を急いでいない方

JACリクルートメント

基本情報

運営会社株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
求人数約13,500件
対応地域全国

JACリクルートメントは、管理職や技術専門職の転職に特化した転職エージェントです。1,200人のコンサルタントが在籍し、転職支援実績は43万人です。

外資系の求人が充実しており、年収1,000万円以上の案件も、多数取り扱っています。

メリット・デメリット

メリットデメリット
・外資系企業の求人が多い
・担当者の変更も可能
・求人に業界に偏りが少ない
・非公開求人はコンサルタントからの紹介が必要
・スキルや経験がないと条件のいい求人に出会えない
・地域によって、求人数にばらつきがある

外資系企業の求人を多く取り扱っているだけあって、英文のレジュメの添削や英語での面接対策も可能です。

企業と求職者、どちらも同じコンサルタントが対応します。コンサルタントが応募する企業に詳しいため、求人票ではわからない社風や雰囲気まで聞けます。

キャリアアドバイザーの対応が早く、登録から面談の確約も迅速にできます。転職を急いでいる方には特におすすめです。

ハイクラスな転職に特化しており、スキルや経験が低いと希望に合う求人に出会えない可能性があります。

非公開求人を見るには、コンサルタントの紹介が必要です。自由に求人を検索できないため、自分のペースでの転職は難しくなっています。

口コミ

JACリクルートメントのサポートは素晴らしいですね!
企業側も転職者側も、両方良い結果になるよう進めていると感じます。 内定出た企業にとにかく入れさせようとするエージェントとか、最初に企業を紹介して以降全く音沙汰のないエージェントとは違いますね
30代、年収500万以上はオススメ!
引用:Twitter

JACリクルートメントは、企業にも求職者にも良い結果を残そうとしているという口コミです。親身になってくれるのは、安心感があります。

人材系で思い出したが、JACリクルートメントはマジで良かった。 30代以上の転職に強み持つのもあるけれど、企業とのパイプが太いのか書類通過率が抜群に高くて大手の両面型ならここ一択だったわ。
引用:Twitter

書類通過率が高いと、転職活動が進んでいる感覚があるので安心です。企業の求める人材をしっかり把握していると、安心してサポートを任せられます。

●JACリクルートメント
・CA/RA一貫性だからこそ、情報量が一番多く、アドバイスも具体的な内容で、とても参考になりました。
(ただ紹介件数は少ない)
・特にメディア系やIT系の給与相場やキャリアパス、自分の状況を踏まえて現職に残る方が良いというアドバイスもあり信頼感がありました
引用:Twitter

担当者からのアドバイスが、具体的だったという口コミです。現職に残るというアドバイスは、求職者のことを考えてないとできないアドバイスですよね。

おすすめな人

  • 転職をすぐにしたい人
  • 外資系に転職したい人
  • 質の良い非公開求人を見たい人

エンワールド

基本情報

運営会社エンワールド・ジャパン株式会社
求人数約850件
対応地域東京

エンワールドは、外資系転職エージェントでは最大級のハイクラス求人を保有しています。

年収800万円以上の求人が、10,000件以上と豊富な選択肢から転職先を選べます。転職成功者の満足度も97パーセントと、高い満足度が特徴です。

メリット・デメリット

メリットデメリット
・業界の偏りが少ない
・大手企業との取引実績あり
・手厚いサポートが受けられる
・求人が都市部に偏っている
・求人数が少ない
・スキルによってはサポートを受けられない

取り扱い求人の偏りも少なく、自分の経験した業種からのキャリアアップも可能です。

エンワールドは、求職者へのヒアリングを重視しています。そのため企業と求職者のマッチ率が高く、満足度が高くなっています。

コンサルタントは職種や業種別にチームに分かれており、専門性の高いアドバイスが受けられることが特徴です。

無事転職した後は、アプリで1年間毎月現状のヒアリングが行われます。転職先での悩みや不安を相談可能です。

デメリットとして、他社に比べ求人数が少ない点が挙げられます。

ハイクラス求人は元々求人の数が少なく、転職エージェントをいくつか併用するとさまざまな選択肢から選べます。

地方の求人も少ないため、都市部以外での転職を考えている方は注意が必要です。

口コミ

エンワールドの評判はあまり良くないが、ぶっちゃけ「コンサルタント」次第。殆どが担当コンサルタントの口コミ、評判。転職エージェントの口コミは無視して構わない。外資転職を目指すのであれば、エンワールドを使うべき。JAC Recruitmentも併用することで、マッチング度合いも高まる。
引用:Twitter

外資系転職であれば、エンワールドをすすめるという口コミです。コンサルタントが合わない場合は変更できないか相談してみましょう。

【使って良かったエージェント3選】
お勧めエージェントです
マーケター転職時にも是非!
■JACリクルートメント →質の高い求人が豊富、年収アップも見込める
■エンワールド →力のあるエージェント在籍、直結で役員面接も結構あります
■ホールハート →ITに強い、キャリアも丁寧に企んでくれる
引用:Twitter

コンサルタントの能力が高いと、安心してサポートが任せられます。採用時のステップを簡略できると、就職活動の負担が減ります。

外資系の企業で働いてみたいとずっと思っていました。日本企業とは異なった働き方ができる魅力を持つ企業からの求人案内を紹介してもらえたので希望に沿った仕事探しをする事ができました。様々な企業があったので非常に悩みました。不採用になる事もありました。しかし、エージェントの方に相談できたり、アドバイスをしてもらったりして採用に向けた転職活動をする事ができました。エージェントの方は丁寧で親身な対応をしてくれたのですごく心強い味方でした。外資系の仕事に狙いを定めた転職活動に最適で、様々なサポートもあったので良いサービスでした。
引用:みん評

