Webマーケティング スキルアップ

Webライターはきつさを乗り越えると月30万以上稼げる【好きな場所で稼げるオススメの仕事】

webライターきつい

こんな疑問ありませんか?

  • Webライターって全然稼げない。きついからもうやめようかな
  • Webライターの仕事ってきついって聞くけど本当?
  • Webライターで稼ぐための方法を教えて欲しい

 

好きな場所で働けて、割と自由な稼ぎ方ができるWebライターは、なぜきついと言われてしまうのでしょうか?

 

webライターの中には月100万ほど稼ぐごく少数の猛者もいれば、月1万稼ぐので限界の方も沢山います。

 

つまり、Webライターで稼げるのはほんの一握り。しかし、Webライターはある一定のラインを乗り越えると、月100万はいけなくとも月30万ぐらいなら普通に稼げるようになります。

 

なので、この記事を見ていただいているあなたがWebライターのきつさを脱却できるように、今回の記事では「Webライターがきついと言われる理由ときつさから脱却するための方法」というテーマで解説していきます。

 

Webライターで自由になりたい!」「稼げるWebライターになりたい!」こんな方はぜひ最後までご覧くださいね。

 

まず簡単に自己紹介させてください。

 

しょーたこ
MENTAでWebマーケティングの講師をやっています。ライター歴は2年ほどで、単価1文字0.3円から1文字6円以上までアップしました。現在は1000文字ぐらいの記事を7万円ほどで請け負っています。

 

プロフィール

 

それでは早速解説していきます。

 

webライターがきついと言われる理由は3つ

webライターがきついと言われる理由は3つ

SAMSUNG CSC

 

結論から言ってしまうと、webライターがきついと言われる理由は次のとおり。

 

  • クラウドソーシングの文字単価が安すぎる
  • 文章がうまく書けない
  • 単純に疲れる

 

基本的にこの3つが大きな要因で、きつさを招く根本的な原因と言えます。

 

ただ、こちらの3つのことを改善すればWebライターのきつさの原因がなくなるわけです。

 

それでは一つ一つ具体的に解説していきます。

 

クラウドソーシングの文字単価が安すぎる

 

一つ目はクラウドソーシングの文字単価の安さです。

 

安さの原因としてはwebライターの参入障壁が低いこと、未経験者が多いことなどがあげられます。

 

 

よくある例として『初心者OK!文字単価0.3円から!』みたいな案件があります。でもこちらの案件で1000文字書いたとしても300円、、正直バイトした方がマシですよね。

 

つまり、これがきついと言われる理由で、個人的には一番大きな要因かなと思ってます。実際私も低単価の案件でかなり消耗しました。

 

文章がうまく書けない

 

二つ目は文章がうまく書けないこと。

 

文章を書くことに慣れていないと、1000文字で2〜3時間かかってしまったりします。正直、結構時間取られますよね。

 

これでかなりモチベーションが下がったりして、続かない人も多数出てきます。

 

これもwebライターがきついと言われる原因の一つでしょう。

 

単純に疲れる

 

正直、webライターを始めたばかりの頃は1記事書くだけでかなり疲れました。

 

慣れてないのもあると思いますが、単純に文字を打つのと文章を考えることで精一杯。頭と体の疲労のダブルパンチみたいな感じです。

 

始めたばかりの頃は、1記事書いてベットにバタンするぐらいに相当キツかったこと覚えてますね。

 

Webライターがきついのは最初だけ。経験積むと楽しい

Webライターがきついのは最初だけ。経験積むと楽しい

webライターってぶっちゃけた話、きついのは最初だけで経験や実績を積むとかなり楽しい仕事ですよ。

 

最初はどんな人でも文字単価は低いのです。そのせいか辞めていく人がほとんどなんですよね。

 

ですが継続して実績を積み上げると、文字単価は2円〜5円と自然に上がっていきますし、実績があるだけでwebライターは重宝されます。

 

それだけではなく、文章を書くスピードも自ずと上がり、作業も徐々に効率的になってくるので全然きつくないです。

 

つまり、webライターのきついと言われる部分は継続していれば、全て解決できること。

 

私自身コツコツと継続して、今で場所を選ばずwebライターで1日1万から2万は稼げるようになり、個人的にはかなり楽しい仕事だと思っています。

 

なので繰り返しになりますが、webライターがきついのは最初だけ。継続していればきついと言われる事は全て解決できますよ。

 

きつさを乗り越えて稼げるWebライターになるためにやるべきこと【月30万を目指そう】

webライターの作業がキツくならないためにやること

 

きつさを乗り越えて稼げるWebライターになるためにやるべきことを紹介します。下記をご覧ください。

 

