MENU
おすすめweb・IT業界特化転職サイト3選

1位 type転職エージェント(IT)

  • IT・Web業界への転職に強い(IT業界の求人数の割合が高い)
  • 専任のキャリアアドバイザーによる転職希望者のスキルや経験に合わせた個別のサポートが可能
  • typeを利用して転職した人の約71%が年収アップ

こんな人におすすめ

  • ITエンジニアや営業・企画職の人におすすめ
  • 最新のIT技術やスキルを活かす仕事を探している人
  • 経験が浅いが、IT業界転職に挑戦したい
  • IT業界で新たな業務や職種に挑戦したい

\利用者の年収アップ率約71%!/


2位 レバテッククリエイター

  • クリエイター職種に特化した転職エージェントで、デザイナーやエンジニアなどの求人情報が豊富
  • クリエイター職種に特化しているため、ポートフォリオの添削やアドバイスが受けられる

こんな人におすすめ

  • デザイナーやエンジニア、プログラマーなど、クリエイター職種で転職を検討している人
  • よりクリエイティブな職場を求める人
  • ポートフォリオに自信がない人: ポートフォリオの添削やアドバイスが受けられるため、作品に自信がない人に適しています。

\クリエイター職種で転職するなら!/


3位 Geekly

  • IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービス
  • 大手を中心に募集中求人数は、24,000件以上!
  • 独自のマッチングアルゴリズムにより、求職者のスキルや希望条件に合った求人情報を効率的に提供
  • オンラインでの面談やサポートが可能

こんな人におすすめ

  • 自分に合った求人が見つからない人
  • オンラインで転職活動を行いたい人
  • 転職後のサポートが欲しい人

\自分にあった転職先を見つけたい方におすすめ!/

50代におすすめの転職サイト&転職エージェント12選!男性・女性向けも解説

 本サイトはプロモーションが含まれています。詳しくはこちらから。

筆者の経歴
Sou

初めまして、Sou(@Sou_Gadget)です!

✔未経験からWebマーケ企業に入社し、Webマーケコンサルタント、メディア運営者として7年経験
✔自身でも4回の転職経験あり
✔現在は独立し、フリーランスWebマーケターに転身(4期目)
✔これまで500社以上の企業のWebマーケティングコンサル実績
✔数々の転職エージェント、転職サービスについて徹底調査中

50代におすすめの転職サイトってどこ?

50代の転職は厳しいって聞くけど、実際どうなの?

転職するのは難しいと言われている50代でも、相性の良い転職サイト・転職エージェントを利用すれば転職成功の確率を上げることが可能です。

求人を探せる転職サイトだけでなく、転職のプロのアドバイザーに相談できる、転職エージェントも利用することが重要であると言えるでしょう。

この記事で分かること
  • 50代におすすめの転職サイト・転職エージェント
  • 自分に向いている転職サイト・転職エージェント
  • 50代の転職事情
おすすめの人
  • 50代でどの転職サイトを使うべきか迷っている人
  • 自分がどの転職サイト・転職エージェントを使うべきか知りたい人
  • 50代で転職を成功させたい人

50代はこれまでの経歴やキャリアによって向いている、向いていない転職サイト・転職エージェントもハッキリ分かれるため、本記事を参考に最適なサービスを見つけていきましょう。

【50代におすすめの転職サイト3つピックアップ!】

スクロールできます
リクルートエージェント業界No.1の求人数を誇る転職エージェントリクルートエージェント
doda(デューダ)求人数豊富で、転職サイト・転職エージェントの使い分けも可能doda(デューダ)
JACリクルートメントハイクラス・ミドル転職に特化。50代と相性抜群JACリクルートメント
目次

厳選!50代におすすめの転職サイト・転職エージェント3選ピックアップ

厳選!50代におすすめの転職サイト・転職エージェント3選ピックアップ

50代の方には、まずは求人数が豊富なリクルートエージェントdoda(デューダ)、ハイクラス転職を狙えるJACリクルートメントがおすすめです。

他の年代に比べて、50代は求人が少ない傾向にあります。

そのため、業界トップの求人数を誇るリクルートエージェントdoda(デューダ)であれば、紹介できる求人数も多く選択肢も広がるでしょう。

さらに、経歴・キャリアの充実した50代は、即戦力としてハイクラス・エグゼクティブ転職も可能です。

ハイクラス、ミドル転職に特化したJACリクルートメントが、50代との相性抜群のためおすすめします。

スクロールできます
リクルートエージェント業界No.1の求人数を誇る転職エージェントリクルートエージェント
doda(デューダ)求人数豊富で、転職サイト・転職エージェントの使い分けも可能doda(デューダ)
JACリクルートメントハイクラス・ミドル転職に特化。50代と相性抜群JACリクルートメント

どの転職サイトがいいか迷った際は、リクルートエージェントdoda(デューダ)JACリクルートメントに登録してみましょう。

50代におすすめの転職サイト・転職エージェント

50代におすすめの転職サイト・転職エージェント

50代におすすめの転職サイト・転職エージェントを、厳選して紹介していきます。

ここでは求人数が多く職種の選択肢も多い総合型から、職種に特化した総合型まで、50代におすすめの転職サイト・転職エージェントを選びました。

どのような転職サイト・転職エージェントがあるのか見ていきましょう。

紹介する転職サイト・転職エージェントは以下の7つです。

  • doda(デューダ)
  • リクルートエージェント
  • パソナキャリア
  • レバテックキャリア
  • エンワールド
  • アクシスコンサルティング
  • ジャスネットキャリア

doda(デューダ)

doda
引用:公式サイト

知名度、実績も十分であるdoda(デューダ)は、豊富な求人のなかから、50代の方にも紹介可能な求人を見つけやすい点がメリットです。

50代と検索するだけで13,866件(2023年5月現在)もヒットします。

職種・業種の幅も広く、これまでの経験を活かせる仕事を見つけることができるでしょう。

さらに、doda(デューダ)は転職サイトとして求人を探せるだけでなく、転職エージェントとしても利用することができます。

ゆっくり求人を探してみたい人は転職サイトとして、アドバイザーに転職先の相談をしたい人は転職エージェントとして活動すると良いでしょう。

非公開求人の評判が良いことを考えると、転職エージェントとして利用するのがおすすめです。

基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
タイプ総合型
公開求人数(非公開求人を含む)229,846件(2023年5月時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
公式サイトhttps://doda.jp/
参照:公式サイト

メリット・デメリット

メリットデメリット
転職サイト、転職エージェントを使い分けできる
50代向毛の求人も充実
非公開求人が好評
デメリットアドバイザーの質に差がある
興味のない求人を紹介されることも

doda(デューダ)の一番のメリットは、転職サイトと転職エージェントを使い分けることができるところです。

応募したい求人を見つけても、転職エージェントではアドバイザー経由でしか応募することができません。

doda(デューダ)は転職サイトであるため、公開されている求人は自分で応募することができます。

ただし、エージェントにより手厚いサポートは受けられないため、経歴書なども自身で調べて仕上げなければなりません。

転職成功の確率を上げたい人は、転職のプロによる書類の添削、企業ごとの面接対策もできる転職エージェントとして利用することをおすすめします。

口コミ

米国人の平均転職回数は約10回くらいと言われておりスキルアップや収入アップのために積極的に転職をします💵
仕事柄、多くの人に関わりますが
40代や50代でも転職する人は増えていますし専門性やスキルが高い人は50代の方でも企業は求めていますよ😊
引用:Twitter

50代の転職に抵抗を感じる方もいますが、経験豊富な人材として求める企業はいくらでも存在します。

日本では転職回数が多いことがネガティブにとらわれがちですが、徐々に40代、50代の方の転職も増えてきている傾向です。

これまでの経歴とキャリアを活かして、前向きに転職活動をおこなっていきましょう。

dodaに登録して
メールがたくさん来て困ってる
人たち。
心配しないで、キャリア形成失敗した
50代の人が登録したら
メールなんてほぼ来ないから。
メールがたくさん来る人は
希望があるんだ!
引用:Twitter

doda(デューダ)に限ったことではありませんが、転職サイトや転職エージェントに登録すると、連絡がたくさんきて面倒に感じる方も多いようです。

ですが、転職が難しいとされる50代の方ですと、連絡があまりこなくて求人が紹介されないと困ることもあるようです。求人が少ないと感じた際は、他の転職サイト・転職エージェントも併用して転職活動を進めていきましょう。

エージェントによって、持っている案件が全然違うので複数登録されるとよいと思います。リクルート、デューダの2強と、ミドルの転職、ビズビーチあたりが案件の質は良い印象です。まだまだ売り手市場ですし、正社員も全然いけると思いますよ!私の職場でも40〜50代キャリア採用たくさんいますよ!
引用:Twitter

経験豊富な50代は即戦力としてキャリア採用される可能性も高いです。定年が伸びて50代も戦力として採用する企業が増えてきているようですね。

おすすめの人

doda(デューダ)がおすすめの人
  • 自分のペースで求人を探したい人
  • 求人数の多い大手の転職サイトが気になる人
  • 手厚いサポートも期待する人

doda(デューダ)は転職サイトとしても使いやすいと好評で、自分のペースで求人を探したい人におすすめです。

職種、地域だけでなく、自身が希望する働き方の条件にあわせて求人も見つけやすいですよ。

「家賃補助あり」「固定給35万以上」など、待遇や福利厚生で探せる点もdoda(デューダ)ならではです。

「早めに転職したい」「転職について相談したい」という方は、転職エージェントに切り替えて手厚いサポートを受けながらスピード感のある転職を実現しましょう。

リクルートエージェント

引用:公式サイト

リクルートエージェントは転職サイト・転職エージェント業界最大級の求人数を誇ります。

50代向けの求人は少ない傾向にあるため、まずは求人数の多い転職サイト・転職エージェントから登録すると良いでしょう。

総合型の転職サイトであるため、職種や業種も幅広く取り扱っている点が、誰でも使いやすいメリットです。

アドバイザーに相談することで、自身の経歴やキャリアにあった求人を見つけてくれるでしょう。

基本情報

運営会社株式会社リクルート
タイプ総合型
公開求人数380,787件(2023年5月時点)
非公開求人数270,747件(2023年5月時点)
対応地域全国+海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
参照:公式サイト