外資系企業への転職を、未経験で成功させた方の口コミです。外資系に特化しているため、アドバイスも的確にもらえます。

おすすめな人

  • 都市部で転職を考えている方
  • ハイクラスの転職を目指している方
  • 丁寧なサポートを受けたい方

ロバートウォルターズ

基本情報

運営会社ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社
求人数約1,800件
対応地域関東・関西メイン

ロバートウォルターズは、1985年にロンドンで設立された老舗の転職エージェントです。

グローバル人材の転職に特化しており、世界31ヵ国の主要都市にオフィスを構えています。日本では、東京と大阪の2か所が拠点です。語学力を活かした転職では、特におすすめな転職エージェントです。

メリット・デメリット

メリットデメリット
・応募時の選考通過率が高い
・専門性の高いコンサルタントが在籍している
・スピーディーな転職が可能
・コンサルタントが強引な場合がある
・求められるスキルが高い
・求人数が少ない

外資系企業の転職に必須な、英文履歴書や英文レジュメのテンプレートが職業別に用意されています。転職エージェントからの添削も受けられますが、自分で対策できるようにホームページ内のコラムが充実しています。

取扱求人の業界も偏りが少なく、今までの経歴を活かした転職活動が可能です。企業とのつながりも強く、面談から内定までがスピーディに進みます。転職活動を急いでいる方にもおすすめです。

ロバートウォルターズでは、ハイクラスの求人が多く取り扱われています。その分求められるスキルが高いため、語学力に自信がない方だと紹介される求人は少なくなる傾向があります。

選考に通過できる可能性が高い求人を強く勧めるため、アドバイザーが強引という口コミもありました。希望の条件はしっかり伝えて、ミスマッチを防ぐことが大切です。

口コミ

まず感じたことは、コンサルタントの質がかなり高いことです。というのも、各企業の社風や希望している人材や技術、仕事内容などをかなり細かく熟知していたからです。こちらのキャリアプラン、企業に対する希望などをヒアリングした結果、最適な求人をいくつか紹介してくれました。また、私は面接にかなりの苦手意識を持っていましたが、徹底的に面接のやり方を指導してくれました。おかげで、本番の面接ではうまく自分の熱意を面接官に伝えることができ、見事に内定を勝ち取ることができて良かったです。
引用:みん評

ロバートウォルターズの、コンサルタントの質が高いという口コミです。求職者の希望をしっかり確認して提案することで、満足のいく転職を成功させています。

一応日本語でも経歴書を書いて人材登録してるけど、ロバートウォルターズとかは初めから英語で電話かけてきますよ。
あ、ヘッドハンター会社の事ね。
外国企業って、年齢全然関係ないんだ。今あなたは何できます?それだけです。
引用:Twitter

はじめから、英語で電話がかかってきた方もいます。英語力に自信がないと、対応が難しい可能性があります。

グローバル食品企業に興味あれば、下記サイトの登録がおすすめです。
・LinkedIn (SNS)
・JAC
・ビズリーチ
・ロバートウォルターズ LinkedIn はオファー沢山来るが質も様々。JACは食品系多くて良い。ビズリーチは質がイマイチ。ロバートウォルターズは給与水準高く、ニッチな職種多いのでベスト。
引用:Twitter

給与水準の高い求人が多いとの口コミです。外資系転職では年収アップを目的としている方も多いため、満足いく企業が見つかる可能性があります。

おすすめな人

  • ネイティブな英語力をお持ちな方
  • 老舗の転職エージェントを利用したい方
  • ハイクラスの求人を探している方

マイケルペイジ

基本情報

運営会社マイケル・ペイジ・ジャパン株式会社
求人数約5,900件
対応地域全国・海外

マイケルペイジは、外資系や日系グローバル企業への転職に特化している転職エージェントです。

世界36ヵ国、140支店のオフィスを構えており、1400社の外資系企業への採用実績を持っています。

メリット・デメリット

メリットデメリット
・大幅な年収アップも可能
・日本への帰国者のサポートが手厚い
・海外の一流企業の求人がある
・ビジネスレベルの英語力が必要
・地方の求人があまりない
・求められるスキルが高い

企業と求職者をどちらも同じ担当者が担当するため、転職活動がスピーディーにできます。転職後のマッチ率も高く、面談では求職者への丁寧なヒアリングが行われています。ビジネスレベルの英語力が求められるため、語学力に自信がある方におすすめです。

ハイキャリアな求人が多く、転職後は大幅に年収が上がった求職者もいます。

マイケルペイジでは、海外で働いていた人が日本に戻る際の転職サポートも可能です。海外でのキャリアの活かし方や、帰国時に数社まとめて面接できるよう調整したり、勤務開始日のスケジュールの管理まで行ってくれます。時差や金銭的な不安を解消できるため、積極的に相談しましょう。

取扱求人の企業は、一流の企業が多くハードルが高くなっています。求められるスキルも高く、経験によっては求人を紹介してもらえない可能性があります。

勤務先も首都圏が多く、地方での求人はあまりありません。就職先を地方で考えている方は注意が必要です。

口コミ

マイケルペイジとの面談終わった。 やっぱり噂通り凄く良い案件抱えてる転職エージェントだなと思ってしまった。
引用:Twitter

マイケルペイジは、質のいい求人があるという口コミです。満足のいく求人に出会える可能性があります。

コンサルタントの質のばらつきはかなりあるように見受けられます。担当していただいたコンサルタントと実際案件を紹介していただいたコンサルタントは別でしたが、印象はかなり異なりました。履歴書に関するアドバイスはあまりありませんでしたが、業界の知識やポジションの募集背景、実際の職務内容などはとても正確に詳細に渡って説明いただけたので、次も利用しようかと思います。
引用:BEST WORK

