ブログを仕事にする

Webディレクターってどんな仕事?【役割と流れを解説します】

困っている人
Webディレクターってカッコ良さそう。
でも、どんな仕事なんだろう。
自分でもできるかな?

こんなお悩み解決します。

様々な、Webの職種がある中で、Webディレクターはイメージしづらい印象があります。

結論、Webディレクターとは、コミュニケーションを通じて、クランアントの本音を引き出し、まとめて、チーム共有し、スムーズにプロジェクトを遂行してサービスを提供する役割を持っています。

つまり、クライアントとWeb製作チームの橋渡し的な存在です。

今回は、そんなWebディレクターについて詳しく解説していきます。

今回の記事に関係がある人
  • Webディレクターについて知りたい人
  • Webディレクターを目指したい人
  • Webディレクターで大事なことを知りたい人

Webディレクターってどんな仕事?【役割と流れを解説】

Webディレクターってどんな仕事

Webディレクターとは、冒頭でも解説したとおり、クライアントとのコミュニケーションを通して得た内容をチームに共有し、プロジェクトをスムーズに遂行していく役割を持っています。

主に大事なスキルは二つ

  • 1つ目は、コミュニケーション能力(会話・対話)
  • 2つ目は、ドキュメンテーション(文書化)

具体的に言うと、コミュニケーションは相手の本音を引き出し、議論を上手くまとめるスキル。

ドキュメンテーションは、引き出した内容をドキュメンテーション(文書化)し、チームにわかりやすく共有するスキルです。

どちらもWebディレクターとして必須のスキルで、これから目指す人はこの二つを覚えておくと良いでしょう。

流れとしては、

ヒアリング➡︎コミュニケーション➡︎ドキュメンテーション➡︎チームに共有という流れになります。

もちろん、これ以外の業務にも関わってきますが、大雑把に解説するとこのようなイメージになります。

では次は、私がWebディレクターをオススメする理由を説明していきます。

Webディレクターをオススメする理由

Webディレクターをオススメする理由

私がWebディレクターをオススメする理由は、自分でプロジェクトの企画立案からサービス提供までの全般的な流れの管理ができるところです。

つまり、ゼネラリスト的な考え方でクリエイティブなことができるのです。

クライアントともに、新しいものを作りたい方、プロジェクトを立案から運用までやっていきたい方は非常にオススメです。

Webディレクターの業務内容を解説

Webディレクターの業務内容解説

Webディレクターの業務内容は、大きく4つに分けられ詳細は下記の通りです。

  1. 企画
  2. 設計
  3. 製作
  4. 運用

本質的には、この4つの課題をチームで取り組んで、プロジェクトを円滑に進めていきます。

企画であれば、KPIの選定、既存サイトの改善案など、設計はプログラムの知識、制作はデザイン、運用を指揮していくためにはマーケティングの知識も必要になっていきます。

Webディレクターは幅広い知識が必要となるため、好奇心旺盛な人は向いてるかもしれませんね。

まとめ:プロジェクトを企画・管理したい人はWebディレクターになるべき

まとめ

Webの世界で生きていきたい人でクリエイティブ、ゼネラリスト的な考え方の人は、Webディレクターに向いています。

Webディレクターとして、大事なスキルは2つ。

1つ目は、コミュニケーション、2つ目はドキュメンテーション。

流れとしては、クライアントとコミュニケーションを通じて、本音を引き出した内容をドキュメンテーション(文書化)し、内容を共有。

業務内容は、企画、設計、制作、運用。

自分で、プロジェクトを考え、企画し、提案していきたい方は是非目指してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しょーたこ

愛知県在住/24歳 【繊細さんに向いてる働き方を考える】というテーマでブログを運営しています。 美容整体のオーナーから好きな場所で働くためにあらゆるWebスキルを身に付けました。現在はサブスク 型Web制作・Webライター・マーケティングを中心にフリーランスとして活動しています。

-ブログを仕事にする
-

© 2020 SHOTAKOBLOG Powered by AFFINGER5