メリット・デメリット

メリットデメリット
業界最大級の求人数
求人紹介数の数が多い
転職のプロが丁寧にサポート
連絡がしつこいと感じることもある
希望に合わない求人を紹介されることもある

リクルートエージェントは業界最大級とも言われる求人数が一番のメリットです。取り扱う職種・業種も幅広く、多くの方のニーズに応えることができます。

「50代に紹介できる求人があるのか不安」という方でも、これまでの経験を生かした求人を紹介してくれますよ。

一方で、希望に沿わない求人を紹介されたり、求人紹介の連絡が多すぎると感じる人もいます。

たくさんの良い企業を早く紹介したいと思うエージェントは、メールや電話で連絡してくることもあるようです。

とはいえ、50代の転職は難しいとされているため、多めに求人を紹介してもらえるのはメリットと捉えることもできますね。

口コミ

密かに、空いた時間を利用して転職活動
転職活動をする暇が無く、中々前職から離れられない状況でした。そんな中でネットを利用しての転職を視野に入れたのですが、かなり良かったです。
私が利用したリクルートは仕事の幅が広く豊富で、自分ごのみの職場が探しやすかったです。なるべく、次回が無い事を祈りますが、もし転職をしたいときには再度利用したいと思います。
引用:みん評

職業案内所やハローワークを利用しようと思うと、直接支店に行く必要があったり時間がかかったり大変です。働きながらではなかなか思ったように転職活動を進められなかったりします。

口コミの方は、ネットで求人を探せるリクルートエージェントなどを利用し、使いやすかったと評価しています。

転職サイト・転職エージェントはネットを利用して自宅で簡単に求人を探せるところがメリットですね。

50代後半で予期せず転職が必要となりました。
2か月後、初めて応募をお願いした際、今までの会社を離職した理由を教えて欲しいと聞かれたので さすがにおかしいと感じ電話での話を要求、初めて話をすることができましたが、それにより私が送った経歴書は全く参照・理解されていないことが分かりました。
本人からは担当者変更も可能である旨説明を受けましたが、担当者の問題ではないと感じました。
引用:みん評 

急に転職をしないといけなくなると困ってしまいますね。そんななか、エージェントの対応もあまり良くなかったようで、評価も低評価です。

担当するアドバイザーによってエージェント自体の質も変わるため、違う方に担当を変更するだけでも改善する可能性もあります。

担当者のよって質が違うんですが、リクルートエージェントの私が担当してもらった人は知人からの紹介だったけどすごくよかったですよ。知人は50代だけど転職成功してましたし。興味あれば紹介しますので言ってください。
引用:Twitter

こちらの口コミの方は、実際に50代の知り合いの方がリクルートエージェントを利用して転職を成功されたようですね。

50代でも転職成功できた実績が実際にあると、安心して利用できますね。

おすすめの人

リクルートエージェントがおすすめの人
  • 紹介できる求人があるのか相談したい人
  • 都心部以外の求人も見たい人
  • まずは大手の転職エージェントに登録したい人

リクルートエージェントは「50代だけど紹介できる求人はある?」「希望や条件を叶えた企業を紹介してほしい」など、50代の転職活動に不安を感じる人にもおすすめです。

業界大手のリクルートエージェントなら、豊富な求人の中から、希望や条件に沿った求人を紹介してくれるでしょう。

どの転職サイトに登録するか迷った際は、リクルートエージェントがおすすめです。

さらに、職種に強いこだわりがある人、履歴書に記入できる経歴やキャリアがある人は、特化型の転職サイト・転職エージェントも併用すると選択肢を広げることができますよ。

パソナキャリア

パソナキャリア
引用:公式サイト

パソナキャリアは人材派遣業界で知名度の高いパソナが運営する、総合型の転職サイト・転職エージェントです。

求人数はリクルートエージェント、doda(デューダ)に劣るものの、オリコン顧客満足度No.1の実力をもつ、マッチング度の高さが強みと言えるでしょう。

求人の約半数が年収800万円以上とされ、ハイクラス転職を狙う50代の方にもおすすめできます。

幅広い職種・業種をチェックしたい人から、自身のキャリアに見合った年収を期待する人まで、幅広く対応できるでしょう。

基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
タイプ総合型
公開求人数(非公開求人を含む)229,846件(2023年5月時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/
参照:公式サイト

メリット・デメリット

メリットデメリット
マッチング率の高さに期待
キャリアに見合った転職も期待できる
女性の転職にも理解が深い
求人数は大手に劣る
対応の悪いアドバイザーもいる

パソナキャリアのメリットは、満足度の良さから期待できるマッチング度の高さです。

キャリアや経歴だけでなく、利用者と企業との相性まで考えて求人を提案してくれます。

もちろん、年収などの条件も大事ですが、長く務める会社とは良好な関係でいたいと誰しも思うでしょう。

また、女性の転職への理解も深く、「女性活躍推進コンサルティングチーム」のもと手厚いサポートが期待できますよ。

口コミ

紹介数を競うよりも適合しそうな案件を紹介してくれていると感じました。また、面談の際もアドバイザーの方がより親身になってくれました。(管理部門職)
引用:パソナキャリア公式サイト

マッチング度の高さが好評のパソナキャリアは、求人の紹介数よりも質を重視しているようですね。

本当に自分にあった企業を厳選して提案してもらえるのは有難いです。転職活動をより効率的に進められます。

紹介件数の多さの裏返しになるため、一概には言えませんが、希望条件から外れている求人がしばしばあったので、もう少し絞り込んで紹介してもらう方が良いかと思います。(大阪)
引用:パソナキャリア公式サイト

こちらの口コミの方は紹介してくる求人が、あまり希望に合っていなかったようです。

アドバイザーの質が高いと評判のパソナキャリアですが、なかには不満に感じる方もいます。その際は、遠慮せずに担当を変えてもらうよう申告しましょう。

紹介求人のマッチ度や書類選考の通過確度が高く、エージェントとしてのフォローが他社と比べても素晴らしい。(IT・DX・Web・インターネット業界)
引用:パソナキャリア公式サイト

利用者一人ひとりの満足度を大切にしてくれていることが分かりますね。

書類選考の通過率の高さは、マッチ度の高さ、アドバイザーの書類の作成精度なども関係してきます。他の転職エージェントと比べてもサポートがよかったと高評価です。

おすすめの人

パソナキャリアがおすすめの人
  • 自分にあった求人を厳選して欲しい人
  • 希望する年収が高い人
  • 万全なサポートを期待する人

パソナキャリアは求人の紹介数よりも、マッチ度の高い、厳選された求人に魅力を感じる人におすすめです。

さらに、ハイクラス転職に強いことで、収入アップや希望する最低限の年収の希望がある人にも、利用しやすい転職サイト・転職エージェントであると言えるでしょう。

業界ごとに専任の担当が在籍しているため、業界に強い転職のプロからの心強いバックアップを期待できます。

パソナキャリアの強みである「マッチング力」「提案力」を存分に活用しましょう。

レバテックキャリア

引用:公式サイト

レバテックキャリアはIT業界やWeb業界に特化した転職サイト・転職エージェントです。

エンジニアやデザイナー、マーケターなど、これまでの経験を生かして転職したい50代の方におすすめします。

様々な求人を扱う総合型とは違い、特化型の求人サイト・転職エージェントは、職種を絞った求人を保有している点が特徴です。

その分、アドバイザーの業界への知見も深く、細分化された職種や言語ごとに活躍できる転職先を提案します。

基本情報

運営会社レバテック株式会社
タイプ地方への転職に特化した転職エージェント
公開求人数約21,900件(2023年5月時点)
非公開求人数非公開
対応地域京都、兵庫、千葉、大阪、愛知、東京、熊本、神奈川、福岡
公式サイトhttps://career.levtech.jp/
参照:公式サイト

メリット・デメリット

メリットデメリット
職種に特化した求人が見つかる
業界に強いアドバイザーに相談できる
キャリアや経歴に見合った求人が見つかる
求人を紹介されないこともある
アドバイザーの質には差がる可能性も

レバテックキャリアはIT・Web業界に特化していることで、職種を絞った求人を見つけやすい点がメリットです。

50代の経験者であれば経歴とキャリアは十分のため、特化型の転職サイト・転職エージェントで能力が足りないからと紹介されない心配はありません。

50代という年齢がネックにはなってしまいますが、即戦力を欲しがる企業は多いため、積極的にエージェントは活用していきましょう。

公開されている求人を見ても、経験者を求める役職の求人や、年収800万円以上なども見つかりますよ。

口コミ

45歳での転職活動で利用しました。
キャリアアドバイザーの方に協力頂き、無事転職先が決定しました。
最初の頃はなかなか内定がもらえず、途中で方向性を変えたのですが、そのときにも相談に乗って頂き、新しい企業を紹介頂きました。
応募する企業の数など進め方について、面接でのポイントについて、などアドバイス頂きました。
また、応募先の企業との調整にも柔軟に対応頂きました。
その結果、複数の内定を獲得でき、納得した形で転職先を決めることができました。
引用:Googl