業界の知識や実際の職務内容が事前にわかると、ミスマッチが防げます。気になることは、何でもキャリアコンサルタントに相談しましょう。

Q:マイケルペイジに登録したきっかけは何でしたか?
A:転職サイト経由でのオファー

Q:キャリアコンサルタントの対応やアドバイスはいかがでしたか?
A:特定の業界にとても詳しいコンサルタントがおり、業種を絞った
  転職活動を行うのであれば、この会社は一番力になると思う。

Q:求人の紹介は納得のいくものでしたか?
A:量はそれほどでは無いが、質は非常に良い。

Q:面接対策、職務経歴書添削などのサポートはいかがでしたか?
A:サポート無し

Q:スピーディな対応で迅速に動いてくれましたか?
A:対応は迅速だったと思う。
引用:BEST WORK

マイケルペイジでは、スピーディーな対応も受けられます。転職活動が長引くとストレスに繋がるため、迅速な対応は安心です。

おすすめな人

  • 語学力に自信がある方
  • 首都圏での転職を考えている方
  • 年収を上げたい方

アンテロープ

基本情報

運営会社アンテロープキャリアコンサルティング株式会社
求人数約3,900件
対応地域全国

アンテロープは、金融業界やコンサルティング業界への転職に特化した転職エージェントです。

求職者の立場に立ち、長い目で見たキャリアデザインのサポートを意識しています。その場しのぎの転職にならないよう、全力でサポートしてくれる点が特徴です。

メリット・デメリット

メリットデメリット
・非公開の質がいい求人が多い
・求職者に寄り添った提案をしてくれる
・企業の情報に詳しい
・希望業種によってはサポートが受けられない
・求められるスキルが高い
・若手向けの求人が少ない

アンテロープのコンサルタントは、それぞれ専門の業種が決まっています。担当する業種の情報収集や、知識の習得を行なっており、求職者に専門的なアドバイスが可能です。

企業情報に関しても、人事部だけでなく部門ごとの採用責任者からもヒアリングを行うことで企業が求めている人材をしっかり把握しています。入社してからのミスマッチを防ぐため、内部情報の獲得や提供を重視しています。

デメリットは、専門性が高いこともあり求人数は大手の転職エージェントより少なめになります。金融やコンサルティング業系での転職を検討している方にはおすすめできますが、業界が決まっておらず多くの求人から選びたい方には向いていません。

未経験の方のサポートも、断られる可能性があります。一度他の会社で経験をつけてから相談するか、未経験可の求人を取り扱っている転職エージェントの併用がおすすめです。

口コミ

転職活動をしたn=1の感想ですが、 アンテロープはプロファーム転職において①情報提供の質の高さ、②アシスタント含む担当者のレススピードの点でオヌヌメでした。
その他には有象無象のエージェントが(以下略
引用:Twitter

コンサルタントの情報の質が高く、対応スピードが速いという口コミです。サポートが手厚いのはアンテロープのメリットです。

本気で年収上げたいハイキャリアの人ならアンテロープやコンコードみたいなハイクラス超特化のエージェントもオススメです
引用:Twitter

アンテロープであれば、年収アップも目指せます。

エージェントは詳しくないですが、個人的にアンテロープは好印象です。クライアント企業のことだけでなく、ちゃんと候補者の長期的なキャリアパスを共に考えてくださるイメージ。
引用:Twitter

求職者に寄り添った親身な対応を受けられるのもアンテロープの特徴です。

おすすめな人

  • 手厚いサポートを受けたい方
  • 金融、コンサルティング業界へ転職したい方
  • 専門性の高いアドバイスを受けたい方

レバテックキャリア

基本情報

運営会社レバテック株式会社
求人数約18,000件
対応地域東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・福岡

レバテックキャリアは、IT業界やwebクリエイターに特化した転職エージェントです。

業界に精通したキャリアコンサルタントが在籍しており、専門性の高いアドバイスが受けられます。

メリット・デメリット

メリットデメリット
・専門性の高いアドバイスが受けられる
・サポートが手厚い
・ハイクラスな求人が多い
・求人が都市部に集中している
・他業種の求人は少ない
・未経験者向けの求人は多くない

ハイクラスな求人を多数取り扱いしており、IT業界経験者におすすめです。

企業とのつながりも強く、企業ごとに適切な面接対策を行なっています。実際に入社しないとわからない社風やキャリアアップ体制も把握しており、入社後のミスマッチの少ない転職活動ができます。

ハイクラス求人が主なため、未経験者だとサポートを受けられない可能性がある点はデメリットです。スキルや経験に自信のない方は、現職でスキルをつけてから相談するのもおすすめです。

また、拠点のない地域の求人情報は多くありません。地方での転職を考えている方は、別の転職エージェントも併用すると希望に合う求人が見つかります。

口コミ

利用したエージェントはマイナビとレバテック
入社を決めた会社はマイナビで進めてましたが、個人的にお勧めだったのはレバテックです。
・レスの速さ
・面談時の対応とこちらの要望をくみ取る力
・キャリアプランも含めた提案 これらで若干レバテックに軍配が上がるかと感じました。
引用:Twitter

