キャリアの悩み 転職の悩みから探す

【体験談あり】転職はやめとけと言われる理由とやめといた方がいい人の特徴解説します

転職はやめとけ

 

こんな疑問ありませんか?

  • 転職をやめとけと言われる理由は?
  • 上司に転職するのはやめとけって言われた。しない方が良い?
  • どうしても転職したいけどやめたほうがいいのかな。ずっと悩んでる

 

この記事を読んでいるほとんどの方は、会社の上司や家族に「転職するのはやめとけ」と言われたことがあるはずです。

 

今の時代では転職するのはわりと当たり前で、ポジティブなことですが、なぜ転職はやめとけと言われてしまうでしょうか?

 

実は今の40〜50代の方からの意見では、一つの会社でキャリアを積むのが当たり前で、転職するのは非常識という考え方があります。

 

つまり、転職を考えている部下や子供に、昔の価値観を押し付けてしまっている可能性もあるわけです。

 

しょーたこ
実際に私も新卒で入った会社に転職することを告げたら、何回もファミレスで「転職はやめとけ」と説得された思い出があります。

 

そこで今回の記事では、「転職はやめとけと言われる理由と上司にやめとけと言われても転職した筆者の体験談」というテーマで解説していきます。

 

転職したいけどやめとけと言われるしどうすればいいかわからない」「転職した方がいいのかな?それともやめといたほうがいい?」このような疑問をお持ちの方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

この記事を読むことで、今後のキャリア設計の参考になりますと嬉しいです。

 

✔︎ この記事の内容

  • 転職はやめとけと言われる理由5つ
  • 転職するのはやめた方がいい人の特徴
  • 上司に転職するのはやめとけと言われて転職した時の体験談

 

 

 

しょーたこ
しょーたこです!未経験からWebマーケティング業界に入り、医療・美容業界を中心にWebコンサルタントとして活動中です。MENTAで今まで50名以上の方のWEBマーケ学習サポートもさせていただきました!

 

転職はやめとけと言われる理由は3つ

転職するのはやめとけと言われる理由は、次の5つです。

 

  • 転職に失敗する可能性がある
  • 企業側から「またすぐに転職しそう」と思われるリスク
  • 勢いで転職しようとしているから

 

それぞれ解説していきます。

 

転職に失敗する可能性がある

転職は成功だけでなく失敗する可能性もあります。

 

引用:なんと転職者全体の4人に1人が転職したことを後悔!!転職に失敗してしまう理由とは?

 

実際に転職会議が行なった転職の満足度調査では、4人に1人の割合で失敗したと回答しています。

 

確かに失敗することを考えたら、転職はやめとけと言われる理由もわかりますね。

 

ただ、転職には成功者がいることも確かです。失敗しないためには、きちんと計画を持って転職活動していきましょう。

 

企業側から「すぐ転職しそう」と思われるリスク

当然入社した会社を辞めて第二新卒で転職したら、企業側は「この人はまた転職するかもしれない…」と見られるリスクもあります。

 

もちろんそういった風潮は年々減ってきていますが、まだリスクがあることは確かです。

 

対処法は、転職する目的と会社を辞めた理由をはっきりさせておき、上手に伝えることです。

 

理由が明確であれば、「またすぐ転職しそうだな」と思われず、成功率も上げることができるでしょう。

 

勢いで転職しようとしているから

もしあなたが勢いで転職しようとしているならば、やめとけと言われてもおかしくありません。

 

本来転職は勢いではなく、何かしらの目的を持って行うものです。

 

例えば次の通り。

 

✔︎ 転職の目的例

  • 今の会社がブラックだから転職したい
  • もっと新しい業界を見たいから転職したい
  • やりたいことが見つかったから転職したい

 

つまり、転職には目的が大切で、この目的がないと失敗する確率も高くなります。

 

思いつきの勢いだけで転職するのはリスク高めなので、しっかり目的を持ってからにしましょう。

 

転職はした方が良い。むしろ転職しないのは、今後の時代結構なリスクになる

転職はやめとけと言われる理由を説明しましたが、結局のところ転職はした方が良いです。

 

逆に転職しない人材の方が、この時代においてヤバかったりします。

 

終身雇用制度が崩壊し、大企業ですら一生面倒見れなくなっているのに、転職せず一生同じ会社に居続けようなんて物凄いリスクですからね。

 

なので、「転職はやめとけ」という人がいるかも知れませんが、正直無視しても大丈夫だと思っています。

 

