Webマーケティング

未経験からWebディレクターになれるの?【転職成功までのロードマップを公開】

この記事を読んでいるあなたは、未経験からWebディレクターとして活動していきたい、又は転職を目指している方ではないでしょうか。

しかし、未経験でWebディレクターになるのでは難しいのでは?と思っている方も少なくないはずです。

結論、未経験でもWebディレクターとして活動していくのはそれほど難しくありません。

しかし、Webディレクターでも基礎的な部分のデザインやマーケティングといった知識全般が必要となります。
そのため、豊富な知識がある者として、ゼネラリスト的な立場でチームを統率していかなければいけません。

今回の記事では、「未経験からWeb業界に入るにはWebディレクターがおすすめな理由」から「実際に私がWebディレクターとして転職するまでにやったロードマップ」を公開しています。

これからWeb業界に入りたい方は、この記事を見ておくと転職成功率が上がる可能性もありますのでぜひご覧ください。

今回の記事に関係がある人
  • これからWebディレクターとして転職したい人
  • 未経験からWebディレクターとして活動していきたい人
  • Web業界に転職を成功するための確率を上げたい人
  • プログラミングで挫折したがWeb業界に入りたい人
 

Webディレクターはチームのまとめ役のような役割で今後の伸び代が高い職業です
↑の項目に当てはまる人はぜひ最後までご覧ください!

未経験からWebディレクターになれるの?【転職ロードマップ公開】

未経験からWebディレクターになれるの?【転職ロードマップ公開】

先ほども説明した通り、未経験からWebディレクターになることは可能ですし、それ程難しくはありません。

その理由としては、デザインやコーディングといった技術面でのスキルが必要でないことが大きいでしょう。

しかし、スキルが必要でないからといって、全く必要でないかというとそんなことはないです。

Webディレクターという職業は、クライアントと制作チームの橋渡し的な存在です。

つまり、ある程度のデザインやコーディングの知識がないと、チーム内でのヒアリング情報共有やクライアントからの指令を伝えることができないため、プロジェクトが成り立たなくなってしまいます。

Webディレクターとして成果を上げるためにも、デザインやコーディングも積極的に学ぶ必要があります。

個人的にはWebマーケティングの知識を覚えると、「なぜこのデザインが集客に役立つのか」の様な論理的思考で、クライアントにうまく説明することができるようになります。

まずはWebマーケティングの基礎的なところを覚えて、その後にデザインやコーディングの知識を覚えることをお勧めします。

↓の記事でWebマーケティングの基礎が学べますのでよければどうぞ。

未経験からWebディレクターがおすすめな理由

未経験からWebディレクターがおすすめな理由

Web未経験者がWebディレクターを目指すのをオススメする理由としては3つあります。

  • 1つ目はデザインやコーディングといった、専門的スキルが必要無い
  • 2つ目はコミュニケーションとドキュメンテーション(文書化)が最重要
  • 3つ目はWebのあらゆる業務に携わるため、チームリーダーとしての力が付く

この3つのことを具体的に解説していきます。

Webディレクターはデザインやコーディングといったスキルが必要無い

まず、この見出しで誤解して欲しく無いことは、Webディレクターは1から構築するスキルが必要無いというだけで、知識が必要無いわけではありません。

クライアントの納品物を最高なものにするには、Webディレクターとしてデザインやコーディングの指示をすることで、相手が満足するものに近づきます。

Webディレクターが、1からデザインやコーディングをできる様になる必要はありません。

ですが、制作チーム全体が円滑に作業を進めるためにも知識は身につけておきましょう。

この様に、コーディングといった難しいことができなくても大丈夫なのがWebディレクターです。

未経験からWeb業界に入りたいけどコーディングやデザインで挫折した方は、Webディレクターを目指してみるのもありかもしれませんね。

Webディレクターとして最重要なのはコミュニケーションとドキュメンテーション

Webディレクターとして一番重要なところはWebスキルではなく、コミュニケーションとドキュメンテーションです。

Webディレクションは、コミュニケーションを通じて、クランアントの本音を引き出し、チーム内で共有し、スムーズにプロジェクトを遂行して納品する

という役割を持っています。

詳しくはWebディレクターってどんな仕事?という記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

Webチームのリーダーとして裁量が身につく

Web未経験ならWebディレクターがオススメな理由の最後

それはチームリーダーとしての裁量が身につくことが大きいです。

これからの時代は、会社の時代から個の時代、そしてチームワークの時代へと移り変わると想定されます。

その時に、クリエイターチームを率いるWebディレクターを経験しておくと、年収の面や独立したとしても、有利に働くでしょう。

これから来るチームの時代で成果を上げるためにも、まずはWebディレクターとして転職してみませんか?

