WEBマーケター転職 Webマーケティング

Webマーケティングを身につけて海外就職する方法3つ|デメリットとメリットも解説します

Webマーケティング 海外就職

 

こんな疑問ありませんか?

  • WEBマーケターとして海外就職したい!どうすればいいのかな?
  • Webマーケティングは海外就職できる?
  • 海外就職するメリットとデメリットは?

 

上記のような疑問にお答えして、今回の記事では「Webマーケティングで海外就職する2つの方法とデメリットとメリット」というテーマで解説していきます。

 

グローバル社会の発展により、WEBスキルを身につけて海外就職を目指す人も増えてきました。

 

しかし、プログラミングの海外就職はよく聞くけど、Webマーケティングは実際どうなの?といった疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?

 

結論から言いますと、Webマーケティングで海外就職することは可能です。

 

実際に、アメリカやタイなどの海外に就職しているWEBマーケティング人材は多くいますので、誰だって挑戦はできます。

 

しょーたこ
プログラマー ほどではないですが、海外で活躍するWEBマーケターも多くなってきましたね。

 

もちろん、Webマーケティングで海外就職したいなら、デメリットやメリット、必要なスキルをしっかり把握しておく必要があります。

 

そこでこの記事では、冒頭の疑問を深掘りしつつ、Webマーケティングの海外就職のことについて具体的に解説します。

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

しょーたこ
しょーたこです!未経験からWebマーケティング業界に入り、医療・美容業界を中心にWebコンサルタントとして活動中です。MENTAで今まで50名以上の方のWEBマーケ学習サポートもさせていただきました!

 

Webマーケティングで海外就職することは可能

先ほども説明した通り、Webマーケティングで海外就職することは可能です。

 

その具体的な理由については、下記をご覧ください。

 

海外就職できる理由
  • 日本と仕事内容が変わらない
  • 実力さえあれば良い業界
  • 日本人を求めている企業も多い

 

上記のように、日本も海外もWebマーケティングの仕事内容はあまり大差がなく、ぶっちゃけ英語さえ話されば国の違いなんて関係ないです。

 

さらに、日本人は海外の人と比べても繊細と言われているので、細かい数字を見るWebマーケティング業界では重宝されることもあります。

 

しょーたこ
細かなところに目がいく日本人ならではの長所ですね!

 

というわけで、Webマーケティングで海外就職することは可能です。海外目指して行動していきましょう。

 

Webマーケティング業界に海外就職するデメリット・メリット

 

この章では、Webマーケティングで海外就職するデメリットとメリットについて詳しく説明していきます。

 

しょーたこ
海外就職するなら失敗を極力減らすために、メリットだけでなく、デメリットも把握しておきましょう。

 

デメリット

海外就職するデメリットは以下の3つです。

 

デメリット
  • 環境が合わない可能性
  • トラブル起きた時がめんどう
  • 社員教育はほぼない

 

やはり一番のデメリットは、環境が合わない可能性があるところでしょうか。

 

普段から海外に頻繁に行っている方は大丈夫だと思いますが、海外慣れしてない方、海外に長期間過ごしたことがない方は、多少なりともそのようなリスクがあります。

 

しょーたこ
なので海外就職する前に、一度就職したい国で長期滞在してみましょう。ネット上だけではどうしてもわからないこともあるので。

メリット

 

メリット
  • 自由な働き方
  • ホワイト企業が多い
  • 海外好きにとっては最高の環境
  • 東南アジアであれば固定費安くて贅沢な暮らしができる
  • 圧倒的に成長できる
  • 最先端の情報に触れやすい

 

どの国に就職するかにもよりますが、最先端のノウハウが得られる海外でウェブマーケティングを経験すれば、成長できること間違い無いでしょう。

 

さらに、海外は日本よりも自由な社風の企業が多く、実績さえあれば自由に仕事をさせてくれます。

 

しょーたこ
成長したい!最先端の情報に触れたい!といった思いがある方にとって、海外就職は最高のチャンスですね!

 

しかも、東南アジアであれば家賃や食費などの固定費が安く、少しのお金でも贅沢な暮らしができます。

 

なので、固定費を減らして割と裕福な暮らしをしたい方にも海外就職はオススメでしょう。

 

Webマーケティング業界に海外就職するために必要なスキル

当然ですが、Webマーケティングで海外就職するなら必要なスキルがあります。

 

しょーたこ
海外企業は日本と比べても実力主義の傾向が強いです。しっかりスキルを身につけておくことは大事ですね。

 

特に以下の2つはマストと言えるでしょう。

 

必要なスキル
  • 実践的なWebマーケティングスキル
  • 英語力

 

実践的なWebマーケティングスキル

海外のWebマーケティング企業に入るなら、実践的なマーケティングスキルは必ず必要となるでしょう。

 

先ほども説明した通り、海外の企業は学歴よりも実力で判断する節があります。

 

なので、自信を持って説明できる実績や経験がないと書類選考の時点で弾かれることになります。

 

つまり、海外就職するなら個人もしくは日本の企業で、ある程度の成果を出さなければいけません。

 

スキルがない場合は、実践的なWebマーケティングスキルを身につけてから、海外就職した方がより確実に就職できます。

 

まずは日本で経験することをオススメします。

 

しょーたこ
日本で数年業務を経験するだけでも大きく結果が変わります。焦らず判断しましょう。

 

英語力

海外に就職するのであれば、英語力も必要です。

 

特に、アメリカや欧米諸国に就職したいなら英語は身につけておくべきでしょう。

 

もしキャリアアップしたとして、英語力がなければ部下のマネジメント管理ができないので、企業側も採用しようとは思いません。

 

しかし、東南アジアだと英語力がなくても採用してくれるところもあります。

 

あまり英語に自信がない方は、東南アジアを選択肢に入れてみるのもいいでしょう。

 

しょーたこ
海外で働く以上英語は必要なので、今のうちに勉強しておくと海外就職も早くなりますよ。

 

まとめ:Webマーケティングで海外就職!快適ライフを送ろう

今回の記事の内容をまとめたものを以下で紹介します。

 

  • Webマーケティングで海外就職することは可能
  • ただし、実務経験や実績がないと厳しい
  • 同時に英語力を求められる場合もある
  • 一番早く海外就職する方法は、日本で実績を作ること
  • 未経験者はスクールに通って、転職するのもあり

 

上記のように海外就職では、実務の経験や実績が必要以上に求められます。

 

実務経験にあまり自信がない方は、日本の企業で実績を作ってから海外就職するようにしましょう。

 

合わせて業界未経験の方で海外就職を目指している場合は、まずWebマーケティング業界に転職するのがオススメです。

 

Webマーケティング業界に転職する方法まとめ
参考【マル秘テク公開】未経験からWebマーケティング業界に転職する方法【オススメの転職エージェントも紹介】

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しょーたこ@未経験→WEBマーケター

医療系専門卒→整骨院勤務→美容整体院オーナー→倒産してキャリアに迷走→流行に流されてWEB業界に転職→トイレ掃除、机の組み立てが業務の超ブラック企業で鬱に→価値観を見直してジョブチェンジに成功 学生時代は飲食店・コンビニバイトを経験してきましたが、仕事ができなさすぎて無能扱い。仕方なくWEBの世界に入ったら割と仕事できるようになりました そんな過去の経験を活かし、今まで60名以上の転職キャリア相談に乗ってきました このブログでは、自分と同じような人を減らすため、失敗しないための転職方法やキャリア設計について発信しています

-WEBマーケター転職, Webマーケティング

© 2021 SHOTAKOBLOG Powered by AFFINGER5