レバテックキャリアは面談時の対応や、サポートの迅速さがメリットです。安心してサポートを任せられます。

レバテックさんの面談受けた!自分の現在地点がよくわかってやるべきことがよりはっきりしたし、今の進み方で間違ってないと確認できて超よかった。
そして「近道はない」と腑に落としていただいた担当者さん、さまざまなキャリアアップの道筋をイメージさせてくれる素敵な方だったなぁ
引用:Twitter

親身に寄り添ってくれるため、求職者が納得いくように面談を進めてくれます。何かあれば、すぐに相談しましょう。

まず驚いたのは、エージェント登録してからの展開の速さです。転職を迷ってはいたものの、とりあえず情報を得るためにエージェント登録をしたのですが、勢いがすごくてちょっとついていけない部分もありましたが、自分の希望を伝えることでマッチする求人情報や転職に向けたアドバイスなどももらえました。メールだけではなく、電話での相談も受け付けてくれました。多分自分だけでは転職をあきらめていたかもしれませんが、エージェントの方のフォローで転職活動を続けることができました。結果として自分の希望に合った転職先に再就職することができました。他のエージェントを使わなかったので比較はできないのですが、とても親身になって一緒に転職先提案してくださいましたので、転職するにあたり一人では不安な方や協力にサポートしてもらいたい方にもおすすめします。
引用:BEST WORK

手厚いサポートが、レバテックキャリアの特徴です。一緒に転職する仲間だと思って、頼ってみるのもおすすめです。

おすすめな人

  • ハイクラスな求人を探している方
  • IT業界への転職を考えている方
  • 丁寧なサポートを受けたい方

ランスタッド

基本情報

運営会社ランスタッド株式会社
求人数約5,500件
対応地域全国

ランスタッドは、年収800万円以上のハイクラス求人の取り扱いのある転職エージェントです。

業界ごとに専任のキャリアコンサルタントがおり、専門性の高いアドバイスが受けられます。

メリットデメリット
・質のいい非公開求人を所有している
・先を見越した提案を受けられる
・年収3,000万円以上の求人も取り扱いがある
・求められるスキルが高い
・地方の求人が少ない

ランスタッドは目先だけの提案するのではなく、求職者の立場に立った長期的な目線でのアドバイスを行なっています。求職者をパートナーとし、今後のキャリアプランを一緒に考えてくれます。

保有求人の80パーセントは非公開求人となるため、質のいい求人と出会えます。外資系の求人も約1,500件保有しており、多くの求人から選びたい人におすすめです。

バイリンガル向けの求人も多く、英語が話せる方は選択肢の幅が広がります。

デメリットとして、ハイクラス求人がメインなこともあり、スキルや経験が少ないと提案される求人も少なくなる傾向があります。

また、国内の求人が関東都市部に集中しています。関東圏以外での転職を考えている方は、他の転職エージェントを併用すると安心です。

口コミ

外資を中心にユニークな求人が多くてフレキシブルな働き方を目指すなら「ランスタッド」がおススメです。ランスタッド自体がグローバル企業なので外資系への転職に特に強く、海外経験がある方におススメです。リモート OKや副業OKな求人も多く理想の働き方を目指せます。
引用:Twitter

理想的な働き方を求めるなら、ランスタッドがおすすめです。さまざまな条件の求人が取り扱われています。

ランスタッドはバイリンガルやトリリンガル、海外経験があって外資系に転職したい人にはガチでおすすめ。歩兵さんの体験記にもある通り、個性的というかエッジの効いた独占求人が多くて見てるだけで楽しいし、キャリアコンサルタントが丁寧。デメリットはレスポンスが若干遅めな事くらい。
引用:Twitter

ランスタッドは、キャリアコンサルタントの対応も丁寧です。外資系転職を考えている方は、ぜひ相談だけでもしてみてください。

外資転職に淡い憧れがあったんですが、けっこうハイクラスな求人を扱うエージェントばかりで尻込みしてたんです。ランスタッドは私ぐらいの年収(400~600万クラス)の求人も扱ってたので、現実的に検討することができました。

あとは、外資系の企業ばかり紹介されるのかなと思ってましたが、案外国内の求人も充実してましたね。地方の求人もあったので、手広いんだなぁという印象です。

面談に出たコンサルタントは、いい意味であんまり外資っぽくなく、話をしっかり聞いてアドバイスしてくれるような、マイルド系の転職コンサルタントで、そこも安心しました。(すごいドライで淡々としたサポートか、利益主義で押してくるタイプを想像してたので…外資に対するイメージが偏ってますね;)


とはいえ求人量は特段多いわけではありません。まぁ大手と併用してる方が多いとは思うんで、コンサルタントとの相性見て使うのがいいと思います。

担当コンサルタントのアドバイスが丁寧かつ的確だったんで、自分は使ってみてよかったと思ってます。(大手のゴリゴリ系も苦手なので…)外資と国内企業の求人も比較しながら転職活動できましたし。

最終的に年収500万円・法人営業職に落ち着きました。業界では中堅どころ、外資ではありませんが成績次第で給与はぐんと変わる、という企業を紹介してもらえて満足してます。
引用:BEST WORK

求人の幅が広いのは、ランスタッドの特徴です。外資系に転職したくとも、ハイクラスだと未経験者には挑戦するのは勇気が入ります。幅広い年収の求人が取り扱われているため、スキルが高すぎない求人を求めている方にもおすすめです。

おすすめな人

  • ハイクラスな求人を探している方
  • 質のいい非公開求人を見たい方
  • 関東圏で転職したい方

\ 外資系求人が充実! /

コトラ

コトラは、金融やコンサルティング業界のハイクラス転職に特化した転職エージェントです。

ITや製造業、経営者層のサポートも行っており、各分野のプロフェッショナルな人材をターゲットにしています。

基本情報

運営会社株式会社コトラ
求人数約21,000件
対応地域東京

メリット・デメリット

メリットデメリット
・年収1,000万円以上の求人あり
・業界に特化したエージェントのサポートが受けられる
・多くの求人から選べる
・経歴によってはサポートを受けられない
・地方の求人が少ない