40代での転職活動の口コミですが、手厚いサポートのおかげで転職できたそうです。

始めの頃はうまくいかなかったそうですが、その時にもアドバイザーの方がしっかりフォローしてくれました。転職成功までじっくりサポートしていただけるのは心強いですね。

スケジュール調整などを代わりに行なっていただけるため、仕事をしながらの転職でしたが、両立しやすかったです。
ただ、手違いや連携不在が目立ったため星3にさせて頂きました。
引用:Googl

全体的にアドバイザーへの評判は良い印象ですが、なかには対応のよくなかったアドバイザーもいるようです。

どこの転職エージェントでもどうしても見つかる口コミではありますが、できれば改善してほしいですね。

キャリアアドバイザーの方が自分事のように親切にサポートしてくださいました。むしろ転職者より主体的で頑張ろうと思えました。
引用:Googl

アドバイザーの方が一生懸命だと、自分も頑張ろうと思えますね。

利用者以上に本気の姿を見たら、こちらもやる気になります。こういう方がアドバイザーだと不安に思う転職活動中も頑張れますね。

おすすめの人

レバテックキャリアがおすすめの人
  • エンジニア、デザイナー、マーケターなど
  • 一つの職種に精通している人
  • 業界ごとの万全なサポートを受けたい人

レバテックキャリアは業界に精通したアドバイザーがいるため、職種に特化した転職サイトを探している人におすすめです。

とくにレバテックキャリアはIT・Web業界に強いため、エンジニア、デザイナー、マーケターの方は使いやすいでしょう。

職務経歴書の書き方、面接対策など、万全なサポートが期待できます。

ITエンジニアが利用した転職エージェントNo.1にも選ばれるレバテックキャリアなら、満足度の高い転職成功も期待できるでしょう。

エンワールド

エンワールド
引用:公式サイト

エンワールドは外資系企業やグローバル企業の求人に強い、ミドルからハイクラス転職向けの転職サイト・転職エージェントです。

実力次第で中途採用にも積極的な外資系なら、自身の市場価値と活かせる業界がマッチすれば、ハイクラス転職にも期待できます。

年功序列よりも成果で判断される外資系であれば、キャリアや経歴次第では50代でも十分に転職を狙えるでしょう。

50代で転職を考えるなら外資系企業や日系グローバル企業も視野に入れたいという人は、ぜひ登録してみてください。

基本情報

運営会社エンワールド・ジャパン株式会社
タイプ外資系ハイクラス転職エージェント
公開求人数(非公開求人を含む)878件(2023年5月時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国
公式サイトhttps://enworlddigital.com/ad/
参照:公式サイト

メリット・デメリット

メリットデメリット
外資系、日系グローバル企業に強い
ハイクラス転職を狙える
年齢よりも実力主義
経歴、スキルに自信がある人向け
都心部の求人がメイン

エンワールドは外資系、日系グローバル企業への転職に強い点がメリットです。

ハイクラス転職を狙う50代の方も、十分に利用する価値がある転職サイト・転職エージェントであると言えるでしょう。

実力主義が性に合っているという方にも向いています。

一方で、経歴やスキルに自信が無いという人は利用が不向きというデメリットがあります。

自身のキャリアや市場価値を把握し、使いやすい転職サイトを利用すると良いですね。

また、都心部に求人が偏っている傾向にあるため、地方への転職を検討している方は、求人数の多いリクルートエージェントdoda(デューダ)等に登録してカバーしましょう。

口コミ

56歳になって転職エージェントに登録。
紹介案件は先細り、コンサルタントの連絡もなくなりがち。
そんな中で「エンワールド」から粘り強い連絡がある。転職決定者の半数以上が40代以上、50代の案件も少なくない実績があって、心強い。
引用:Twitter

ミドル、ハイクラス転職にも強みをもつエンワールドは、40代・50代の方の転職支援実績も豊富です。

同年代の方の意見はとても参考になりますね。外資系、グローバル企業に興味のある50代の方にとって、エンワールドは強い味方となってくれるでしょう。

今回の担当者の方は非常に親身になっていただき、一緒になって転職を勝ち取ったという印象です。
ただ、以前ご担当いただいた方は一本も電話を下さらない方もいらっしゃり、担当者の方によっては対応が全く異なるため、この星の数にさせていただきました。
今回の担当者の方であれば、ぜひ友人にも推薦したいと思います。
引用:Google

担当するアドバイザー次第で対応が変わるのは良い印象ではありませんね。

今回の転職活動では良いアドバイザーの方に担当してもらえたようですが、担当によって求人の質も変わるのは困りますね。

就業後も続く手厚いフォロー
びっくりしたのはエージェントの質の高さ、親身なサポートでした。
業界知識が豊富で、こちらが準備不足であったところはきちんと指摘し、その上で真摯にサポートしてくれます。面接官や応募状況の背景を鑑みた的確なアドバイスにも助けられました。4人とお話ししましたが、どの方も信頼できるエージェントでした。
就業後も専用のwebツールを使って入社後の雰囲気や前職との違い、上司の人柄などそのコンディションを確認して必要ならサポートしてくれます。転職活動中はともかく、就職後も手厚くフォローしてくれるとは思っておらず有難かったです。
引用:みん評

終業後までアフターフォローがあるのは驚きですね。慣れない職場で大変な中、変わらずサポートしてもらえると助けになります。

おすすめの人

エンワールドがおすすめの人
  • 外資系企業、グローバル企業に興味のある人
  • 自身の市場価値を知りたい人
  • 経歴、スキルに自信のある人

エンワールドは外資系企業、グローバル企業に興味のある人、経歴やスキルに自信のある50代の方がおすすめの人です。

自身の市場価値を図りたいという50代の方も、アドバイザーに相談することでどのようなポジションを狙えるのか把握できます。

転職して終わりではなく、終業後まで続く手厚いサポートまで期待する人もおすすめですよ。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング
引用:公式サイト

アクシスコンサルティングはコンサルティング業界に特化した転職サイト・転職エージェントです。

コンサルタントとして働く4人に1人が登録しているとされる、コンサルティング業界で最大級の転職支援サービスとなっています。

コンサルティング業界に長年携わってきた50代の方におすすめです。

特化型の転職サイト・転職エージェントであるため、効率よく転職活動をおこなえるでしょう。

基本情報

運営会社アクシスコンサルティング株式会社
タイプコンサルティング業界特化型転職エージェント
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域全国
公式サイトhttps://www.axc.ne.jp/
参照:公式サイト

メリット・デメリット

メリットデメリット
コンサルティング業界に特化した求人
業界に精通したアドバイザー
平均サポート期間は3年間
経験、知識の浅いアドバイザーもいる
質の悪い求人も紛れていることもある

アクシスコンサルティングはコンサルタントとして実績がある50代の方にとって、効率的に転職先を探せるメリットがあります。

コンサルティング業界特化型の転職サイト・転職エージェントであるため、コンサルティングファーム、ポストコンサル、フリーコンサルなど、自身にあった求人を提案可能です。

また、転職エージェントのサポート期間は3ヶ月程度が目安であるなか、アクシスコンサルティングの平均サポート期間は3年ととても長くなっています。

じっくり良い条件の転職先を見つけたい50代の方に、ぴったりな転職サイト・転職エージェントであると言えるでしょう。

口コミ

だいぶ前にはなりますが、転職活動で大変お世話になりました。長い目で見た今後のキャリアのためのご支援をしていただいたことに、心より感謝しております。
引用:Google

だいぶ前にお世話になったという口コミの方ですが、あとになって投稿するということは転職に満足しているということですね。

終業後に良い口コミをするということは、転職先の環境が良かったと読み取れます。利用者一人ひとり丁寧にサポートいただけるアクシスコンサルティングなら、利用してみたいと思えますね。

問い合わせしても、全然返事がありません。
引用:Google

問い合わせても返答がないと使う気になれませんね。たまたま忙しい時期だったのかもしれませんが、残念な気持ちになります。

転職活動が滞ってしまわないように、転職サイト・転職エージェントは複数登録することが重要です。

コンサル転職時に使用したエージェント一覧
・コンコード
・アクシスコンサルティング
・ムービン
この中で自分にあうエージェントを選べば間違いなし
引用:Twitter

実際にコンサルティング業界への転職をした方が、アクシスコンサルティングをおすすめしていました。

特化型の転職サイト・転職エージェントは一つだけではありませんので、自分にあったサービスを利用すると良いですね。

おすすめの人

アクシスコンサルティングがおすすの人
  • コンサルティング業界に勤めていた人
  • 業界の知識の深いアドバイザーに相談したい人
  • 長く付き合える転職エージェントが良い人

アクシスコンサルティングは、利用者のサポート期間が平均3年間ととても長い点が特徴であり魅力です。

そのため、転職活動を通して、長く付き合える良きパートナーを求めている人におすすめの転職サイト・転職エージェントであると言えるでしょう。

ここまで長い期間サポートをおこなう転職サイトは、なかなかありません。

じっくり良い企業を探したいコンサルティング業界希望の50代の方におすすめします。

ジャスネットキャリア

引用:公式サイト

ジャスネットキャリアは経理・財務・会計に強い特化型の転職サイト・転職エージェントです。

経理経験者のアドバイザーも多く、経理職、税理士公認会計士の方が選ぶ転職エージェントNo.1を獲得しています。

職種にこだわって転職先を探したい50代の方におすすめです。

エージェントを介さずに応募もできるため、使い勝手の良い転職サイトであると言えるでしょう。

基本情報

運営会社ジャスネットコミュニケーションズ株式会社
タイプ経理・財務に特化した転職エージェント
公開求人数(非公開求人を含む)約3,500件(2023年5月時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
公式サイトhttps://career.jusnet.co.jp/
参照:公式サイト

