Webライティング

Webライター=きつい?結論、最初はきついけど自由に働けて楽しい仕事

読者の悩み

  • webライターってきついってよく聞くけど本当?

  • webライターがきつい理由って何?

  • webライティングがきつくならないにはどうすればいいの?

 

こういった疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • webライターがきついのは最初だけ。経験積むと楽しい
  • webライターがきついと言われる理由は3つ
  • きつくならないためにもwebライターがやるべきこと
  • 未経験でもきつくない!webライターは自由に働けて素敵な仕事

 

✔︎本記事の信憑性

この記事を書いている僕は、金融系、医療系のメディアでwebライター歴1年。

最初の1ヶ月はクラウドソーシングで文字単価0.3円、2ヶ月目に5円の案件を獲得し、現在は文字単価3円以上の記事作成を半年ほど継続して依頼を受けています。

 

今回の記事では『webライターがきついと言われる理由を3つ』と『業務効率化できつくならない為の方法』について解説させていただきます。

 

上記のようなお悩みがある方は、ぜひ最後までご覧くださいね。

 

また、最後の方には『webライティングを効率化してきつくならない為の方法』もご紹介しています。

 

✔︎オススメのWebマーケティングスクールはこちら

【今話題!】オススメのWebマーケティングスクールまとめ【転職からフリーランスになりたい人向けまで】

続きを見る

 

✔︎Webマーケティングに強い転職エージェントはこちら

Webマーケティング転職
参考Webマーケティング業界に特化したオススメの転職エージェント3つ

続きを見る

 

webライターがきついと言われる理由は3つ

webライターがきついと言われる理由は3つ

SAMSUNG CSC

 

結論から言ってしまうと、webライターがきついと言われる理由は次のとおり。

 

  • クラウドソーシングの文字単価が安すぎる
  • 文章がうまく書けない
  • 単純に疲れる

 

基本的にこの3つが大きな要因かなと思っています。

 

それでは一つ一つ具体的に解説していきます。

 

クラウドソーシングの文字単価が安すぎる

 

一つ目はクラウドソーシングの文字単価の安さです。

 

安さの原因としてはwebライターの参入障壁が低いこと、未経験者やが多いことなどがあげられます。

 

よくある例として『初心者OK!文字単価0.3円から!』みたいな案件があります。でもこちらの案件で1000文字書いたとしても300円、、ぶっちゃけバイトした方がマシですよね。

 

つまりこれがきついと言われる理由で個人的には一番大きな要因かなと思ってます。実際私も低単価の案件でかなり消耗しました。。。

 

文章がうまく書けない

 

二つ目は文章がうまく書けないこと。

 

文章を書くことに慣れていないと、1000文字で2〜3時間かかってしまったりします。正直、結構時間取られますよね。

 

これでかなりモチベーションが下がったりして、続かない人も多数出てきます。

 

これもwebライターがきついと言われる原因の一つでしょう。

 

単純に疲れる

 

正直、webライターを始めたばかりの頃は1記事書くだけでかなり疲れました。

 

慣れてないのもあると思いますが、単純に文字を打つのと文章を考えることで精一杯。頭と体の疲労のダブルパンチみたいな感じです。

 

始めたばかりの頃は、1記事書いてベットにバタンぐらいに相当キツかったこと覚えてますね。

 

Webライターがきついのは最初だけ。経験積むと楽しい

Webライターがきついのは最初だけ。経験積むと楽しい

webライターってぶっちゃけた話、きついのは最初だけで経験や実績を積むとかなり楽しい仕事ですよ。

 

最初はどんな人でも文字単価は低いのです。そのせいか辞めていく人がほとんどなんですよね。

 

ですが継続して実績を積み上げると、文字単価は2円〜5円と自然に上がっていきますし、実績があるだけでwebライターは重宝されます。

 

それだけではなく、文章を書くスピードも自ずと上がり、作業も徐々に効率的になってくるので全然きつくないです。

 

つまり、webライターのきついと言われる部分は継続していれば、全て解決できること。

 

私自身コツコツと継続して、今で場所を選ばずwebライターで1日1万から2万は稼げるようになり、個人的にはかなり楽しい仕事だと思っています。

 

なので繰り返しになりますが、webライターがきついのは最初だけ。継続していればきついと言われる事は全て解決できますよ。

 

業務がきつくならないためにもwebライターがやるべきこと

webライターの作業がキツくならないためにやること

きついとならないようにするためにも、やるべきことは次のとおり。

 

  • 文字単価が低い案件は受けない
  • 文章の構成テンプレートを作る

 

この二つを抑えておけば、割とライティングの作業はきついと思わないのかなと。

 

もちろんある程度の実績は必要なので、クラウドソーシングで高評価を2〜3個作ったら文字単価1円以上の案件だけに注力しましょう。

 

あとできることは、キツくならないようにするために、作業を効率化するためにも文章構成は大事です。

 

やるべきことは、あらかじめ構成のテンプレートを作っておくこと。そうすることで作業が効率的に進むので、きついと思うことも減ります。

 

まず、初心者の方はこの二つを意識して案件を進めていきましょう。

 

文字単価を上げる為の方法と構成のテンプレートの作り方を別記事で紹介していますので、よければそちらを参考にしてください。

 

✔︎構成のテンプレート付き参考記事

こちらもCHECK

【構成が9割】ブログで伝わる記事構成を作る4つのステップ
【構成が9割】ブログで伝わる記事構成を作る4つのステップ

続きを見る

 

✔︎文字単価上がる提案文の書き方の記事

こちらもCHECK

webライター 文字単価 提案文
【無料テンプレ付き】WEBライターの文字単価が上がる提案文を紹介

続きを見る

未経験でもきつくない!webライターは自由に働けて素敵な仕事

 

今回の記事ではこれで以上になるのでまとめると、webライター未経験者でも簡単に始めることができ、実績がつけば自由に働ける素敵な仕事です。

 

最初はきついと思うかもしれませんが、徐々に実績を積み上げれば必ず、楽しくなってくるはずです。

 

場所を選ばず働きたい、稼ぎたいという方はwebライターが圧倒的にオススメですよ。

 

「webライターで稼げるようになりたい!」という方は、是非こちらの記事を参考にしてみてください。webライターが稼げるようになる為の3つのステップを紹介しています。

こちらもCHECK

【誰でもできる】初心者のWebライターが稼ぐためにやるべき3つのステップ
未経験のWebライターが副業で稼ぐためにやるべきこと3つの手順

続きを見る

 

✔︎オススメのWebマーケティングスクールはこちら

【今話題!】オススメのWebマーケティングスクールまとめ【転職からフリーランスになりたい人向けまで】

続きを見る

 

✔︎Webマーケティングに強い転職エージェントはこちら

Webマーケティング転職
参考Webマーケティング業界に特化したオススメの転職エージェント3つ

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しょーたこ

愛知県在住/24歳 柔道整復師兼Webマーケター/怒られれば倒れるほどHSP気質で鬱経験もあり。1人で働くためにWebマーケター、webライターのフリーランスとして活動を始める。医療人として月間2000万PVのメディアDoctorsMeで専門家としても活動しています。

-Webライティング

© 2020 SHOTAKOBLOG Powered by AFFINGER5