Webマーケティング Webマーケの悩み

【3分で理解できる】代表的なWebマーケティングの手法を3種類に分けて解説します

「Webマーケティングの種類って何種類あるの?」
「Webマーケティングを始めたいからざっくり種類が知りたい」

こんな疑問ありませんか?

Sou
初めまして、Sou(@Sou_Gadget)です!未経験からWebマーケティング業界に参入し、現在はフリーで企業へのWebマーケティング支援をしています。これまで300社以上の企業のWebマーケティングコンサルをしてきました。

 

今回の記事では「たった3分でわかる!Webマーケティングの種類」というテーマで解説していきます!

 

結論から言ってしまうと、Webマーケティングは大きく分けて下記の2パターンに分けることができます。

  • サーチエンジン系
  • 広告系

 

サーチエンジン系の代表はSEO、広告だとリスティング広告が有名ですね。

 

有名どころだとこの2つですが、Webマーケティングは幅広く多くの種類が存在します。

 

この記事ではSEO、リスティング広告も紹介しつつ、他のWebマーケティングの種類についても解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください!

 

Webマーケティングの種類を理解することでそれぞれにあった学習方法を見つけることができますよ!
Sou

 

 現役Webマーケターが選ぶオススメのWebマーケティングスクール3校

  1. 【第1位】Wannabe Academy
    >>(4.9)
    ※未経験者に必要な「実務経験」が身につく唯一のスクール! 転職・副業にも対応
  2. 【第2位】マケキャンbyDMM
    >>(4.8)
    ※大手DMMが運営。転職成功率は驚異の98%!豊富な求人数と充実した転職サポート。20日間全額返金保証付き!
  3. 【第3位】デジプロ
    >>(4.6)
    ※広告特化のスクール!拠点数・受講者数No. 1!求人数も豊富で転職にも強い

 

Webマーケティング独学ステップ
参考Webマーケティングを独学でマスターできる勉強法【最短で稼ぐための4つのステップ】

続きを見る

 

【知っておくべき】Webマーケティングの手法を3種類まとめました

Webマーケティング種類

それではWebマーケティングの種類を具体的に解説していきたいと思います。

 

今回は10種類紹介しますが、記事自体は3分ぐらいで読むことができるのでぜひ最後までご覧ください。

SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)

SEOはSearch Engine Optimizationのそれぞれの単語の頭文字を取ったものです。

 

例えばユーザーが「化粧品 オススメ」と検索した場合、そのキーワードに合った適切な記事(情報)が表示されますよね。

 

つまりSEOの施策は検索されたキーワードに対して記事を上位表示することでアクセス数や売り上げを上げる仕組み作りのことです。

 

✔︎デメリット

  • 時間がかかる
  • ライター等の人件費
  • アップデートにより順位が下落する可能性がある

 

✔︎メリット

  • 自分でやれば無料でできる
  • 広告と違い継続的な集客が可能
  • コンバージョンに繋がりやすい
  • ファンを獲得しやすい

 

MEO(マップエンジンオプティマイゼーション)

MEOはMap Engine Optimizationと言われ、ユーザーが「名古屋  居酒屋」と検索したときに近くにあるお店が表示される仕組みです。

 

すなわち、SEOのマップ版というわけですね。業界ではローカルSEOなんて呼ばれたりもします。

 

✔︎デメリット

  • 悪い口コミが書かれる可能性がある(誠実な対応すれば問題ない)

 

✔︎メリット

  • 完全無料
  • 集客しやすい
  • 顧客の目的意識が高い
  • 認知度が広がりやすい

 

リスティング広告(検索連動型広告)

リスティング広告とは、検索キーワードに応じた広告が検索エンジンに表示される表示の仕組みです。

 

多分文章だけだとわかりにくいので、下記の画像をご覧ください。
赤い枠がリスティング広告、青い枠が自然検索(SEO)です。

 

Webマーケティング リスティング 種類

 