メリット・デメリット

メリットデメリット
経理、税理士、会計士の方から選ばれる転職サイト
転職サイト・エージェントの両面の良さをもつ
働きやすさ重視の求人も見つかる
求人数は多くはない
地方の求人はすくない

ジャスネットキャリアはもともと会計士の方が創業した会社です。

そのため、経理、税理士、会計士への知識は総合型の転職サイト・転職エージェントと比較になりません。

また、転職エージェントでは珍しく、自分で求人に応募できるなど、転職サイトとしても使い勝手の良さもメリットと言えるでしょう。

利用者の働きやすさを重要視し、様々な取り組みやコンテンツが魅力です。

大手に比べて求人数の少なさが気になるところではありますが、特化型の利点である求人の質に期待しましょう。

口コミ

人材紹介で登録し、エージェントの方の支えもあり無事転職活動に成功しました。この状況下で転職は厳しいと思っておりましたが、以前よりもライフワークバランスの取れる会社に就業いたしました。今後も現在の会社に貢献したいと思います。
引用:Google

利用者の働きやすさを一番に、より良い環境の職場を紹介してくれると有難いですね。

口コミの方はライフワークバランスのとれる企業を探してもらい、実際に良い環境を手に入れたようです。

丁寧なサポートが好評のジャスネットキャリアならではですね。

・MS-Japan
・ジャスネットキャリア
・リクルートエージェント
これらが大変お世話になりました。
経理経験者ならSYNCAも良いかもしれない。
引用:Twitter

経理職の転職にジャスネットキャリアをおすすめしている方が多い印象です。

50代の方で希望の職種がある方は、特化型の転職サイトがよさそうですね。

おすすめの人

ジャスネットキャリアがおすすめの人
  • 経理、税理士、会計士の人
  • 業界の知識があるアドバイザーに頼りたい人
  • プライベートも大切にしたい人

ジャスネットキャリアは、ワークライフバランス重視、転勤なしなど、働きやすさも重視したい50代の方におすすめです。

経理、税理士、会計士の経験者であることはもちろんですが、どのように働きたいかにもこだわって相談したいという方にぴったりの転職サイト・転職エージェントであると言えるでしょう。

口コミの評判も良いため、満足のいく転職を目指したい方におすすめです。

50代男性におすめの転職サイト・転職エージェント

50代男性におすめの転職サイト・転職エージェント

同じ50代でも、男性におすすめしたい転職サイト・転職エージェントをピックアップしました。

50代男性におすすめの転職サイト・転職エージェントは以下の2つです。

  • リクルートダイレクトスカウト
  • JACリクルートメント

リクルートダイレクトスカウト

引用:公式サイト

リクルートダイレクトスカウトは登録することで直接企業からスカウトを受けることができる、ハイクラス転職向けの転職サイト・転職エージェントです。

運営は大手のリクルートが運営しており、知名度も実績も申し分ないサービスであると言えます。

レジュメを登録し、スキルや経歴を見て気になった登録者に対して、企業からメッセージが届く仕組みのため、経験豊富な50代の方にもチャンスがあると言えるでしょう。

年収を下げたくない、ハイキャリア・エグゼクティブ転職を狙う50代の方におすすめです。

基本情報

運営会社株式会社リクルート
タイプハイクラス向けスカウトサービス
公開求人数465,118件(2023年5月時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
参照:公式サイト

メリット・デメリット

メリットデメリット
レジュメを登録したらスカウトを待つだけ
経歴、スキル次第で役職のチャンスはいくらでも
非公開の求人が豊富
興味のないスカウトも届くことがある
希望する条件でスカウトがこないことも

リクルートダイレクトスカウトは、レジュメを登録したら後は待つだけという手軽さがメリットです。

企業がスカウトしたくなる、魅力的なレジュメを作成しなければいけないという最初のハードルはあります。

ですが、転職活動をおこなわなくて良いと考えると、メリットは大きいと言えるでしょう。

ただし、希望した条件に合わないスカウトが届くこともある点はデメリットです。

口コミ

📺50代の転職活動🤏実況中継📺
先程のメールは、
リクルートダイレクトスカウトの
FIT HUNTERスカウト‼️でした。
年収の高いオファーが多いとのことで、
ちょっと気持ちがユラユラしています。
せっかくの機会なので、
営業部長の話を伺ってみようかな?と。
ヘッドハンターって、怖いのかな?
引用:Twitter 

実際に50代の方がリクルートダイレクトスカウトを利用し、スカウトをいただいたようです。経験豊富な50代は役職のエグゼクティブ転職にも強みを持っているようですね。

これまでの経験を活かして転職先でも活躍しましょう。

リクルートダイレクトスカウト、割と意味不明なスカウト多めのようだ
引用:Twitter 

希望する条件にあっていない、そもそもレジュメをちゃんと見ていない企業からのスカウトも届くようですね。

気になるスカウト以外は気にしないようにしましょう。

#ビズリーチ と #リクルートダイレクトスカウト に登録した。全く同じ内容で登録して、ビズリーチでは1年間殆どコンタクトなかったが、最近リクルートに登録したら頻繁にコンタクトがあり、案件もかなりキャリアに合ってる。50代後半で諦めてたけど、見てるコンサルが違うのかも。
引用:Twitter

自身のキャリアや経歴、年齢にあった転職サイト・転職エージェントを利用することで、転職活動もスムーズになります。

50代のこちらの口コミの方は、リクルートダイレクトスカウトに切り替えただけでキャリアに合った求人に出会えたそうです。

やはり転職サイト・転職エージェントは一か所に絞らず、併用したり、切り替えていくと良いですね。

おすすめの人

リクルートダイレクトスカウトがおすすめの人
  • 経歴やスキルに自信のある50代の人
  • ・転職を急いでいない人
  • ・ハイキャリア、エグゼクティブ転職を希望する人

リクルートダイレクトスカウトは経験が浅いとスカウトが来ない可能性もあるため、経歴やスキルに自信のある50代の方におすすめです。

もともと管理職の人、企業が魅力に感じる経歴のある人は有利に働くでしょう。

ただし、条件にマッチした企業からいつスカウトが来るのかは分かりません。ですので、転職を急いていない人に向いていると言えます。

とはいえ、登録してすぐに反応があったという口コミも多いです。

働きながら登録し、良い転職先が見つかったら検討するという方法も良いでしょう。

JACリクルートメント

JACリクルートメント
引用:公式サイト

JACリクルートメントはハイクラス・ミドルクラス転職5年連続No.1を誇る転職エージェントです。

ミドル転職に重点を置いているため、50代の方にもおすすめできる転職サイト・転職エージェントであると言えるでしょう。

サイト内の求人検索を見ても、「課長・マネージャー」「部長・役員クラス」「外資系への転職」など、ハイクラスへの転職に特化していることがわかります。

管理職、専門職など、経歴やスキル、信頼関係も必要となってくる転職は、公には公開されていないことがほとんどです。

ハイクラス・ミドル転職を狙う50代の方は、転職エージェントを利用するのが最良だと言えます。

基本情報

運営会社株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
タイプハイクラス・ミドルクラス転職特化の転職エージェント
公開求人数約25,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/
参照:公式サイト

メリット・デメリット

メリットデメリット
50代に使いやすいミドル転職に特化
ハイクラス転職を狙える
約43万人もの転職支援実績あり
希望する条件にある求人がないこともある
アドバイザーの質に差がある

JACリクルートメントのメリットはミドル転職に特化していることで、50代も使いやすい転職サイト・転職エージェントであるところです。

大手の総合型では求人数は多いものの、質の悪い求人も紛れている可能性も高くなります。

その点、ハイクラス転職に絞って転職サイトを利用することで、条件に合った求人も見つけやすくなるでしょう。

一方デメリットには、希望する条件によっては紹介できる求人が見つからないということもあります。

転職を急いでいる方は複数の転職サイトを併用し、選択肢を広げておくと良いでしょう。

口コミ

57歳転職。内定通知書が一つ届きました。
50代転職には転職エージェントは必須。
お勧めは2社
・リクルートエージェント(忙しそう)
・JACリクルートメント(ミドル№1)
お金はもらっていません。
引用:Twitter

こちらの口コミの方は57歳で転職活動をおこない、内定を獲得できたそうです。50代の転職活動の際は転職エージェントを利用するのが良いともコメントしています。

おすすめの転職エージェントの中にJACリクルートメントもあるのは、50代でどの転職エージェントを利用すべきか迷っている人にとって朗報です。

様々なサイトやブログで高評価でしたが、感想としては合わなかったです。
細かく志望を聞いてくださったり、履歴書の訂正をしてくださったエージェントさんには感謝しております。
ただ、数名のエージェントが最低でした。
社員教育徹底されてないですね。
引用:みん評

