WEBマーケター転職 Webマーケティング

【転職者必見!】Webマーケティング業界のホワイト企業の見極め方5つ

Webマーケティングホワイト

 

こんな疑問ありませんか?

  • Webマーケティング業界にホワイト企業はある?
  • Webマーケティング転職したい!ホワイト企業を教えて欲しい
  • Webマーケティングでホワイト企業の見極め方ってあるの?

 

上記のような疑問にお答えして、今回の記事では「Webマーケティング転職に役立つホワイト企業の見極め方5つのポイント」というテーマで解説していきます。

 

最近IT業界のブームが来ており、プログラミングやWebマーケティングの分野で転職を目指す方も増えてきました。

 

しかし、「Webマーケティング業界ってブラック企業が多い噂聞くけど本当なの?」といった新しい業界の転職に不安要素を持つ方も多いはず。

 

ポジショントークなしで結論から言いますと、Webマーケティング業界はブラック企業が少なく、ホワイト企業が多いのが事実です。

 

Webマーケティング業界でも昔ながらの広告代理店などは、ブラック体質の企業が多かったですが、時代の流れが早い業界なので今は普通に改善されています。

 

しょーたこ
時代の流れについていけないブラックは、現代では淘汰されつつありますね。

 

そこでこの記事では、冒頭の疑問を深掘りしつつ疑問を解決していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

しょーたこ
しょーたこです!未経験からWebマーケティング業界に入り、医療・美容業界を中心にWebコンサルタントとして活動中です。MENTAで今まで50名以上の方のWEBマーケ学習サポートもさせていただきました!

 

Webマーケティング業界はホワイト企業が多い事実

冒頭でもお伝えした通り、Webマーケティング業界は昔と比べてかなりホワイト企業化が進んでいます。

 

なぜなら、ひと昔前のTheブラック企業だったところは、変化の激しいWEB業界を生き残ることができず、ほとんど淘汰されたから。

 

今の時代は、昔ながらの体質で生き残れるほど甘くはないので、ブラック企業と言われたところはほとんど潰れるわけですね。

 

しょーたこ
利益が目的でサービス残業やきついノルマを出しても、生産性に影響出るだけですからね。結果的に人も辞めていき企業として終わりを迎えます。

 

なので下記のようなイメージを持っていた方は、全くそんなことないのでご安心くださいね。

 

  • 残業も出ないし、仕事もきつい
  • 毎日のノルマで追われている
  • 職場で怒号が飛び交っている
  • 給料って安いの?

 

しょーたこ
むしろ上記と真逆になってると言っていいでしょう。他の業界と比べて給料も高いですし、社風も自由なところが多いです。

 

都心部のブラック体質の企業が少なくなりましたが、地方ではブラック企業のところもあります。この記事で紹介しているホワイト企業の見極め方のポイントで転職先を選びましょう。

 

ホワイト体質のWebマーケティング会社の魅力

 

続いては、ホワイト体質のWebマーケティング会社の魅力をお伝えしていきます。

 

Webマーケティング業界の魅力
  • 数字さえ作れば割となにやっててもいい
  • 残業もそんなにない
  • フルリモート・副業OK

 

しょーたこ
上記のように、Webマーケティング業界は他の業界にはない魅力がたくさんあります。

 

それぞれ具体的に解説していきます。

 

数字さえ作れれば割と何やっててもいい

Webマーケティング業界は、完全実力主義みたいなところがあるので、数字さえ作れば割と自由に仕事できるんですよね。

 

 

 

残業もそんなにない

昔は酷かったですが、Webマーケティング企業に残業もそんなにありません。

 

もちろん繁忙期には多少ありますが、やるべき仕事さえ終わらせば普通に定時に帰れますよ。

 

フルリモートOK・副業も可能

Webマーケティングの仕事はパソコンさえあればどこでもできるので、フルリモートOKの会社もあります。

 

さらに仕事自体そのものを副業に活かすことも可能です。

 

つまり、リモートで自由に働きながら定時で仕事を終えて、その後に副業で稼ぐこともできるんですよね。

 

Webマーケティング業界のホワイト企業の見極め方ポイント5つ

ホワイト企業に入りたいなら下記の見極め方のポイントを参考にしましょう。実体験に基づいて作ったので、ぜひ参考にしてみてください。

 

見極めポイント5つ
  • 営業マンの比率
  • 自社サービスを持っているか
  • 仕事の単価
  • 自社サイトがSEOで上位表示されているか
  • しっかり情報発信を行っているか

 

しょーたこ
以上のポイントを軸にして選べば、よほどのことが無い限りブラック企業に当たる可能性は低いと言えるでしょう。ホワイト企業に入りたいなら必見です。

 