  • ライティングを仕組み化する
  • セールスライティングを身につける
  • 提案に付加価値をつける
  • エージェントに登録する

 

これらを一言でまとめると「楽になるよう仕組み化して、成果を出せるWebライターなろう」ってところです。

 

それでは一つ一つ具体的に解説していきます。

 

ライティングを仕組み化する

 

まずファーストステップとして「ライティングを仕組み化する」ことです。

 

文章の構成や流れってどの記事でも基本的に同じです。なので、構成や文章を仕組み化しておけば、今まで2時間掛かっていた作業が1時間ほどで終わり超効率的になります。

 

実際私も駆け出しWebライターの時は構成も文章も仕組み化しておらず、1000文字書くのに5時間以上かかっていた記憶があります。しかし、面倒なことを全て仕組み化したら一時間もかからないようになりました。

 

きつさを排除するためにもライティングは仕組み化しましょう。これをやるだけでもだいぶ楽になりますよ。

 

【構成が9割】ブログで伝わる記事構成を作る4つのステップ
参考【構成が9割】ブログで伝わる記事構成を作る4つのステップ

続きを見る

 

セールスライティングを身につける

Webライターがやるべきことは、ユーザーに伝わりやすい文章を作ることです。

 

しかし、同時に相手を行動させるための文章も必要になります。なので、相手を購買やお問い合わせに繋げて、行動させるための文章術セールスライティングも身につけておきましょう。

 

セールスライティングができるようになると、文字単価が跳ね上がります。理由は金銭取引を発生させる優秀な人材になれるからです。

 

当然として金銭の取引が発生すれば、Webライター側がもらえるお金も増えますよね。そうすると文字単価はどんどん上がっていき、きつさも減って楽しくなってきます。

 

通常の記事だけではなく、記事LPやLPのライティングもできるようになるので、仕事の幅が広がります。

 

セールスライティング
参考成果が出るセールスライティングの書き方【型のテンプレートからオススメの本をご紹介】

続きを見る

 

提案に付加価値をつける

突然ですがあなたの得意分野はなんですか?

 

投資が好きな人もいれば、スポーツが得意な人もいると思います。Webライターは得意分野が活きる仕事なので、好きなこと、得意なことのジャンルで勝負するようにしましょう。

 

得意分野で書いた文章は、他の誰よりも熱量がこもり、購買へとつながります。つまり、それが付加価値になり文字単価アップへとつながるわけです。

 

webライター 文字単価 提案文
参考【無料テンプレ付き】WEBライターの文字単価が上がる提案文を紹介

続きを見る

 

クラウドソーシングに登録する

もしあなたが現在クラウドワークスやランサーズしか登録していないなら、今すぐ他のクラウドソーシングに登録することをオススメします。

 

報酬が高いクラウドソーシングだと、時間単価2500以上の案件がゴロゴロあります。もちろん案件の難易度は高めですが、目の前に高単価の案件があるのに、挑戦しない理由はないですよね。

 

オススメのエージェントは下記で紹介しておきます。

クラウドソーシング webライター
参考【無料】初心者Webライターが絶対に登録するべきクラウドソーシング5選

続きを見る

 

未経験でもきつくない!webライターは自由に働けて素敵な仕事

 

今回の記事ではこれで以上になるのでまとめると、webライター未経験者でも簡単に始めることができ、実績がつけば自由に働ける素敵な仕事です。

 

最初はきついと思うかもしれませんが、徐々に実績を積み上げれば必ず、楽しくなってくるはずです。

 

場所を選ばず働きたい、稼ぎたい方にとってはwebライターが圧倒的にオススメですよ。

 

なお、圧倒的に成長したい方はWebマーケティング業界に入って、WEBライターとして活動するのがオススメ。

 

いきなりフリーランスになると、なかなか大変なので、一度転職も検討してみましょう。

 

Webマーケティング業界に転職する方法まとめ
参考【マル秘テク公開】未経験からWebマーケティング業界に転職する方法【実体験を元に解説】

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しょーたこ@未経験→WEBマーケター

医療系専門卒→整骨院勤務→美容整体院オーナー→倒産してキャリアに迷走→流行に流されてWEB業界に転職→トイレ掃除、机の組み立てが業務の超ブラック企業で鬱に→価値観を見直してジョブチェンジに成功 学生時代は飲食店・コンビニバイトを経験してきましたが、仕事ができなさすぎて無能扱い。仕方なくネットの世界入ったら優秀になりました。 そんな過去の経験を活かし、今まで60名以上の転職キャリア相談に乗ってきました このブログでは、自分と同じような人を減らすため、失敗しないための転職方法やキャリア設計について発信しています

-Webマーケティング, スキルアップ

© 2021 SHOTAKOBLOG Powered by AFFINGER5