アドバイザーの対応も良いと評判のJACリクルートメントですが、なかには印象の良くないアドバイザーもいるようですね。

担当が合わないと感じた際は、変更を申し出るようにしましょう。

50代男性がこの #コロナ禍  で #転職 に成功した体験談が届きました!
年収減を理由に転職活動され、ベンチャー企業で成長戦略のポジションを勝ち取り #年収アップ に成功。
JACリクルートメントを利用され満足度がほぼ満点の大絶賛でした
最近のJACの口コミは軒並み高評価です!
引用:Twitter

JACリクルートメントを利用して転職に成功した50代の方の口コミです。実際に嬉しい報告が見つかると、利用してみたいと思えますね。

ハイクラス・ミドル転職に特化したJACリクルートメントは、やはり50代と相性が良いと推測できます。

おすすめの人

JACリクルートメントがおすすめの人
  • 経歴、スキルを活かして見合ったポジションを望む人
  • 実績のある転職サイト・転職エージェントを利用したい人
  • エージェントに頼りたい人

JACリクルートメントは、長年のキャリアを生かせるポジションを希望する人におすすめです。

ハイクラス、ミドル転職に特化しながら、約43万人もの転職支援実績のあるJACリクルートメントなら安心して任せられるでしょう。

転職サイトで自身で求人を探すより、エージェントに任せたいという方にもおすすめです。

責任の重い役職への転職は、JACリクルートメントなどの非公開求人の質が高い転職サイト・転職エージェントをおすすめします。

50代女性におすすめの転職サイト・転職エージェント

50代女性におすすめの転職サイト・転職エージェント

50代の女性の方は、女性向けの転職サイト・転職エージェントに登録すると、求人を見つけやすくなります。

アドバイザーの方も女性の転職支援に特化しているため、相談しやすいでしょう。

50代女性におすすめの転職サイト・転職エージェントは以下の2つです。

  • type女性の転職エージェント
  • LIBZ(リブズ)|旧LiBzCAREER(リブズキャリア)

type女性の転職エージェント

引用:公式サイト

type女性の転職エージェントは、女性が働きやすい企業に特化した求人が集まる転職サイト・転職エージェントです。

家庭とのバランスを取りたい女性や、子育てが落ち着いて働きに出たい方まで、様々なニーズにあわせて求人を紹介します。

まずは求人を調べてみたいという方は、転職サイトの「女の転職type」もおすすめです。

どちらも女性の転職に特化したサービスであるため、女性におすすめという点は変わりません。

基本情報

運営会社株式会社キャリアデザインセンター
タイプ女性のための転職エージェント
公開求人数(求人総数)約28,761件(2023年5月時点)
非公開求人数約18,192件(2023年5月時点)
対応地域全国+海外
公式サイトhttps://type.woman-agent.jp/
参照:公式サイト

メリット・デメリット

メリットデメリット
女性に特化した求人が充実
様々なニーズに合わせた求人も豊富
50代活躍の職場も多数掲載
紹介できる求人が少ないこともある
専門職の求人は少ない可能性も

type女性の転職エージェントは、ライフステージに合わせた女性の様々なニーズに対応できる求人が充実しているところがメリットです。

これまでの経験を生かして働きたい50代の方や、社会復帰を目指す主婦の方など、利用者一人ひとりの希望にある求人を提案します。

メリットがある一方で、希望する職種や条件によっては紹介可能な求人が少ないというデメリットがあります。

女性向けの求人に特化している分、全体的な求人数は大手の総合型転職サイト・転職エージェントと比べると多くはありません。

良い求人が少ないと判断する場合は、複数の転職サイトを利用してみることをおすすめします。

口コミ

女性が転職しやすい求人が多い
女性を積極的に採用している求人が多いので、無駄な転職活動をする必要がありません。
求人情報の詳細がしっかり記載されているので、職場環境がイメージしやすいのもいいなと思いました。
引用:みん評

女性向けの求人が充実しており、効率よく転職活動をおこなえると高評価です。

女の転職typeを見ると、確かに求人ごとの情報量が多い印象です。写真が多い点も職場のイメージがつくので分かりやすくて良いですね。

首都圏での職探しにはおすすめできます
事務職を希望している為、女性専門の転職サイトなら求人数も多く転職成功につながるのではないかと期待して利用に踏み切りました。確かに首都圏では求人数が多く有利に転職活動をすすめられそうですが、私は地方在住の為期待していた程の求人数ではありませんでした。
引用:みん評

こちらの口コミの方は地方での転職を希望されていましたが、求人が少ないと感じたそうです。

どこの転職サイトも都心部に求人が偏りがちなので、良い求人が見つからない場合は、他の転職サイトも併用してみましょう。

女性で総合職への転職希望でサイトを利用しました。「女の転職」と名がある通り、女性の求人に特化していました。一般職でも総合職でも求人は他サイトと比較して充実していました。特に女性目線で育休や女性の割合などの詳細の記載があったのが見やすかったです。
引用:みん評

他の転職サイトと比べても一般職や総合職は充実していると感じたそうです。女性に人気の職種が揃っていると、気になる求人を見つけやすくて良いですね。

また、女性目線のつくりが良いと評価していました。

おすすめの人

おすすめの人
  • 女性向けの転職サイトを利用してみたい人
  • 働きやすさ重視の仕事を見つけたい人
  • 転職サイト・転職エージェントの両方調べたい人

type女性の転職エージェントは、女性向けの転職サイト・転職エージェントが気になるという50代の方におすすめです。

求人をゆっくりを探したい方は「女の転職type」を、アドバイザーに相談しながらがっつり転職活動をおこないたい方は「type女性の転職エージェント」と使い分けると良いでしょう。

キャリアに自信がない50代の女性の方は、まずは転職サイトを利用してみると良いですね。

「職種未経験OK」「女性管理職在籍」「土日祝休み」など、女性が気になる人気の条件から探しやすいところもメリットです。

LIBZ(リブズ)|旧LiBzCAREER(リブズキャリア)

引用:公式サイト

LIBZ(リブズ)は正社員以外にも、業務委託など、自身の働きやすさを重視した求人に特化している転職サイト・転職エージェントです。

リモートやフレックスの求人も多く、ライフワークバランスを大切にしたい50代の方ににおすすめします。

もともと女性に強いサービスであったため、女性の転職にも理解が深いです。

時短okやフレックス、さらに自身のキャリアを活かしたエグゼクティブ転職など。働き方にこだわりのある50代の方も満足できる転職サイト・転職エージェントであると言えるでしょう。

基本情報

運営会社株式会社リブ
タイプ女性の求人に強い転職サイト
公開求人数(求人総数)約400件(2023年5月時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
公式サイトhttps://career.prismy.jp/
参照:公式サイト

メリット・デメリット

メリットデメリット
女性が活躍できる求人が見つかる
活躍できる環境が見つかる
自分らしい働き方を模索できる
対応の遅い担当者がいる
希望する条件で求人が見つからないことも

LIBZ(リブズ)は女性メインの転職サイトであった名残りがあり、女性が活躍できる柔軟な働き方に強い点がメリットです。

「育児や家事とのバランスも大事」「自宅で働ける仕事をしたい」など、働きやすさを重視しながら、キャリアを活かして活躍できる環境を提案します。

現在は「自分らしい働き」を軸に、多様なニーズに合わせた求人が紹介可能となりました。

柔軟な働き方、エグゼクティブ案件を求める50代の男性にもおすすめです。

口コミ

松本さん、ありがとうございます!!
その後、リブズキャリア経由でスカウトをもらった企業に転職しました!経営陣も子育て中でまたママ社員も多く、最初から非常にマッチ感が高かったです。
奇しくも転職した先は採用支援業の会社なので、企業側としてリブズキャリアを使わせていただいております!
引用:Twitter

こちらの口コミの方は実際にLIBZ(リブズ)を利用し、スカウトいただいた企業へ転職成功しました。

希望通りの転職先が見つかると嬉しくなりますね。

私もしゆいさんとほぼ同じ!リブズさんは担当の方は親身になってくださり良かったのですが案件少なくて。(経験浅い職種を選ぼうとしていたからなおさら)パソナキャリアにどっぷりお世話になりました。パソナキャリアさんで転職できなくて申し訳なかったくらい。女性特化の部門もあるようです。
引用:Twitter

LIBZ(リブズ)の担当の方の対応は良かったけれど、求人数が少なく他の転職サイトも利用したという方です。

希望する条件や地域によっても求人数は異なるため、少ないと感じた際は他の転職サイトを頼ってみても良いでしょう。一か所にこだわりすぎないのも転職活動を効率的に進めるコツであると言えますね。

転職で使った求人サイト
・green
求人が探しやすい。スカウトが来やすい。ここから内定ゲット
・キャリトレ
自分に合った求人が表示される。スカウトが届く
・Wantedly
ベンチャーから面談オファーが来る
・ビズリーチ
年収600万円以上の求人が多い
・リブズ
求人の質が高い
・リクナビ転職
何気に穴場
引用:Twitter