コトラでは、常時20,000件以上の求人を取り扱っています。多くの選択肢から転職先を検討でき、自分の理想に合う企業が見つかりやすくなっています。

キャリアコンサルタントは、業界ごとに精通したプロフェッショナルが在籍しています。担当業界に関しての深い知識を持っており、求職者へ適切なアドバイスができることがメリットです。

プロフェッショナルな人材へのサポートをメインとしているため、経験やスキルが足りない求職者はサポートが受けられない可能性があります。

求人も都市部に集中しており、地方での転職を考えている方は他の転職エージェンの利用がおすすめです。

口コミ

未経験業界への転職でしたが、業界に精通した担当コンサルタントの方に疑問や不安を解消していただけるので、仕事をしながらでも効率よく業界への理解を深めることができ、自身の希望が明確になりました。
何よりレスポンスがとても早く、私の場合は最初の連絡から6週間で、第一希望の会社から内定をいただく事ができました。
その間、職務経歴の整理、適性検査や面接対策、日程調整、選考後の振り返り、待遇面の交渉など、転職活動で必要な全ての対応を最高レベルでサポートいただけました。
結果として、待遇面も大幅に向上し、新たなステージで挑戦できる機会をいただけました。
その1番のきっかけは、転職者の希望や強みを掘り起こし、マッチする企業をその理由も含めて詳細に紹介できるコトラの担当コンサルタントの方の提案力だったと思います。
本当にお世話になりました!
引用:公式サイト

未経験の業界への、転職を成功した方の口コミです。担当コンサルタントの提案力が高いと、思いがけない求人を紹介してもらえるため選択肢が広がります。

正直言って、ネットで知るまでは知らなくて不安でしたが、良いエージェントでした。
求人数も意外と多くてびっくりしました。
引用:BEST WORK

多くの求人数から選べるのは、コトラのメリットです。こちらの方は、コトラを利用して満足できたようです。

今まで他の転職エージェントを利用しましたが、私の希望に合った求人を紹介してくれず、希望の職種でないものでも、とにかく応募しろという感じでした。
自分自身もこのまま希望でない職種で仕事を探していいのか不安になっていたところ、コトラの担当コンサルタントの方に出会いました。
今までの他社のエージェントさんと違い、私の性格に合った仕事、やりたかった職種を紹介してくれました。
この担当コンサルタントの方がいなければ、やりたい仕事に就職出来なかったと思います。本当に感謝しています。
ありがとうございました。
引用:公式サイト

コトラを利用し、希望する仕事へ転職できたという口コミです。求職者へのヒアリングが丁寧なため、企業とのマッチング率が高いのも特徴です。

おすすめな人

  • 都市部への転職を希望している方
  • 高い提案力でサポートを受けたい方
  • ハイクラスの求人を探している方

パソナキャリア

パソナキャリアは47都道府県全てに拠点がある、ハイクラス向けの転職エージェントです。

地方の求人も取り扱いがあるため、都市部以外でのハイクラス転職を考えている方におすすめです。

基本情報

運営会社株式会社パソナグループ 
求人数約36,000件
対応地域全国

メリット・デメリット

メリットデメリット
・47都道府県全てに対応可能
・求人の約半数が年収800万円以上
・女性の転職に力を入れている
・専門性の高いアドバイスを受けられない可能性がある
・キャリアコンサルタントの質にばらつきがある

パソナキャリアでは、利用した求職者の61パーセントが年収アップに成功しています。取り扱い求人数も多いため、自分の希望に合った企業が見つかりやすくなっています。

女性の転職サポートにも力を入れており、女性向けのセミナーやイベントが開催されていることが特徴です。女性ならではのライフイベントに不安があれば、ぜひ相談してみることをおすすめします。

デメリットとして、総合型の転職エージェントのため、専門性の高いアドバイスが受けづらいことがあります。希望している業種がはっきりしている方は、特化型の転職エージェントの併用もおすすめです。

口コミ

パソナキャリアのエージェントさんと面談した!最近、年齢も未経験なことも気にせず進もう!の世界にいたけど、現実は厳しいと実感させられて凹み。
でも、苦戦するのも年収ダウンも覚悟の上ですと伝えたら、やりたいことに近づけそうな求人をたくさん送ってくれて泣いたうれしい。頑張る
引用:Twitter

求職者の理想と現実の差をしっかり伝えつつも、やりたいことに近づける求人を紹介してくれたという口コミです。難しい希望でも、はっきりと伝えてくれると信頼できます。

パソナキャリアの強みは、「マッチング力」と「提案力」。だから、オリコンの顧客満足度調査による転職エージェント4年連続総合第一位も頷けます。リモートワーク可の案件が18,000件以上あるのも見逃せません。
引用:Twitter

リモートワーク可の求人が多いのは、自由な働き方の多い今の時代にあっています。在宅勤務ができると、プライベートな時間も取りやすくなります。

パソナキャリアって評判わるいの意外
担当してもらった人は元製造業の方で話が早くトントン拍子で面接して、内定も何社からか貰えたから利用してすごい良かったけどな
何ならまた再登録しようかと思ってたくらいだわ
引用:Twitter