SEOの上に表示されるのがリスティング広告です。
課金形式としてはクリック課金制なので、クリックされなければ広告費が発生しないという特徴があります。

 

✔︎デメリット

  • 運用にコストがかかる
  • ブランディングには向いていない

 

✔︎メリット

  • 成果に繋がりやすい
  • 低予算から出稿可能
  • 即時に改善ができる

 

様々な種類のWebマーケティング手法があるが基本的な本質は変わらない

Webマーケティング 種類 本質

今回の記事では様々の種類のWebマーケティング手法についてご紹介していきましたが、どんな種類であれ大事なことは「数字を伸ばすこと」です。

 

Webマーケティングをやるからには何かしら目的があるわけです。
企業の大切なお金を広告費、SEOであれば人件費に投下するので、

 

ということは「認知度アップ」や「コンバージョン率を上げる」といった数字を伸ばすことの本質的なところを意識する必要があります。

 

まとめ:これからWebマーケティング学習始めるならとりあえずやってみることが重要【種類関係なし】

それでは最後に今回の記事をまとめると、Webマーケティングは様々な種類の手法があります。

 

これから学習始める人は、種類・手法関係なしに気になったものをやってみる行動力が重要です。

 

SEOであればブログやってみる、リスティングであれば実際に広告出稿してみる

 

特にWebマーケティングは座学ではどうにもならない部分があるので実践しながら学んでいくことで成長していくことができます。

 

なので繰り返しになりますが、これから学ぼうと思っている人はとにかく行動してみましょう!

 

現役Webマーケターが選ぶオススメのWebマーケティングスクールはこちら

 

 現役Webマーケターが選ぶオススメのWebマーケティングスクール3校

  1. 【第1位】Wannabe Academy
    >>(4.9)
    ※未経験者に必要な「実務経験」が身につく唯一のスクール! 転職・副業にも対応
  2. 【第2位】マケキャンbyDMM
    >>(4.8)
    ※大手DMMが運営。転職成功率は驚異の98%!豊富な求人数と充実した転職サポート。20日間全額返金保証付き!
  3. 【第3位】デジプロ
    >>(4.6)
    ※広告特化のスクール!拠点数・受講者数No. 1!求人数も豊富で転職にも強い

 

 

Webマーケティングスクール
参考【タイプ別で解説!】Webマーケティングスクールおすすめランキング!人気の8校を徹底比較

続きを見る

現役Webマーケターが選ぶオススメのWebマーケティングスクール3校

Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)

  • 業界唯一の「実務特化型」Webマーケティングスクール!
  • 未経験から3ヶ月でWebマーケターを目指す
  • 最大9名の少人数制授業で個別サポートに特化
  • 転職出来なければ半額返金保証があるので安心

デジプロ

  • 7日間の全額返金保証付き!
  • 受講者数が多いWebマーケティングスクールNo. 1
  • 元GMO・サイバーエージェントのマーケターから直接指導
  • 転職サポートもトップクラスの実績

マケキャン

  • 大手DMMが運営するWebマーケティングスクール
  • 転職実績は脅威の98%!年収アップした卒業生の実績も多数
  • 20日間の全額返金保証付き+転職出来なければ半額返金保証
  • 採用通過率1%のパーソナルキャリアトレーナーが転職支援
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Sou@マーケター

Sou@マーケター

未経験からWEBマーケ会社で7年働いた後、WEBマーケターとして独立しました。普段はフリーランスWebマーケターとして、個人事業主・個人起業家向けにマーケティング戦略の設計やデジタルマーケティングのご支援をしています。未経験向けの実践型Webマーケティングコミュニティも運営しており、今まで300社以上の企業のコンサルを行ってきました。このブログでは「未経験から最短で稼げるWEBマーケターを目指す」をコンセプトに情報を発信しています!

-Webマーケティング, Webマーケの悩み
-

© 2022 SHOTAKOBLOG Powered by AFFINGER5