転職活動をおこなっていたという口コミの方が、LIBZ(リブズ)を紹介していました。年収600万円以上の求人が多いと感じたそうです。

LIBZ(リブズ)は女性向けの柔軟な働き方に強い求人だけでなく、スキルを必要とする案件や、エグゼクティブ転職の支援にも力を入れています。

おすすめの人

おすすめの人
  • 女性が働きやすい求人を見つけたい人
  • 働き方にこだわりたい50代
  • 自分にあった働き方をしたい人

LIBZ(リブズ)はライフワークバランスを大切にしたい50代の方や、自分にあった仕事環境を見つけたい人におすすめです。

自身が活躍できる仕事環境と、プライベート、両方とも大事にできる環境を手に入れたい人に、ぜひ相談してみてほしい転職サイト・転職エージェントと言えるでしょう。

十人十色な働き方を模索できるのは、LIBZ(リブズ)の強みですね。

50代の女性にも男性にもおすすめしたい転職サイト・転職エージェントです。

50代のハイクラス転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

50代のハイクラス転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

経験豊富な50代は、即戦力としてハイクラス・エグゼクティブ転職にも向いています。

これまで積み上げてきた経歴・キャリアを携え、ハイクラスも視野に入れていきましょう。

50代のハイクラス転職におすすめの、転職サイト・転職エージェントは以下の2つです。

  • 転職ドラフト
  • リクルートダイレクトスカウト

転職ドラフト

転職ドラフト
引用:公式サイト

転職ドラフトは利用者が登録したレジュメを見て、魅力を感じた企業が手を上げるドラフト制の転職サイトです。

決まった期間になるとドラフトが開始。それまでにレジュメの審査に通過するとスカウトされる側として参加できます。

他の転職サイトとは一線を博した特徴的な転職サイトであるため、興味のある50代の方はぜひ登録してみると良いでしょう。

前職の年収は非公開というルールがあるため、自身の経歴、スキルがすべてです。これまでの収入や年齢に問わられず、自身の市場価値のみで勝負をしたい人におすすめします。

基本情報

運営会社株式会社リブセンス
タイプITエンジニア専門転職サイト
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域全国
公式サイトhttps://job-draft.jp/
参照:公式サイト

メリット・デメリット

メリットデメリット
レジュメを作成したらスカウト(オファー)を待つだけ
希望年収より90%以下のオファーはこない
前職の年収は関係ない
経歴、スキルがないとスカウトがこないことも
レジュメにも審査がある
エンジニア限定

転職ドラフトはレジュメの登録ができれば、あとはドラフトに参加してスカウトを待つだけという手軽さがメリットです。

「転職活動をおこなう時間がない」「条件の良い転職先をじっくり探したい」という50代の方にとって、利点の多い転職サイトであると言えるでしょう。

転職ドラフトには独自のルールが多く、企業は「利用者が提示した年収より90%を下回る年収は提示できない」などがあります。

また、前職の年収は非公開など、利用者を守るルールが多い点もメリットです。

ただし、レジュメには審査があり、審査に通過しなければドラフトに参加できないなどのデメリットもあります。ですが、審査は何度でも挑戦できたり、レジュメのフィードバックもおこなってくれるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

口コミ

いま開催中の転職ドラフト、こちらの「ID:21191」さん、50代中盤で1000万オファー!(^○^)
励みになります&僕もこのこの位の年齢になってもこういう金額をオファー頂ける人材でありたいものですw(-_-;)
それにしても今回の転職ドラフトは指名数も少ないし金額も渋めでちょっと寂しいですねw(^.^;)
引用:Twitter

転職ドラフトで1000万円のオファーを獲得した方がいたと紹介していました。実力のある人材を欲しがる企業はいくらでもいるということが分かりますね。

1000万円の年収を提示し、受け入れる企業がいるということもすごいです。経歴、スキル次第でいくらでも上を目指せる転職サイトであると言えます。

転職ドラフトで指名来た会社の面接で落ちたーん(´・ω・`) 
7月のも参加かな
引用:Twitter

指名がきても、残念ながら必ず転職成功するというわけではないようです。

ドラフトは月1回の頻度で開催していますので、次に向けてレジュメの改善をおこなうと良いでしょう。

転職ドラフトで良縁に恵まれ、自社開発企業に転職が決まりました!
バックエンドはGo, gRPCで開発しています。
年収も結構上がりました!
引き続き精進していきます!
引用:Twitter

転職ドラフトを利用し転職が決まったという方の口コミです。転職ドラフトで転職が決まると実力を認めてもらえたようで嬉しくなりますね。

おすすめの人

おすすめの人
  • 自身の市場価値を知りたい人
  • じっくり転職活動をおこないたい人
  • 実力で勝負したい人

転職ドラフトは自身の市場価値を知りたい人、実力で勝負したい50代の方がおすすめの人です。

企業側の判断材料は経歴やスキルのみ。

転職ドラフトで転職に成功すれば、これまでの経験を存分に発揮できる環境を手に入れられるでしょう。

ドラフトの開催は約1ヶ月周期となっていますので、じっくり良い縁を待ちたい50代の方におすすめします。

リクルートダイレクトスカウト

引用:公式サイト

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートが運営するスカウト機能に特化した転職サイトです。

経歴やスキルを登録するレジュメを見た企業のスカウト担当が、直接オファーを送る仕組みとなっています。

また、転職エージェントと同様に、利用者の希望とマッチした企業をヘッドハンターが提案可能です。

企業からスカウトと、ヘッドハンターから提案される両方の求人をチェックできるため、「待ち」の転職活動をおこなえる点がメリットであると言えるでしょう。

基本情報

運営会社株式会社リクルート
タイプハイクラス向けスカウトサービス
公開求人数465,118件(2023年5月時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
参照:公式サイト

メリット・デメリット

メリットデメリット
「待ち」の転職活動がおこなえる
紹介、スカウト両面のメリットがある
表にでない魅力ある求人が豊富
経歴、スキルが足りないとスカウトがこない
希望に沿わない求人も紹介される

リクルートダイレクトスカウトはエージェントからの提案と、企業からのスカウト、両面の良さをフルで活用できる点がメリットです。

エージェントであるヘッドハンターが利用者の希望にマッチした企業を探し、良い求人があると紹介してくれます。

スカウトを待つ以外の良さもあるところが、リクルートダイレクトスカウトならではのメリットです。

一方で、経歴やスキルが足りていないとスカウトが来ないなどのデメリットもあります。

向いていない転職サイトもありますので、合わないと分かってから慌てないためにも複数の転職サイト・転職エージェントに登録しておきましょう。

口コミ

ビズリーチとかリクルートダイレクトスカウト使ってる方は希望を書くといいオファーが来る確率上がります。
「こういう業界に興味ある」、「こうやって働きたい」、「こういうことをしたい」という記述は結構見てます。
引用:Twitter

スカウトを待つ転職サイトでは、自身の希望する働き方を記載すると良いそうです。

オファーの数が増えれば選択肢も広がり、より条件の求人に出会える確率を上げることができますね。

仕事が暇だから前々から興味のあった、リクルートダイレクトスカウトに登録してみた
企業の採用担当から直接オファーが来るかと思えば、エージェントと求職者のマッチング…業界最大手のダイレクト求人サービスの登場に期待してただけに残念
引用:Twitter