実際に未経験でWebディレクターに転職したロードマップをご紹介

実際に未経験でWebディレクターに転職したロードマップをご紹介

私は元々医療人で、Web業界のことは全くわからず未知の世界…

そんな私でも、Webディレクターとして転職することができました。

実際に転職成功までに実践したロードマップを公開しておきますのでぜひご覧ください。

営業を経験してみる

Webディレクターはクライアントとのヒアリングでどれだけ情報を引き出せるかが重要になります。

何が言いたいかというと、Web業界では一見関係ないと思う営業の要素が必要となってくるのです。

つまり、Webディレクターとして転職を成功させるためにも、まずは営業を経験してヒアリングの練習をしてみましょう

今の時代は副業時代でフリーの営業マンの募集もたくさんあり、練習できる場がたくさんあります。

営業する時間がないから他の方法ないかって?

そういう方は、友達や恋人の悩んでいることを聞いて、文書としてまとめてみるのも勉強になるのでオススメです。

営業についての記事はこちら

無料ホームページ作成ツールを使って実際に作ってみる

Webディレクターとして、制作のディレクションを行うにはある程度ホームページの作り方を知っておかなければいけません。

現在は無料でホームーページを作れるツールも多く(WIXなど)、誰でも簡単にできる様になっています。

未経験でWebディレクターとして転職を成功させるためにも、ホームページの作り方を学んでみましょう。

実際に自分で作ったものがあると、面接の時にアピールポイントとして使えるので便利ですよ。

コピーライティングやマーケティングを学ぶ

Webサイト制作の際には、クライアントの強みの部分を理解しておかなければ、質の高いWebサイトを作る事はできません。

そのため強みを理解し、文書化するためにもコピーライティングを学んでおきましょう。

面接でコピーライティングを学びました。とアピールできれば人材価値も上がります。

そして最後にマーケティングですが、Webディレクターとしてマーケティングの分野は必須と言っても過言ではありません。

実際、私も面接の際一番アピールしたところがマーケティングの知識です。

CPAやLTVと言ったWebマーケの用語を積極的に学んで、面接の時にアピールしてみましょう。

Webマーケティングやコピーライティングを学ぶならこちらの記事がオススメ

未経験者なりの可能性を提示する

最後は極論ぽいことになってしまうのですが、中途として転職する場合、企業側の意見は即戦力が欲しいはずです。

ですが、未経験者にとって即戦力は厳しいはずです。

そのデメリットの部分を挽回するためにも、「将来どんなことができるか」と言った様な可能性を提示しましょう。

前の職場と組み合わせてできることでもなんでもいいです。

とにかく、「将来これだけの利益を会社にもたらします」「私を採用するとこんなにベネフィットがあります」

と言った、自分が経験してきたことでも問題ありません。

未経験者なら未経験者なりの強みで勝負することがポイントです。

転職を成功させるためにも、将来どんなことができるのかを明確にしましょう。

まとめ

最後に、未経験からWebディレクターになるのはそれほど難しくありません。

ただ覚える知識量としては多いため、好奇心旺盛でなんでも興味ある人が向いてるかもしれません。

「本気でWeb業界に入りたい!」だけどコーディングで挫折したって方はオススメです。

 

実際に私がそうなので笑

今回の記事をまとめると

  • 未経験からWebディレクターになるのは難しくない
  • 難しくないが、幅広い知識が求められる
  • Webディレクターが大事なスキルはコミュニケーションとドキュメンテーション
  • これからのチームの時代に向けてWebディレクターに転職するのはかなりオススメ
  • 転職を成功させるには、実際に営業でヒアリングしてみたり、ホームページを作ってみたりするのが大切
  • コピーライティングやマーケティングを学ぶ
  • 未経験者なりに将来できることの可能性を提示しよう

ざっくりこんな感じです。

将来に不安を感じている方、Web業界に入りたい方は、是非Webディレクターを目指してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しょーたこ

愛知県在住/24歳 柔道整復師兼Webマーケター/怒られれば倒れるほどHSP気質で鬱経験もあり。1人で働くためにWebマーケター、webライターのフリーランスとして活動を始める。医療人として月間2000万PVのメディアDoctorsMeで専門家としても活動しています。

-Webマーケティング
-,

© 2020 SHOTAKOBLOG Powered by AFFINGER5