転職ノウハウ

【未経験でも採用率UP】Webマーケティング業界の志望動機・例文

未経験者だけどWebマーケティング業界に転職したい
Webマーケティングの志望動機のポイントってなんだろう?未経験用の志望動機の書き方を教えてほしい

 

今回はこういった疑問にお答えして、「未経験でもWebマーケティング業界へ転職できる志望動機の書き方」「Webマーケティングの志望動機のポイント」について解説しております。

 

こんにちは!現役のフリーランスWebマーケターとして活動している中嶋です!
柔道整復師から一転して未経験、独学でWebマーケティングを学び、現在は数多くのクライアント様の戦略設計から広告運用などの仕事をしつつ、MENTAでWebマーケティングの講師もやっています。
しょーたこ

 

志望動機っていざ書くってなると、何書いていいかわからないですよね、、

 

気付いたら一日終わってたなんてこともしばしば。
しかもそれが未経験のマーケティング業界となると尚更筆が進みません。

 

特にWebマーケティング業界は志望動機に書き方の特徴があります。
効率よく転職を成功させるためにも今回の記事を読んでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

そもそも未経験でもWebマーケティングの職に転職できる?【志望動機の書く内容で大きく変わる】

結論から言ってしまうと、未経験でもWebマーケティング業界へ転職することは可能です。

 

しかしこの業界は少し変わっており、未経験でも最低限の実務経験が必要とされることが多いです。

 

なので、実際に自分でもWebマーケティングをやってみるのがいいでしょう。
具体的に言うと、ブログやSNSの運用を無料でいいのでやってみて経験してみることが採用への近道となります。

 

この経験をしてるだけでもライバルと差をつけることができるので、積極的にこういった実践経験はしておきましょう。

 

まとめると、志望動機に個人ブログやSNSの運用で実践経験あり、と書くだけでも採用率はかなり変わけですね。

 

ちなみに、「実務経験なし・未経験歓迎!と求人に書いてあったから応募して採用されたけど実際の業務はほぼ営業だった…」なんて話もよく聞くので実務経験なしの求人を見つけたら注意しましょう!
しょーたこ

 

未経験者がWebマーケティング業界へ転職するための志望動機のポイント

それでは志望動機の書き方の具体的なポイントについて解説していきます。

 

重要なポイントは3つあって次の通りです。

  • なぜWebマーケティングなのか、を明確にする
  • トレンドに敏感なことをアピール
  • 個人ブログ・SNSの運用と分析をやっていることを書く

 

基本的にはこちらの3つのポイントを意識しておけば問題ないでしょう。

 

それでは一つ一つ詳しく解説していきます。

 

なぜWebマーケティングなのか、を明確にする

こちらは全ての業種に当てはまることですが、「なぜその業界に入りたいか」「なぜこの業界を選んだのか」こういったことを志望動機で明確化しておきましょう。

 

特にWebマーケティング業界では論理的思考が求められます。
なぜWebマーケティングなのか、を論理的に説明できると採用者の顔色が変わるぐらい印象は良くなること間違いなしですね。

 

未経験者が論理的な説明できるとかなり強みになります。
なぜWebマーケティングなのか、を数字やトレンドに添って説明できるようにしておきましょう!
しょーたこ

トレンドに敏感なことをアピールする

それでは2つ目の重要なポイント「トレンドに敏感なことをアピールする」について解説します。

 

Webマーケティング業界はトレンドの移り変わりが激しく、3ヶ月前に流行っていたものが今は流行っていない、なんてことが普通にあります。

 

つまり、このトレンドについていけないと、完全に時代遅れの人間となってしまってWebマーケティングの業界においては不必要の人材となってしまいます。
この業界はトレンド=売り上げに直結すると言っても過言ではないぐらいで、企業に必要とされるためにもトレンドに敏感になることは必要ということです。

 

なのでトレンドに敏感になる方法としては普段からヤフーの「リアルタイム検索」や「インスタでブームになっていること」を見つけて積極的にリサーチしてみることが重要です。

 

志望動機にも「今のトレンドである〇〇について分析しました」みたいなことを書いてみるといいでしょう。

 

最近ではclubhouseという音声SNSが流行ってます!
こういった変化についていくことがWebマーケティング業界において大事ですね。
しょーたこ

 

個人ブログ・SNSの運用と分析をやっていることを書く

最後のポイントは「個人ブログ・SNSの運用と分析をやっていることを書く」つまり、実践経験のポイントです。

 

冒頭の方にも述べたとおり、Webマーケティング業界への転職において実務経験があることがほぼ必須に近いです。

 

すなわち実務経験なしの志望動機でWebマーケティング業界に転職できることはありません。
個人のブログや無料でできるSNSでもいいので、実際にWEBで物を売ったり、アクセスの解析をしたり実務経験を身につけて志望動機に書きましょう。

 

一番のオススメは個人でブログを開設し、アフィリエイトをやってみることです。
SEOと広告運用の両方を学ぶことができるので、この二つができれば転職先でも重宝されること間違いなしです。
しょーたこ

 

Webマーケティング未経験者用の志望動機サンプル(例文)

Webマーケティング職の志望動機のポイントを解説したので、続いては未経験者用の志望動機のサンプルをベースに解説していきます。

 

コピぺOKなので、下記の例文を自分の経歴に当てはめて書いてみましょう。

 

【SEOver】webマーケティング未経験者の志望動機サンプル・例文

趣味のブログを書いているうちにSEOコンサルティングについて興味を持ち志望しました。
理由としては、WEBで商品やサービスを売る面白さに気づいたからです。
少し前まではWebで物を売り売り上げを作るという感覚がありませんでしたが、ブログ運用でしっかりとしたSEO対策を始めたことで少額ですがWEBでお金を稼げるようになりました。
貴社の募集しているSEOコンサルティングの職種で、この経験は売上アップのお役に立てると思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しょーたこ@記事LP特化型のマーケター

医療人→未経験独学でいきなりフリーランスWebマーケターに→半年後に50万達成。 現在はフリーランスチームの代表として活動しつつ、MENTAでウェブマーケティングの講師もしております。 「未経験から在宅で稼げるWebマーケターになる」というテーマでブログ書いてます。

-転職ノウハウ

© 2021 SHOTAKOBLOG Powered by AFFINGER5