キャリアコンサルタントとの相性がいいと、マッチする求人を多く提案してもらえます。この方はパソナキャリアを利用して、満足した転職活動ができたようです。

おすすめな人

  • 女性の方
  • 地方で利用したい方
  • 年収をアップしたい方

doda

dodaは、業界最大手の求人数を誇る転職エージェントです。

都市部はもちろん地方の求人まで所有しているため、多くの選択肢からキャリアプランを検討できます。

基本情報

運営会社パーソルキャリア
求人数約187,000件
対応地域全国

メリット・デメリット

メリットデメリット
・未経験可の求人が多い
・求人数が多い
・地方の求人も探せる
・自分の希望に合わない求人を紹介される場合がある
・キャリアアドバイザーの質にばらつきがある
・メールが大量に来る

dodaでは、業界に合わせてキャリアアドバイザーがチームで分かれています。経験豊富な専門のアドバイザーよりアドバイスをもらえ、幅広いサポートが受けられます。

1日に多くの求人紹介のメールが送られてくるため、自分では気づかなかった選択肢に気づけます。転職を検討段階でも、気になる求人があれば応募することも可能です。

しかし、連絡数が多い分メールフォルダを圧迫される点はデメリットです。dodaのメールは、普段使わないメールアドレスを登録するなど対策をしないと、大切なメールが埋もれてしまう場合もあります。

また、キャリアアドバイザーの人数が多い分、経験の少ない担当者に当たる場合もあります。合わないと感じたときは変更を申し出ましょう。

口コミ

dodaのキャリア面談をうけてみました。
丁寧に対応いただき、面談後1か月間こちらの要求にそった求人を紹介してくれました。
求人を精査し、もう少し今の会社で頑張ろうと今回は判断。数年後にまた面談をする予定です。
自分の労働環境の良悪を把握できるので、一回は面談受けてみるのがおすすめ
引用:Twitter

dodaで、丁寧に対応してもらったという口コミです。対応に安心感あると、今回転職しなかったとしても次回利用しようと思えますよね。

dodaはなんとなく信頼してる。海外から帰ってきてちゃらんぽらんだった時代に、複数のエージェントから「紹介できる求人ないです」って言われた。唯一、dodaの担当者だけが色々な求人紹介してくれた。
引用:Twitter

他でサポートを受けられなかった人でも、dodaではサポートを受けられたようです。求人数が多いため、どんな方にも対応ができるのでしょうね。

自身のキャリアパス、ライフプランも含めて親身になって考え、求人提案をしてくれるので内定をとれた際の満足度が高いです。
書類系の添削、面接にあたって企業に応じた例文の提案、マッチする求人の迅速な紹介など安心感を持って転職活動を進められます。
求人数が多く、非公開求人や企業の採用担当者と繋がりが強いとこもあるので利用しておいて間違いない。
引用:BEST WORK

求人の質や対応など、全体的に満足できた方もいます。利用者が多く、キャリアアドバイザーも経験豊富なため、満足のいく転職活動ができます。

おすすめな人

  • 未経験で外資系企業に転職したい方
  • 手厚いサポートを受けたい方
  • 多くの求人から選びたい方

20代が外資系転職エージェントを活用するポイント

20代が外資系転職エージェントを利用するポイントは、英文の履歴書やレジュメのサポートがある転職エージェントを利用することです。

20代であれば外資系未経験の人が多く、外資系特有の英語の履歴書や面接の経験がない場合もあります。外資系企業は日系企業とは採用のプロセスが違うことも多く、始めての転職だと混乱することも多くなります。

英語へのサポートがある外資系転職エージェントであれば、作成した書類の添削が可能です。外資系企業への転職が始めての20代でも安心してサポートを任せられます。

30代が外資系転職エージェントを活用するポイント

30代で外資系転職エージェントを利用するポイントは、自身の経験にあった転職エージェントを利用することです。

30代は仕事での経験やスキルがふえ、即戦力とされてくる年代になります。人によってはマネジメント経験もあり、ハイクラスへの転職も可能です。

質のいい非公開求人を取り扱っている転職エージェントで、理想の求人情報を探してみましょう。

40代・50代が外資系転職エージェントを活用するポイント

40代や50代が外資系転職エージェントを活用するポイントは、即戦力とアピールできる業種を選ぶことです。

外資系企業は今までの経歴やスキルを利用して、即戦力になる人材を求めています。

40代や50代は、若手に比べると社会経験豊富です。20代にはないマネジメント力や専門性をアピールすることで、理想の企業に入社できる可能性が上がります。

今までの経験を活かすことで、大幅な年収アップも望めます。

外資系企業ならではの特徴

外資系企業の特徴を3つまとめました。

  • 年齢を重視しない
  • 実力主義
  • ワークライフバランスがとりやすい

年齢を重視しない

外資系企業は、日系企業に比べて年齢を重視しません。即戦力を求めていることが多く、過去の経歴やスキルを重視されます。

日系企業に比べて、年齢で不採用になる可能性が少ないのはメリットです。

実力主義

実力主義な点も特徴です。採用後の成果が評価基準のため、実力がある人は収入も上がりやすい傾向があります。

外資系企業は日系企業に比べて年収が高いイメージがありますが、個人の実力に左右されるので必ずしもそうとは言いきれません。企業の求める成果基準を満たせていない場合は、年収が下がる可能性も否定できません。