リクルートダイレクトスカウトには企業のスカウトだけでなく、エージェントから求人の紹介もくるようです。

企業から直接スカウトがくると期待している人にとって、あまり良い印象を受けません。

昔登録して放置してたリクルートダイレクトスカウト、職歴をちゃんと更新したら結構オファー届くようになった。いくつか話聞いてみよ。
引用:Twitter

レジュメを改善することでスカウトの数が増えたという口コミです。スカウトを待つ転職サイトでは、オファーの数はレジュメのでき次第で変わりそうですね。

自身の強みがしっかり伝わるよう、手を抜かずにレジュメを作成すると良い結果に結びつきます。

おすすめの人

おすすめの人
  • 経歴、スキルに自信がある人
  • 転職を急いでいない人
  • エージェントからの紹介も受けたい人

リクルートダイレクトスカウトは魅力を感じた人材に企業がスカウトを送るため、経歴・スキルに自信がある人に向いています。

とはいえ、経験豊富な50代ならレジュメの完成度次第でいくらでもチャンスはあると言えるでしょう。

また、リクルートダイレクトスカウトはエージェントから利用者にマッチした求人も紹介してくれます。

スカウトを待つだけでなく、条件にあう求人があればどんどん紹介してほしいという50代の方にもおすすめです。

50代の転職エージェントは断られる?50代の転職事情とは

50代の転職エージェントは断られる?50代の転職事情とは

50代の転職は厳しい、断られるといった声もありますが、50代で転職を成功させている方ももちろんいます。

とはいえ、20代のように将来性を見据えた未経験okの採用は難しく、これまでの経験や知識に大きく左右されるでしょう。

転職活動をおこない、結果として転職をしないという選択肢もあります。

退職金や定年後の過ごし方のことをよく考え、現職にとどまるべきか、転職するべきか慎重に選んでいきましょう。

50代の転職入職率は低い

厚生労働省が公開する「令和2年雇用動向調査結果の概況」によると、50代の転職入職率は他の年代と比べてかなり低いことが分かります。

年齢男性女性
50~54歳4.2%8.5%
55~59歳5%7.8%
引用元:厚生労働省「令和2年雇用動向調査結果の概況

50代の転職が厳しいというイメージは、実際にデータにも現れています。

現職に不満を感じても年齢を考慮すると転職は難しいと考える50代の方は多いということですね。

【男性・女性】50代の平均年収

国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、55〜59歳の男性で平均年収は668万円です。

男 女

年齢男性女性
50~54歳656万円319万円
55~59歳668万円311万円
引用元:国税庁「民間給与実態統計調査

キャリアを重ね、責任のある管理職についたり、年齢とともに年収も上がる傾向にあるようですね。

一つの企業に長く務めることで得られるメリットも大きいため、転職はリスクが高いと感じる50代の方が多いのも頷けます。

今以上の待遇、収入が見込める、働きやすい職場環境など、メリットが期待できる際に転職は検討すると良いですね。

そのためには、自身のキャリア・経歴にあった転職エージェントを利用することが重要となってきます。

50代の転職サイト・転職エージェントの選び方

50代の転職サイト・転職エージェントの選び方

転職サイトを選ぶ際は、年齢にあったサービスに登録することでスムーズに転職活動をおこなえます。

50代が転職サイトを選ぶ場合は、どのような点に注目すればいいのか気になるところです。

ここでは、50代が転職サイト・転職エージェントを選ぶ際の選び方のポイントを解説します。

  • スキル、経歴にあった転職サイトを利用する
  • 経験を活かせる特化型の転職サイトも活用する
  • 働き方にもこだわる

スキル、経歴にあった転職サイトを利用する

50代が転職サイトを選ぶ際は、自身のスキルや経歴に合った求人が見つかるサービスを利用することが大切です。

スキルも経験も大きく異なる50代では、同じ転職サイトを利用しても、成功する人、上手くいかない人にハッキリ分かれてしまいます。

上手くいかないと感じた方は、利用している転職サイト・転職エージェントが自分にあっていない可能性を疑いましょう。

経験を活かせる特化型の転職サイトも活用する

経験豊富な50代の方は、これまでの経験を活かせる特化型の転職サイト・転職エージェントも選びましょう。

職種や業種に特化型の転職サイトは、即戦力を求める傾向にあるため、年齢を考慮したポジションを獲得できる可能性も高いです。

転職サイトもハイクラス向け、実力重視のスカウト、ドラフト型など、様々なサービスが存在します。

経験豊富な50代であれば、スカウト機能のある転職サイト・転職エージェントを利用してじっくり求人を吟味するのも良いでしょう。

働き方にもこだわる

バリバリ働きたい20代とは違い、50代ではライフワークバランスにも注目して転職サイトを選びたいところです。

「年収アップを狙ってガツガツ働きたい」「少しゆとりが欲しい」など、自分が望む働き方にあわせて転職サイトも選んでいくと良いでしょう。

正社員にこだわりがないという方は、豊富な経験を活かせる高単価案件の業務委託という手もあります。

働き方にこだわりのある50代の方は、柔軟な働き方を推奨する転職サイトも活用すると良いでしょう。

スクロールできます
リクルートエージェント業界No.1の求人数を誇る転職エージェントリクルートエージェント
doda(デューダ)求人数豊富で、転職サイト・転職エージェントの使い分けも可能doda(デューダ)
JACリクルートメントハイクラス・ミドル転職に特化。50代と相性抜群JACリクルートメント

50代が転職サイト・転職エージェントを利用するメリット・デメリット

50代が転職サイト・転職エージェントを利用するメリット・デメリット

転職サイト・転職エージェントを利用することで、条件を絞った求人が見つかる点がメリットと言えますね。

気になるのは、年齢によってメリット・デメリットが変わるのかということです。

50代の方が転職サイト・転職エージェントを利用すると、どのようなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

メリット

50代ではこれまでの経験を活かした、ハイクラス転職を狙える可能性が高いところがメリットです。

定年が伸び、即戦力として働ける人材として経験豊富な50代を採用する企業も増えてきています。

経歴、スキル次第では売り手市場にもなり得る、多くの可能性を秘めているのです。

年齢にとらわれず、積極的に行動できる50代は、今以上に活躍できる環境を手に入れることができるでしょう。

他にも転職サイト・転職エージェントを利用することで得られるメリットを主に以下のものが挙げられます。

  • 企業の人事に推薦状を送ってもらえる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 書類の作成・添削、面接対策まで徹底サポート
  • 年収の交渉までしてもらえる

企業の人事に推薦状を送ってもらえる

転職エージェントを使用して企業へ応募すると、マッチ度の高い企業へ推薦状をつけてくれることがあります。

転職サイトなどから自分で応募するのと、アドバイザーの推薦つきでは書類の通過率が大きく変わります。

転職成功の確率を上げるためにも、転職エージェントを活用すると良いでしょう。

非公開求人を紹介してもらえる

非公開求人には表にはでない好条件な求人や、役職ポジションへの転職、大手企業などの情報が隠れています。

エージェント経由でしか紹介されないため、転職サイトを利用しているだけでは出会えない魅力的な求人が豊富です。

単純に紹介してもらえる求人数も増えるため、非公開求人にはメリットが多いと言えます。

書類の作成・添削、面接対策まで徹底サポート

転職エージェントでは、履歴書・職務経歴書の作成や添削、面接対策など、転職活動が円滑に進むようサポートしてくれます。

書類通過率を上げるためには、履歴書や職務経歴書を手を抜くことはできません。

一人で転職活動をおこなっていると正解が分からず、応募を繰り替えすだけの非効率的な転職活動をおこなってしまうリスクがあります。

エージェントから添削してもらうことで書類通過率も上がり、内定獲得の確率もぐんと上げることができるでしょう。

さらに、企業ごとにあわせて面接対策もおこなえるため、企業の求める人材であると強くアピールすることができます。

万全なサポートを受けながら転職活動をおこなえる点が、転職エージェントのメリットです。

年収の交渉までしてもらえる

エージェントは書類作成や添削、面接対策以外にも、企業に対して年収の交渉や日程の相談までおこなってくれます。

自分では言いにくい年収の交渉を任せられることで、精神面の負担も軽減しますね。

企業との面接、入社日などの日程の調節もおこなってくれるため、とくに働きながら転職活動をおこなう人はとても助けになるでしょう。

デメリット

転職サイトによっては50代の求人が少ない点がデメリットです。

転職サイトや転職エージェントによって特色があるため、自身のキャリアを活かせる求人が多い転職サイトを利用することが、転職成功のカギになります。

他にも、未経験採用は難しかったり、希望する条件に合わない求人を紹介される可能性もあります。

年齢がデメリットと感じる場面もあるかもしれません。

ですが、年齢問わず歓迎している求人もありますので、求人数の多い転職サイトでカバーし、選択肢を広げていきましょう。

その他、気になるデメリットをいくつか紹介します。

  • 質の悪い求人もある
  • 希望に合っていない求人を紹介されることもある
  • アドバイザーの質が低いこともある
  • 質の悪い求人もある

質の悪い求人もある

求人の中には、残業時間が長すぎる、有給がとれないなど質の悪い求人が紛れていることがあります。

企業の求人の詳細で判断できるものもありますが、気付かず転職して後悔したという方も中にはいるのです。

転職エージェントを利用して紹介された求人にも、質の悪いものがある可能性もあります。

企業リサーチは自身でもおこない、アドバイザー任せにはしないようにしましょう。

希望に合っていない求人を紹介されることもある

転職エージェントを利用していると、希望に合っていない求人を紹介されることもあります。

希望する条件がうまく伝わっていないだけという場合もありますが、とりあえず数を紹介して、どんどん応募してほしいというアドバイザーもいるのです。

紹介してもらえる求人が多いことは良いですが、あまりにも希望とかけ離れたものは丁重にお断りましょう。

アドバイザーの質が低いこともある

アドバイザーの中には、対応が悪かったり条件に合った求人を紹介してくれないなど、質の悪いと感じる方もいます。

転職のプロとはいえ、経験値の差や職種への知識は、どうしても差ができてしまうのです。

頼りにならない、業界への理解がなく話にならないと感じた際は、遠慮なく担当を変更してもらいましょう。

担当が変わるだけで求人の質が各段に上がることもありますので、早めの判断が賢明です。

50代が転職サイト・転職エージェントを活用するためのポイント

50代が転職サイト・転職エージェントを活用するためのポイント

50代という年齢を活かして転職活動をおこなうためには、これまでのキャリアをアピールし、存分に活躍できる転職先を見つけられるかが重要です。

そのためには、まずは自身の市場価値を理解し、相性の良い転職サイト・転職エージェントに登録すると良いでしょう。

エージェントに相談することで自己分析をおこない、市場価値を見つけてもらうという方法もあるため、まずは行動することが大切です。

その他、50代が転職サイト・転職エージェントを活用するためのポイントを紹介します。

  • 自分の市場価値をしっかり把握する
  • 職種・業種は変えない方が良い
  • 転職したい旨をしっかり伝える
  • 転職エージェントを利用し非公開求人を紹介してもらう
  • 複数の転職サイト・転職エージェントを利用する
  • 経歴に自信がない人はハローワークも利用する

自分の市場価値をしっかり把握する

50代の転職では、自身の市場価値をしっかり把握し、見合った転職活動をおこなうことが重要です。

これまでの経験を活かせる環境を見出すことで、存分に力を発揮できるでしょう。

どのような職種に何年勤務し、どのようなプロジェクトに携わり、成功のために尽力してきたのか。現職で役職についているのであれば、ハイクラス、エグゼクティブ転職を狙えるでしょう。