営業マンの比率

まずは社員の人数に対して、飛び込みやテレアポの営業マンの比率をチェックしましょう。

 

理由としては、営業マンが多い=Webマーケティングの施策があまり上手くない会社だからです。

 

ネット上でしっかり集客できている会社なら、営業マンの比率は少なくてもいいはずなので。

 

つまり、営業マンが多い特徴を持つ会社にWEBマーケターとして入社しても、Webマーケティング業務ではなく、飛び込みやテレアポ営業をやらされる可能性あります。

 

確認方法としては、ホームページをみて社員一覧を確認しておきましょう。

 

自社サービスを持っている

自社サービスを持っていない企業は大体ブラックなので、注意が必要です。

 

自社サービスとは、その名の通り自社で運用しているオウンドメディアやECサイトのこと。

 

優良なWebマーケティング会社であれば、自社で作ったサービスでも何かしらの形で展開しています。

 

つまり、ホワイトなWebマーケティング会社は、自社ビジネスでも上手くいっており、クライアントの支援も上手です。

 

しょーたこ
企業にコンサルするなら自社でも成功させることが必要不可欠ですからね。自社でもうまくできないのに、人に仕事の提案はできません。

 

仕事の単価

安い単価で仕事を引き受けている企業はやめておきましょう。7割ぐらいの割合で、ブラック企業です。

 

そもそもWebマーケティングの施策がしっかりできるなら、単価を安くする必要がありません。高単価だとしても、クライアントに払ってもらった金額以上の価値を出せる自信があるはずなので。

 

Webマーケティングの仕事で低単価の例は、次の通り。

 

  • ホームページ制作がSEO対策込みで10万円
  • SEO対策が月々5万円か

 

上記の例は、相場よりもかなり安いです。このような価格設定をしている企業が、全てブラック企業とは言いませんが、比率は多いので注意しましょう。

 

ホームページ制作で高い価格設定にしている会社は、1サイトの構築に300万以上のところもあります。SEO対策も相場的に月々25万以上です。

 

すなわち、価格が安い分それだけ仕事も簡単な可能性があります。仕事を量でこなす会社の特徴なので、残業や給料も低い傾向にあるので注意しましょう。

 

自社サイトがSEOで上位表示されているか

自社サイトがSEOで上位表示取れているのか、重要な見極めポイントです。

 

その企業の「サービス名+地域名」で検索をして、順位が何位にいるか確認しましょう。

 

しっかり情報発信を行っているか

今の時代、企業の情報発信も大切です。特にWEBマーケティングの分野では。

 

時代に乗り遅れている企業であれば、SNSで情報発信を行っておらず、昔ながらの古いブラック体質の可能性もあります。

 

会社名で検索して、SNSアカウントとフォロワー数をチェックしましょう。

 

まとめ:Webマーケティングのホワイト企業に入るなら転職エージェントを活用しよう

最後に、この記事の内容を簡単にまとめて終わります。

 

  • 昔と違ってWebマーケティング業界はホワイト企業が多い
  • ただし、地方にはブラック体質なところも存在するので注意が必要
  • 今の時代は、自由な社風、フルリモート、副業OKは普通
  • ホワイト企業を見極めるなら今回紹介したポイントを活用しよう

 

最後に、Webマーケティング会社のホワイト企業に入りたいなら、転職エージェントを活用しましょう。

 

私は転職エージェントを介さず、自分で企業に問い合わせして入社したのですが、とんでもないブラック企業だったので。

 

なので、転職エージェントのサポートを受け、今回紹介した見極めポイントを活用し、ホワイトな優良企業を見つけてみてください。

 

入りたい会社を誰かに取られる前に、今すぐ転職活動を始めましょう。

 

Webマーケティング業界に転職する方法まとめ
参考【マル秘テク公開】未経験からWebマーケティング業界に転職する方法【オススメの転職エージェントも紹介】

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しょーたこ@未経験→WEBマーケター

医療系専門卒→整骨院勤務→美容整体院オーナー→倒産してキャリアに迷走→流行に流されてWEB業界に転職→トイレ掃除、机の組み立てが業務の超ブラック企業で鬱に→価値観を見直してジョブチェンジに成功 学生時代は飲食店・コンビニバイトを経験してきましたが、仕事ができなさすぎて無能扱い。仕方なくWEBの世界に入ったら割と仕事できるようになりました そんな過去の経験を活かし、今まで60名以上の転職キャリア相談に乗ってきました このブログでは、自分と同じような人を減らすため、失敗しないための転職方法やキャリア設計について発信しています

-WEBマーケター転職, Webマーケティング

© 2021 SHOTAKOBLOG Powered by AFFINGER5