ワークライフバランスがとりやすい

プライベートな時間を重視しているため、勤務時間中に集中して働き、残業をしない働き方も可能です。

自身の仕事が終わったら帰宅できるので、仕事後の時間も有意義に使えます。

外資系転職でよかったことは?口コミ&評判を紹介

外資系に転職したことで、実際にどんなよかったことがあったのか、SNSでの口コミをまとめました。リアルな声を参考にして、外資系に転職するか検討しましょう。

▼外資系に転職して良かったこと
人間的に優秀な人が多い
嫌な人はすぐにリリースされる
残業は少ない方が評価される
みんな優しい
怠けるとすぐリリースされる
勉強会の内容が超有料級
※リリースとはプロジェクトから外されること
引用:Twitter

残業が少ない方が評価されるのは、外資系企業の特徴です。日系企業では残業ありきの仕事の仕方を強要されるところもまだ少なくはありません。ワークライフバランスを意識した働き方を考えている方には、外資系企業は特におすすめです。

今の会社(外資系)に第二新卒で転職して良かったこと7つ
・年収が2倍
・上下関係なし
・私服勤務(ビーサンOK)
・残業が一分もない
・ランチ、ドリンク、フルーツ無料
・有給は一時間単位で自由に取得可
・休日は週二回なら何曜日でもOK
※ただし実績出さないと会社での居場所はなくなります←
引用:Twitter

外資系に転職したことで、年収が2倍になった人もいます。もちろん実績を伴わないといけないという責任はありますが、仕事でのやりがいを求める方にはおすすめな環境です。

外資系の会社を複数社経験して良かったと思える事の一つが同僚の行動を気にしなくて済む様になった事
コアタイム無しのフレックスにも関わらず定時出社/退社(何なら残業)の方もいるが構わず自分のタスクが終了したら帰宅。結果を出せば何の問題もなし!メリハリつける事でパフォーマンスも向上
#転職
引用:Twitter

日系企業だと、定時になっても同僚や上司が仕事をしていて帰りづらいことがあります。外資系企業であれば、自分の仕事が終わったら帰るという雰囲気のため、プライベートの時間が確保しやすい利点があります。

未経験から外資系へ転職!成功例を口コミ&評判で紹介

未経験で外資系企業へ転職した方の口コミをまとめました。

外資系企業に勤めたことがない方は、こちらを参考に転職するかを検討するのもおすすめです。

僕も外資系に転職した時は
年収60万ぐらい上がりました。
そして、役職上がるのも
昇給も早かったです。
評価されるポイントは発言力です
特に外資系は面接も入社後も
ポジティブな自己アピールが
とても評価されます。
僕は会議の時に必ず自発的に
最低1回は発言する事を
自分ルールにしてました。
引用:Twitter

外資系に転職したことで、年収が上がったという口コミです。実力主義のため、成果を上げれば役職がついたり、昇給もしやすい傾向があります。

【転職前】   【転職後】
大手内資    startup外資
年収500万円   年収750万円
パワハラ三昧   皆良い人すぎ
副業絶対禁止  副業熱烈応援    
毎日必ず出勤  フルリモート
ストレス過多  ノンストレス
人生って一歩踏み出すだけで激変する。あとは自分のハート次第。
引用:Twitter

外資系への転職を踏み出し、人生が激変したという口コミです。仕事をする上でストレスを減らすのも、長く仕事を続けるポイントです。

Fラン大卒、日系中小から外資メーカーに転職したけど。ぶっちゃけ、日系の大手転職するより、外資に転職する方がイージーだった。日系の方が競争率が高い印象。英語頑張る→外資転職は、逆転の方法として有効。僕はこれもあり30代で資産1億行けた。20代はお金なかったけど10年あると人生大きく変えれる
引用:Twitter

英語を努力することで、外資系に転職できた方の口コミです。英語が話せると、転職活動の選択肢が広がります。まずは勉強からでもはじめてみるのもおすすめです。

外資系におすすめの転職エージェントの選び方

外資系におすすめの転職エージェントの選び方は3つあります。

  • 対応地域で選ぶ
  • サポートが充実しているか
  • 希望の業界に特化した転職エージェントを利用する

対応地域で選ぶ

ハイクラス求人の多くは都市部での求人募集が多くなっていますが、企業によっては海外での就職も可能です。

海外で働きたい場合は、海外の求人の取り扱いがある転職エージェントを選びましょう

サポートが充実しているか

外資系転職は企業によって、面接が英語だったり英文での履歴書やレジュメが必要になります。

英語の書類を作成したことない場合は、転職エージェントに添削をお願いするのが安心です。転職エージェントによっては、英文に対応していない可能性があるため、事前に確認しましょう。

海外からの帰国者に対してサポートを行なっている転職エージェントもあるので、自分の状況に合わせて選ぶとストレスの少ない転職活動ができます。

希望の業界に特化した転職エージェントを利用する

転職エージェントによって、特定の業界に特化している場合があります。

転職したい業界が決まっているときは、特化型の転職エージェントがおすすめです。

希望の業界が定まっていないときは、総合型の転職エージェントを利用するとさまざまな業界の求人から選べます。

外資系の転職エージェントを活用するおすすめのポイント

外資系の転職エージェントを活用するポイントは4つあります。

  • 自分の希望条件を整理しておく
  • 場合によって複数の転職エージェントを併用する
  • 相性が合わないキャリアアドバイザーは変更する
  • 応募前に社風を確認する