転職エージェントでアドバイザーの方に相談することで、自身の市場価値を引き出してくれますよ。

職種・業種は変えない方が良い

50代を採用したい企業は、即戦力を求めています。

採用することで企業にどのような利益をもたらすのか、チームに良い刺激を与えることができるのか考えます。

そのため、50代の転職では同業種や同じ業界をまずは視野に入れましょう。

職種に特化した、特化型の転職サイト・転職エージェントを利用すると、現職のポジションを考慮した転職先を見つけやすいです。

転職したい旨をしっかり伝える

50代向けの求人は他の年代と比べて少ないため、サポートを断るエージェントも存在します。

現職で活躍しているのであれば、よほど強い理由がなければ、現職にとどまった方が良いと勧められることもあるのです。

50代で転職をしたいと思うのであれば、本当に転職したい意志を伝えなければなりません。

エージェント側も年齢関係なく、転職活動を頑張りたい人を応援したくなるものです。

転職したい意志、希望する条件をハッキリ伝え、それでも動かないアドバイザーであれば、そこには求めている求人はないと判断します。

一つの転職エージェントに固執せず、他の転職エージェントに切り替えていきましょう。

転職エージェントを利用し非公開求人を紹介してもらう

転職エージェントで求人を検索することもできますが、非公開求人はエージェントに相談しないと教えてもらえません。

非公開求人には信頼できる人材を送りたいと考える、重要なポジションの求人も隠されています。

エージェントも最適な人材を送りたいため、好条件の求人を紹介してもらえる確率が高いです。

経験やスキル、経歴に申し分ない50代であれば、現職以上の年収とやりがいを手に入れられる可能性も高いでしょう。

複数の転職サイト・転職エージェントを利用する

転職活動をおこなう際は、一つのサービスにこだわらず、複数の転職サイト・転職エージェントを併用するのがポイントです。

一か所にこだわると求人数も少なく、紹介できる仕事がない場合に、転職活動がとどまってしまうリスクもあります。

良い条件がないからと諦めず、3つ程度は使ってみると良いでしょう。

求人数の多い総合型と、職種に特化した特化型の両方に登録することをおすすめします。

経歴に自信がない人はハローワークも利用する

経歴、キャリアに自信がない50代の方は、ハローワークの利用も検討すると良いでしょう。

転職サイトでは50代向けの求人は、他の年代と比べて少ない傾向にあります。

求人も転職サイトにはないものが見つかる可能性もあるため、選択肢を広げるために活用すると良いでしょう。

スクロールできます
リクルートエージェント業界No.1の求人数を誇る転職エージェントリクルートエージェント
doda(デューダ)求人数豊富で、転職サイト・転職エージェントの使い分けも可能doda(デューダ)
JACリクルートメントハイクラス・ミドル転職に特化。50代と相性抜群JACリクルートメント

50代が転職サイト・転職エージェントを利用する注意点

50代が転職サイト・転職エージェントを利用する注意点

50代の転職サイト・転職エージェントの利用には、20代や30代などの若い世代と異なる注意点が多いです。

どのような注意点があるのか事前に把握しておくことで、転職活動もスムーズにおこなえます。

  • 必ず求人を紹介してもらえるわけではない
  • 50代の求人は少ないと理解して行動する
  • 担当のアドバイザー次第で求人の質も変わる
  • 50代という年齢を理由に断られることもある
  • 必ず求人を紹介してもらえるわけ

必ず求人を紹介してもらえるわけではない

転職エージェントを利用したからといって、必ず求人を紹介してもらえるわけではありません。

条件にあう求人がなければ、他の利用者のサポートを優先してしまうこともあります。

紹介できる求人がないと言われた際は、希望する条件が厳しすぎたのか、もう少し選択肢を広げられるのか検討してみましょう。

それでも変わらないようであれば、他の転職サイト・転職エージェントを利用すると良いですね。

50代の求人は少ないと理解して行動する

他の年代と比べると、50代向けの求人はどうしても少ないです。

20代、30代のように将来性を見据えた採用もできないため、採用側もあえて50代を採用しようとは考えにくいと言えます。

50代の採用はこれまでの経験を活かせる、即戦力としてのポジションを要求します。

自身の市場価値を見出し、量ではなく質の高い求人を紹介できる転職サイト・転職エージェントを利用しましょう。

担当のアドバイザー次第で求人の質も変わる

どんなに評判の良い転職エージェントでも、なかには対応の悪いアドバイザーもいます。

求人はエージェントを経由してのみ紹介されるため、担当するアドバイザー次第で求人の質が変わってしまうと言っても過言ではありません。

アドバイザーには当たり外れがあると理解し、満足のいくサポートが得られなそうな場合は担当の変更を申し出ましょう。

担当が変わっただけでうまくいったという方も多いため、行動は早い方が良いです。

50代という年齢を理由に断られることもある

転職エージェントのなかには、50代という年齢を理由にサポートを断ることもあるようです。

年齢やキャリアにマッチしていない転職エージェントを利用している可能性があるため、他の転職エージェントにすぐに切り替えましょう。

一つの転職エージェントで断られたからと言って、他でも求人がないということではありません。

自身の経歴、キャリアにマッチした転職サイト・転職エージェントを利用することで良い求人に出会えます。

また、求人数の豊富なリクルートエージェントや、doda(デューダ)などは、年齢問わず様々なニーズに応えられる求人が見つかりますよ。

50代の転職サイト・転職エージェントのサービスの流れ

50代の転職サイト・転職エージェントのサービスの流れ

転職サイトと転職エージェントでは、転職活動の流れが異なってきます。

エージェントに相談することで求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書・経歴書の作成や面接対策、企業との日程調整まで任せることが可能です。

どのような流れでサービスを利用できるのか、転職サイト・転職エージェントの両方で見ていきましょう。

転職サイトのサービスの流れ

  1. 公式サイトから無料登録
  2. 求人を検索
  3. 履歴書・職務経歴書を作成
  4. 応募する
  5. 企業との面接
  6. 内定

転職サイトでは求人を探すことから、企業への応募、面接の日程調節なども、すべて自分でおこなう必要があります。

その分手間と時間がかかりますが、マイペースに求人を探せるという点はメリットです。

転職サイトに掲載されている企業情報だけでなく、口コミサイトなども活用し、企業リサーチはしっかりおこなうようにしましょう。

「良い求人が見つからない」「ちゃんと転職先を見つけたい」と感じた際は、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントのサービスの流れ

  1. 公式サイトから無料登録
  2. アドバイザーと面談
  3. 求人紹介
  4. 職務経歴書等の添削
  5. 応募・面接対策
  6. 企業との面接
  7. 内定

転職エージェントに登録すると、まずはアドバイザーとの面談・ヒアリングから始まります。

希望する条件や勤務地などを相談し、マッチする求人が見つかるとアドバイザーが紹介してくれるという流れです。

どのような求人を探しているかによって変動はしますが、2〜3ヶ月程度で転職活動の期間とされています。

50代の方は求人数が少ない傾向にあるため、転職エージェントによっては紹介数が少ない可能性があります。

複数の転職サイト・転職エージェントを利用することで、転職活動をスムーズに勧めることができるでしょう。

50代が転職サイトを利用する際によくあるQ&A

50代が転職サイトを利用する際によくあるQ&A

最後に、50代の方が転職サイトや転職エージェントを利用する際に、気になるよくある質問と答えをまとめて紹介します。

50代におすすめの転職サイトは?

リクルートエージェントdoda(デューダ)がおすすめです。

業界最大級の求人数を誇り、転職支援実績も豊富な2社なら、50代向けの求人にも強いと言えます。

一つの業界に特化したスキルを持っている方は、特化型の転職サイトも併用すると、転職活動もスムーズに進めることができるでしょう。

50代でも転職エージェントは使うべき?

もちろん50代でも使うべきです。

転職サイトで求人を探しているだけでは、エージェント経由でしか知ることができない好条件の求人を見つけることができません。

自身の市場価値を洗い出すためにも転職エージェントの利用をおすすめします。

50代の転職は厳しい?

20代、30代と比べると求人数が少ないため、50代の転職は難しいとされています。

ですが、定年の延長、人材不足により、即戦力として使える50代を求める企業も増加傾向です。

これまでの経験を活かせる求人を見つけることができれば、いくらでもチャンスがあります。

ハローワークも利用すべき?

年齢を絞って求人を探すと、転職サイトでは仕事が見つからないという方もいるかもしれません。

その場合はハローワークなども活用し、選択肢を広げていくと良いでしょう。

すぐに転職する気はなくても利用していい?

利用しても大丈夫です。

ですが、転職サイト・転職エージェントによっては、転職を急かしてくる場合もあります。

事前にすぐに転職する気はないが良いところがあれば、という風に伝えておくと良いですね。

50代未経験でも転職できる?

可能ではありますが、難易度が上がります。

まったくの未経験の職種では難しいですが、これまでのスキルを活かし、異なる業界へ転職するという選択肢はあります。

未経験okの求人は条件が悪い可能性もあるため、事前にエージェントへの詳細確認と、企業のリサーチもおこないましょう。

転職活動はバレる?できれば知られなくない

基本的に自分で伝えない限り、周りに転職活動がバレることはありません。

転職活動をバレたくない方は、念のためエージェントにもその旨を事前に伝えておきましょう。

50代におすすめの転職サイトまとめ

まとめ

50代の方でどの転職サイト・転職エージェントを利用するか迷った場合は、まずはリクルートエージェントdoda(デューダ)に登録してみてください。

業界で最も多い求人数を扱う2社であれば、50代を採用する企業を見つけることができるでしょう。

さらに、これまでの経験を活かして働くためにも、職種に特化した特化型の転職サイト・転職エージェントも併用するのがポイントです。

50代の転職は厳しいとされていますが、即戦力として使える人材は魅力的な好条件の求人も期待できます。

自身の市場価値をしっかり把握し、存分に活躍できる転職先を見つけていきましょう。

そのためには、相性の良い転職サイト・転職エージェントを選ぶことが、50代の転職を成功させる大きなカギとなります。

スクロールできます
リクルートエージェント業界No.1の求人数を誇る転職エージェントリクルートエージェント
doda(デューダ)求人数豊富で、転職サイト・転職エージェントの使い分けも可能doda(デューダ)
JACリクルートメントハイクラス・ミドル転職に特化。50代と相性抜群JACリクルートメント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次