転職を考えているということは、人生のキャリア設計を前向きに捉えている証拠です。自信を持って行動していきましょう。

 

転職はさらなるキャリアアップが見込める

転職はさらなるキャリアアップが見込めます。

 

なぜなら、冒頭で紹介した転職会議さんのデータで転職成功したと回答した人は、実際に役職や給料が上がっているから。

 

例えば、今まで働いたことがない業界で新しい経験を積んだり、大企業からベンチャー企業へ転職しチームのマネジメントリーダーを経験できたり、多くのチャンスが待っています。

 

つまり、転職はかなりコスパ良くキャリアアップできるチャンスなんです。

 

もちろん失敗のリスクもありますが、失敗すればまた行動すればいいだけですし、得られるメリットの方が大きいです。

 

やばいのは、転職はネガティブなものだと思って行動できないことです。行動すれば得られるチャンスを逃すことが、一番のリスクですよ。

 

新しい視野も広がりやりたいことが見つかる可能性も

転職の最大のメリットは、新しい視野が広がることだと思っています。

 

例えば、やりがいがある仕事が見つかることもあれば、自分の得意分野の可能性が引き出されることもあります。

 

すなわち、転職をしないということは、それだけのチャンスを逃していること。

 

より良い人生を送りたいなら、チャンスは自分から掴みにいくものです。他人がやめとけと言おうが関係ありません。

 

「仕事がしんどい」「会社に行くのが辛い」なら会社をやめよう

仕事が辛いならやめてOKだと思っています。

 

仕事が楽しくないなら実績を出すことで、やりがいもでて楽しめる可能性はありますが、「しんどい」「辛い」となると話はまた別です。

 

しんどいと思う仕事は割と向いてないと思うので、時間の無駄になっている可能性があります。

 

それなら新しいキャリアに挑戦して、やりたいことをやった方が人生楽しいと思うので。

 

【体験談】上司に転職するのはやめとけって言われたけど転職してよかった話

私は新卒で入った会社を2ヶ月ほどでやめて転職したのですが、当時の上司からは、「もうちょっと考え直したほうが良い」「いま転職するなんてリスクしかないからやめといたほうがいいよ」みたいなことを散在ん言われました。

 

ですが、結果的に転職して良かったと心の底から思っています。転職しなければ新しいスキルが身につくこともありませんでしたし、副業で稼ぐなんてことは夢のまた夢でしたので。

 

当時の私は「いつ辞めるって言おうかな…」なんてこと思っており、毎朝言おうと決断してもなかなか言えませんでしたが、勇気を振り絞った結果人生良くなりました。

 

転職することはなかなか勇気がいることですが、行動した後は意外と大したことなかった。と思えるので、まずは行動してみることをオススメします。

 

転職するなら早い方がいい。第三者からの「やめとけ」は当てにならない

転職するなら早めにしましょう。

 

いたくもない業界にいても、自分が停滞してしまうだけです。

 

もちろん失敗もあると思いますが、得られるメリットの方が大きいので。

 

チャンスを掴み取るのは自分自身です。今すぐ行動しましょう。

 

✔︎ 転職に失敗したくない人向けのキャリア相談サービス(無料体験あり)

  • ニューキャリア
    ※キャリア納得度を可視化。強み、弱み、価値観をスコアリング化し納得度の高いキャリア設計を実現
  • ポジウィルキャリア
    ※予約困難のキャリア相談サービス。相談実績10,000人以上、短期間でやりたいことを実現
  • マジキャリ
    ※顧客満足度92%、一生使えるキャリア設計で失敗しない選択肢

 

キャリアコーチングとは?比較
参考【最新版】有料キャリア相談サービスを徹底比較!口コミ・評判・オススメはどこ?

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しょーたこ@未経験→WEBマーケター

医療系専門卒→整骨院勤務→美容整体院オーナー→倒産してキャリアに迷走→流行に流されてWEB業界に転職→トイレ掃除、机の組み立てが業務の超ブラック企業で鬱に→価値観を見直してジョブチェンジに成功 学生時代は飲食店・コンビニバイトを経験してきましたが、仕事ができなさすぎて無能扱い。仕方なくWEBの世界に入ったら割と仕事できるようになりました そんな過去の経験を活かし、今まで60名以上の転職キャリア相談に乗ってきました このブログでは、自分と同じような人を減らすため、失敗しないための転職方法やキャリア設計について発信しています

-キャリアの悩み, 転職の悩みから探す

© 2021 SHOTAKOBLOG Powered by AFFINGER5