自分の希望条件を整理しておく

転職エージェントを利用するときは、自分の希望条件を整理しておきましょう。

キャリアアドバイザーとの面談時には、希望条件の確認があります。その際に整理できていないと、うまく担当者に希望が伝わりません。

マッチする求人が紹介されづらくなるため、事前に整理しておくとスムーズです。

場合によって複数の転職エージェントを併用する

転職エージェントは、それぞれ得意分野があります。

希望の業界が決まっている場合は、その業界に特化した転職エージェントを利用しましょう。

特に業界が決まっていない場合は、大手の転職エージェントだと取り扱い求人も多くたくさんの選択肢から選べます。

相性が合わないキャリアアドバイザーは変更する

相性が合わないと感じたキャリアアドバイザーは、変更を希望しましょう。

転職エージェントには複数の担当者が在籍しているため、個人によって能力や得意分野に差があります。

自分の希望をうまく把握できていないと感じた場合は、早めに変更を希望すると時間のロスが防げます。

応募前に社風を確認する

外資系は企業ごとに、社風に大きく差があるのが特徴です。

社風が合わないと入社後の勤務に支障が出るため、事前にキャリアアドバイザーに確認しましょう。

自分に合わないと感じたときは、どういった点が合わないと感じたのかしっかり伝えると希望の求人を紹介される可能性が上がります。

外資系の転職エージェントを利用する際の注意点

外資系転職エージェントを、利用する際の注意点は2つあります。

  • 面談が英語の可能性がある
  • 経歴やスキルは正直に話す

面談が英語の可能性がある

転職エージェントによっては、面談や電話連絡時に英語での対応を求められる場合があります。

英語力に自信がない場合は、日本語での対応が可能な転職エージェントを利用しましょう。

経歴やスキルは正直に話す

外資系企業は実力主義の世界です。見栄を張って面談時に嘘の経歴やスキルを伝えてしまうと、実力が伴わず入社後に苦労します。

面談時から正直に話して、自分のスキルに見合った企業を提案してもらうことで、満足のできる転職活動が可能です。

外資系の転職エージェントのよくあるQ&A

女性におすすめの外資系転職エージェント はありますか?

女性におすすめの外資系転職エージェントは、パソナキャリアです。

パソナキャリアは女性の転職サポートに力を入れており、女性を対象にしたセミナーやイベントか開催しています。

外資系企業の求人も1,300件以上(2023年5月現在)取り扱いがあるため、幅広い選択肢から選べます。

外資系企業はワークライフバランスもとりやすく、ライフイベントが多い女性にも働きやすい環境です。

女性のサポートに力を入れているパソナキャリアであれば、希望に合う仕事が見つかる可能性が高まります。

未経験でも外資系に転職できる?

未経験でも、外資系企業へ転職することは可能です。外資系企業は即戦力が求められるイメージがありますが、業界によっては未経験で内定をもらえます。

中途採用でも面接を英語で行う可能性があり、全く英語を話せない場合は受からない可能性があります。外資系企業への転職を考えているのであれば、未経験であっても日常会話程度の英語力を身に付けておいた方が安心です。

業界によっては、マネージャーや管理職クラスは、ビジネスレベルもしくはネイティブレベルの英語力を求められます。

転職を希望している業界が、どれくらいの英語力が求められるのか入社前に確認しておきましょう。担当のキャリアアドバイザーに相談してもかまいません。

外資系転職にはどれくらいの英語力が必要?

外資系企業での、必要な英語力を業界によって変わります。

一般的には、国内勤務であればTOEICの点数が650点程度、海外勤務であれば730点以上必要と言われています。

転職する企業内に、どれくらい外国人が勤務しているかにもよります。外国人が多ければ、コミュニケーションを取るために、必然的に英語が必要になります。

企業に求められる英語力とは?

外資系企業で求められる英語力は、ビジネスレベルです。

外資系企業では、顧客への電話や接客だけでなく、上司や同僚が外国籍の可能性もあります。日常的なコミュニケーションでも、英語が必要になります。

入社前に、最低限の英語力は必要です。入社後も、英語力の向上は意識することがおすすめです。

英語は国によって発音が多少違うこともあり、うまく聞き取れないこともあります。英語力が低いと、こちらの発音を聞き取ってもらえずお互いストレスに感じる可能性があります。

日常会話レベルってどのくらいなの?

日常会話レベルの英語は、英検でいえば2級程度、TOEICでいえば470点程度と言われています。

「専門的な話はなく、日常生活に支障が出ない最低限のコミュニケーションが取れるレベル」です。

中学英語で学ぶ範囲ではありますが、実際に自分が使うとなると難しいと感じる方が多いのではないでしょうか。

外資系では英検何級が求められる?

一般企業で英検がアピールできるのは2級程度ですが、外資系ではもっと上の級を求められる可能性があります。外資系でも日常的に英語を使うのか、ほとんど使わないのかで必要性が変わります。

英検は、日本国内で有名な資格です。海外ではあまり認知されていないため、TOEICやTOEFLを受けておくと安心です。

英検をアピールするときは、一緒にCSEスコアも伝えましょう。CSEスコアは、英検の級以外でも客観的に自分の英語力を見直す指標になります。企業へ自分の英語力を伝えるときも、わかりやすく相手に伝えられます。

英検とTOEIC、どちらが就職・転職に有利?

英検とTOEICは、一般的にはTOEICの方が就職には有利だと言われています。

英検は日常会話がメインの出題ですが、TOEICはビジネス英語が出題範囲となります。

仕事や外資系企業で必要な英語はビジネス英語となるため、TOEICの方が重視されます。

外資系の転職エージェントおすすめまとめ

外資系企業へ転職を希望しているときにおすすめの転職エージェントについてまとめました。

外資系企業は、日系企業とは採用プロセスや採用時に重視するポイントに違いがあります。

外資系への転職に特化している転職エージェントであれば、英文での履歴書やレジュメ作成など日系企業メインにサポートしている転職エージェントではサポートできない範囲まで相談できます。

無料で利用できるため、外資系への転職を考えているときはぜひ登録してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次